2018年02月23日

キスジゴキブリ幼虫

Nymphs of Symploce Striata striata

P2120051.JPG

まだ野外品かF1なので元気そのもの.
室内では気温の低い場所においているが,すでに成虫が出ている.

モリゴキブリ属の幼虫は各種よく似ていて,細部の形態を観察しないと同定は無理だろう.

P2120052.JPG

P2120055.JPG

P2120056.JPG

P2120058.JPG

これらは,終齢に近い幼虫.

2018年02月22日

西表島のお土産

Souvenir from Iriomote Island

P2200094.JPG

同じ建物のK島君よりヤエヤママダラゴキブリの幼虫をもらった.

この時期でも沢山取れるようだ.

P2200097.JPG

最近,マダラゴキブリ類の累代はことごとく失敗しているので,気合のセットを組んだ
(といっても基本は何も変わっていない).

2018年02月21日

シマヘビ脱皮

A Elaphe quadrivirgata shed off the skin for the 12th

P2210028.JPG

前回1月10日.
今回は早かった.

綺麗にむけているが,どうして糞を水容器にするのだろう.

P2210029.JPG

目.

P2210038.JPG

容器を洗っている間,逃げ回るので,ポケットに入れたら相当居心地よかったのか,おとなしくなった.

もともと狭い所が好きなのだろうが,ちょっと驚き.

2018年02月20日

菌糸ブロック

Mycelium block

P2180028.JPG

シロアリ飼育土壌に発生した黄色い菌糸と,ホラアナゴキブリ埋設木製シェルターに発生した濃緑カビ駆逐できるか試しに購入.

P2180031.JPG

P2180032.JPG

ついでに,ヨロイモグラにも与えてみる.
確か,昔食べた記憶があるのだが.

2018年02月19日

リュウキュウクチキゴキブリ

Salganea taiwanensis ryukyuanus

P2110031.JPG

P2110032.JPG

約半年ぶりのご対面.

活動していることはケージの横から見てわかっていたが,姿を見るのは床換えの時だけになっている.

P2110033.JPG

今回も,朽木は半分残っている.
餌木追加の目的だけ考えるなら,1年に1回でもよさそうである.


2018年02月16日

今日のウシカメムシ

Living conditions of Alcimocoris japonensis

P2160072.JPG

向きが変わっている.
よく見ると,周囲の葉に水滴のような跡が付着していた.
糞尿か?
だとすると,調子のよいときはこの周りをるのかも知れない.

この場所からいなくなったら目覚めの日になるのだが,再発見するのは大変そうだ.

2018年02月15日

オガサワラトカゲ回復

Cryptoblepharus boutoni recovery

P2100081%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

痩せてくると,矢印の箇所の背骨が浮いてきて,やばそうな雰囲気を出してくる.
通常は,回復せずにそのまま逝ってしまう.
この個体も年末そうなっていたが,何とか背骨線が消えてきた.

P2100082.JPG

2018年02月14日

キョウトゴキブリ飛翔

Flight of the Asiablatta kyotensis

P2080030.JPG

床換えしていたら,♂が飛んだ.
飛んだ写真はありませんが着地した状況.

キョウトゴキブリでは,はじめて見たと思う.
ただし,今回はクロゴキブリのように長時間でなくジャンプして少し高度を上げ落下.
距離にして15cmほど.

P2080034.JPG

ケージ交換中.

2018年02月13日

アオダイショウ脱皮

Elaphe climacophora shed off the skin for the first

P2090069.JPG

本ブログ初登場.
昨年11月に駆除されかけたアオダイショウです.
当時で155cm.

P2090074.JPG

それが脱皮.
確か前日も餌を食った気がします.

この個体も捕獲されたときは,シマヘビ同様体は傷だらけ.

P2100029.JPG

口先の傷は脱皮をしても直りません.
来た当初は,腹が減っていたのか抵抗なくおとなしい性格だったのですが,今は私の指を食べようとするまで?元気になりました.
餌食いは良いですが,この性格なおしたいです.

で,「アオダイショウ」で検索したら口先がそっくりの写真発見.
最初は,同じ個体かと思いましたが,少し違うので偶然だと思います.
が,本当にびっくりしました.

2018年02月09日

ウシカメムシ 2

Alcimocoris japonensis 2


前にも書いたように,いつも使っている打ち合わせ室の植物についている.
室温は毎日使用しているので,日中は暖房により20℃は超えている.

週1回程度思い出すと見ていたのだが,まったく移動していないので,もしや死んでいる?のかと思っていた.

P2100084.JPG

P2100087.JPG

ところがどっこい,向きが変わって同じ場所にいる.
もしかしたら,暑苦しくて寝返りを打ったのかもしれない.
安心と同時に,何時までこの状態でいるのか気になりだした.

啓蟄ころ動きだすと感動するのだが.
あと20日ちょっと.
楽しみである.


で,こうなると飼育できるか気になる.
ネットで見ると,どうやら出来るらしい.
飼育するなら繁殖を狙うのだが,雌雄がわからない.
簡単に前胸背板の形状でわかるような気がしていたが,ゴキブリのように腹端部を見ないとわからないようだ.

今起こして確認するのは可愛そうなので,動き出したら確認することとした.
それから考える.

2018年02月08日

ヨロイモグラゴキブリ餌

Macropanesthia rhinoceros food

P2010094.JPG

食いが激しい.

P2010097.JPG

P2010095.JPG

毎回,こんな感じで入れるのだが.
沢山食べるのは良いことだが,ユーカリの供給が追いつかなくなってきている.

2018年02月07日

キスジワモンゴキブリ復活なるか?

Will you revive the Hemithyrsocera histrio?

P2010092.JPG

P2010091.JPG

これは♀.
幼虫で確保できたのが4個体であった.
その後,死亡はなかったようで,すべて成虫となった.
気になるのは性比.

逃がさないように,つぶさないように確認すると♂1♀3.

4個体の繁殖性比としては理想でしょう.

ここまできたら,次は卵鞘を発見するまでがヤキモキするところ.

2018年02月06日

Periplaneta banksi床換え

Cleaning of the breeding case of the Periplaneta banksi

P2010084.JPG

P2010085.JPG

P2010086.JPG

タンカルが落ちているが,ネットの効果は大で,以前のように防虫紙の穴あけと,脱出の心配がなくなり,管理が非常に楽になった.

P2010088.JPG

種苗ポットもいい感じ.

2018年02月05日

粘菌のその後

After the Slime mold

P2030047.JPG

P2030050.JPG

P2030052.JPG

それ以上大きくなることなく,そのままの状態で褐色になっていた.
触ったら舞い上がりそう.

これはこれで,神秘的.

このまま放置することにした.

2018年02月02日

ゴキブリの化石

Fossil of cockroach

PC260254.JPG

中国で採取された化石.
ジュラ紀の地層から出たものらしい.
ジュラ紀は恐竜全盛の時代.
この個体が,恐竜の走り回る草原の地表を飛びまわっていたのを想像するのは楽しいですね.
体長は18mm前後.
細身の形態はチャバネゴキブリ科ではないかと思われる.

PC260256.JPG

尾肢が確認できる.

PC260258.JPG

右前翅.

PC2602591.JPG

前胸背板.
紋様があるように見える.

PC260260.JPG

左前翅.

2018年02月01日

Lucihormetica verrucosa

Lucihormetica verrucosa

P2010099.JPG

与えている餌は固形飼料だけだが,昆虫マット(クヌギ等)も減ってくるので両方食べることができるようだ.

2018年01月28日

Polyphaga saussurei卵鞘

Ootheca of a Polyphaga saussurei

P1210006.JPG

孵化まっ最中かと思ったが,2匹は少ない.
みんなで力を合わせて出てこないと時間がかかり,成功しないと思ったが案の定.

約1時間後.
脱出してはいたが,2匹とも仰天しわずかに動く状態であった.
残念.

2018年01月27日

粘菌?

Slime mold?

P2010070.JPG

P2010071.JPG

ネバダオオシロアリの有翅虫の集合マットから発生していた.
ネットで探すと「ツノホコリ」という仲間らしいことがわかった.

P2010073.JPG

裏側.
写真ではわかりにくいが,根元はピンク色をしている.

P2010077.JPG

P2010081.JPG

P2010083.JPG

きれいな色形をしている.
粘菌類は好きだが,枯れた後の胞子と日常的に見ることができないのが残念なところ.

2018年01月26日

Therea regularis卵鞘

Ootheca of the Therea regularis

PC190231.JPG

PC190234.JPG

すべての幼虫が羽化するタイミングとなった.
今のうちに古い卵鞘を捨てないと,新旧混ざってわからなくなる.

PC190237.JPG

今産んでいるのは明るい黄褐色.

PC190235.JPG

一方,古いのは濃褐色.
まだ新しい卵鞘はこれだけだった.
このくらいだと拾うのも楽.

PC190232.JPG

今後,このケージに産下される卵鞘は新生卵.
管理もしやすい.

2018年01月25日

ローテルとCOCKROACH CATCHER

Roatel vs COCKROACH CATCHER

PC270227.JPG

S籐先生より新品未開封のローテルをいただきました.
こんなすごいものは,数個も存在しないのではないでしょうか.

PC240251.JPG

しかし,未開封とはいえ,発売は1974年?ころ.
同封のローテルフードはさすがに虫に食われ穴が開いてしまっていた.

PC270228.JPG

早々,以前入手した中国製復刻もどきと比べてみた.
以降の写真は左がローテルです.

PC270229.JPG

PC270231.JPG

細かいところが違う.
本家が透明である場所が透明でない.
使われている樹脂も違うようだ.

PC270233.JPG

入り口の押し上げ扉も,本家は溶着しているが,もどきは,はめているだけですぐに外れる.

PC270236.JPG

ふたもサイズが違う.
本体とのはまり具合も,本家は絶妙な摩擦で外れ難いが,方やガバガバ.

これをいつ使うか,悩みどころだ.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.