ゴキブログ

ゴキブログ一覧

2020 .2.21

ヤエヤママダラゴキブリ苦戦

カテゴリー:ヤエヤママダラゴキブリ

Struggling to breed Rhabdoblatta yayeyamana


F1は調子良く育ったが,F2がやばい.


2ケースに分けたが,大にした1ケース目は見たところ5匹以内.
溺れ防止はうまくいっているようで,溺死はいないが外で乾燥して死んでいる.


中ケースに戻す.


中ケースで維持していた方も5匹以内程度.

とりあえず,混ぜずに2ケースで管理して様子を見る.

詳細はこちら

2020 .2.20

マルバネゴキブリ1齢

カテゴリー:マルバネゴキブリ

First instar of Hebardina yayeyamana


幼虫がやっと出ました.
この写真では分かりにくいですが,尾肢が妙に大きいです.

詳細はこちら

2020 .2.19

脱皮殻も綺麗

カテゴリー:Corydidarum magnifica

Molt shell is also beautiful

Corydidarum magnifica  改め  Pseudoglomeris magnifica


脱皮殻も大変綺麗.

詳細はこちら

2020 .2.18

トウヨウゴキブリ

カテゴリー:トウヨウゴキブリ

Blatta orientalis

4か月ぶりの床換えでした.





いつも思うのですが,飼育で数か月も飼育ケージを掃除しなくて問題ない動物はそんなに多くないのではないでしょうか?
はたして,ゴキブリは掃除されて生きて行く上で+となるのか,汚い方が繁殖が進むのか?
これは,他のペットにも当てはまるような気がします.
人間の都合も大いにあるような.

詳細はこちら

2020 .2.17

ゴキブリ三昧

カテゴリー:ウスヒラタゴキブリキチャバネゴキブリチャバネゴキブリモリチャバネゴキブリ多足類

Give all one’s time to cockroaches

週末に逗子方面までゴキブリ採集に出かけた.


採集場所は知人のM井邸.

天気が不安でしたが当日は曇っていたものの上々の天気.
話の発端は以前,庭の収納ボックス内で越冬しているウスヒラタゴキブリを送ってもらったのがきっかけ.
ウスヒラタゴキブリが,どのような人工的な場所で越冬するのか確認したかった.


早速ウスヒラタゴキブリが見つかった収納ケースを見せてもらうといるいる.

死骸も複数あり,中で越冬中に死亡した個体だろうか?


さらには,地表の落ち葉にもモリチャバネゴキブリに混ざり普通に見つかる.


探し始めて数分.
住宅基礎の落ち葉をどけると今度はキチャバネゴキブリ!
なんと♀成虫.
成虫越冬することは報告されているが,自分で確認出来て感激である.

その後,近くの遊歩道沿いを散策.


ウスヒラタ大量発見.
本種の越冬場所は樹上の枯葉や樹皮下だと思っていたので驚きの連続.

タマヤスデも大量に発見.
一握りの土に数匹見つかる.

最終的に,キチャバネゴキブリはあの1匹のみ.
たまたま潜んでいたのであって,常時あのような場所で越冬しているのではなさそうだ.


事務所に帰ると,チャバネゴキブリが届いていたのでそれの仕分け.
久しぶりに充実した1日であった.
M井さんありがとうございました.

詳細はこちら

2020 .2.14

白目の比較

カテゴリー:爬虫類

White-eye comparison


アオダイショウ


この前のシマヘビ
アオダイショウの方が恐ろし気に見えますが皆様いかがでしょうか?


3日後に脱皮.


さっきの形相が嘘のようにかわいくなりました.

目は口ほどに物を言う.
目って重要ですね.

詳細はこちら

2020 .2.13

殺虫剤の影響か

カテゴリー:植物

The influence of insecticide?

モモタマナですが,葉が出てこない.

芽はあるのだが一向にふくらまない.

逆に先端部は枯れ始めている.
今更ですが,適用外に使用するのはNGだと痛感した.
本日,土壌改良のため化学肥料を投入.
復活するとよいが.

詳細はこちら

2020 .2.12

オオモリゴキブリの累代飼育

カテゴリー:オオモリゴキブリ

Successive breeding of the Symploce gigas gigas

2年目となる本種.
中々大繁殖とはいかない.

いろいろ考えてはいるのだが.

現在いるのはF2のはずだが,1卵鞘程度しかいない.
これ書いていて気が付いたが,トビムシが入っていない.
後で入れようと思う.

詳細はこちら

2020 .2.10

シマヘビの白目

カテゴリー:爬虫類

White-eyed Elaphe quadrivirgata

脱皮前兆の白目.
不気味な形相である.
今回は長かった.

このまま脱皮かと思ったが,3日前に透明に戻った.

そして脱皮.

詳細はこちら

2020 .2.7

サツマゴキブリの床換え

カテゴリー:サツマゴキブリ

Cleaning of the breeding case of a Opisthoplatia orientalis

ネズミ用チップを使い始めて初齢幼虫の死亡が減り,増え方が激しくなった.

木チップの下は糞と死骸が堆積しているので今回はすべて交換する.

その後に再利用する部品をゴキブリごと移動.

かなり綺麗になっっているのだが,見た目変わらない.

脱皮してから少し時間の経過したと思われる♂成虫.
見慣れない色は美しく見えますね.

詳細はこちら

2020 .2.6

白眼ワモンゴキブリ

カテゴリー:ワモンゴキブリ

White-eyed Periplaneta Americana

2018年の8月にもらってから,やっとここまで増えた.
昔飼育していた個体群は幼虫が孵化せず死滅したがこの系統はそれは見られない.
しかし,白眼のワモンはこの系統しか見つかっていないはずなので同じはずなのだが.
ただ,写真からもわかるように翅バカが多い.
調子に乗っているとまた全滅するかも.

詳細はこちら

2020 .2.5

ツチゴキブリ幼虫

カテゴリー:ツチゴキブリ Margattea kumamotonis kumamotonis (Shiraki)

Margattea kumamotonis kumamotonis Nymph


孵化の終わった卵鞘.
見る限り,ほとんどが孵化している.
卵数は25前後.




幼虫も少しずつ成長している.

そして,成虫は1匹だけだがまだ産卵をしている.

詳細はこちら

2020 .2.4

シロマダラ餌

カテゴリー:爬虫類

Feed of a Dinodon orientale


本種の食性についてだが,トカゲを好むと書かれた記事が多いが,やはりこの個体は今のところヤモリのみである.しかし,トカゲが余っているので何としても食べてほしい.
先日餌食い表をお見せしたが,大体食うパターンが分かったので,トカゲの尾を上げてみた.

しかし,予想はしていたがダメだ.

空腹確認で小型のヤモリ丸ごと与える.

食べますね.
太くなっているのわかりますか?

詳細はこちら

2020 .2.3

ユーカリを食べる量

カテゴリー:ヨロイモグラゴキブリ

How much Giant burrowing cockroach ate eucalyptus

ヨロイモグラゴキブリ1匹を飼育するのに,ユーカリの葉がどれだけ必要か?
やってみました.

使用した葉.

ゴキブリの大きさ.

3日後.
中齢の幼虫で3日に1枚.
1ヶ月で10枚.
ただし,飼育マットにクヌギマットを入れてあるので,そちらも食べているかもしれない.
従って,空容器に葉10枚あればよいとゆうことではなく,そうゆう環境では10枚程度食べるということ.
さらにただし,これはここの室内のこの個体の結果となります.
参考程度にお考え下さい.
いずれにせよ.成虫1Pr.飼育しようと思うとそれなりの量が必要になりますね.

詳細はこちら

2020 .1.31

復活?マルゴキブリ

カテゴリー:マルゴキブリ

Corydidarum nigra after a long time

昨年幼虫を入手し,やっと成虫が出ました.
とはいえ,♂ですが当時(4年ほど前)はこいつが出なくて,♀成虫のみの悲しいケースを半年近く維持して絶えました.
♀成虫が出るといいのですが.

マルゴキブリの属名は,以前はTrichoblattaでしたが,現在はCorydidarumとなっています.
今はやりのC. magnificaと同じ属です.
よく似ています.

詳細はこちら

2020 .1.30

出戻りイエゴキブリ

カテゴリー:イエゴキブリ

Return Neostylopyga rhombifolia

初齢幼虫が生まれていました.

先日,嫁ぎ先の飼育環境を見てきたのですが大切に飼われていました.
無理言って出戻りさせたので,倍返しをしないといけないです.

ちなみに,英名はハーレクインHarlequin cockroach.
直訳は道化師のゴキブリ.
「道化師」の画像検索では可愛い系が多くイメージ合わないですが,「Harlequin」で検索すると,イエゴキぽい画像が出てきます.
昔の道化師のイメージですね.

詳細はこちら

2020 .1.29

単為F10ワモンゴキブリ成虫の卵鞘

カテゴリー:ワモンゴキブリ

Parthenogenetic F10 adult Periplaneta Americana ootheca

両性生殖の個体でもたまにあるのが卵食.
特に単為発生している個体は多くみられる.
色の薄い卵鞘であれば,気持ちもわかるが,このような見た目正常な卵鞘も平気で食う.

ちょうどよい観察対象がいたので見ていたのだが,もう産み落とすだろうと思って24時間.
まだ産み落とさない.

気が付いた時には無事産下されていた.

これは産み始めから産下まで1日の卵鞘.
食べられることが多いのだが,無事産卵されている.

どちらも,これから個別管理するが,右の卵鞘は孵化しないだろう.

詳細はこちら

2020 .1.28

ボールパイソン22回目の脱皮

カテゴリー:爬虫類

The 22nd molting of a Python regius

最近は綺麗にむけるので,温浴が必要なくなった.

長さを殻から測ろうと思ったがやめた.
かわりに体重と思ったが,重すぎて体重計がないと駄目だ.
何か考えます.

詳細はこちら

2020 .1.27

1月のイエバエ

カテゴリー:

Housefly in January


先週土曜日午前.
屋上に横転しながら飛ぼうとしているハエ発見.
暖かい日は結構見かけるが,この状態は起きた直後か?
気温は11℃.

種類はイエバエ?だと思ったがこの写真では胸背板の黒状斑が1,2,3,・・?
翅脈はイエバエのようだがおかしい.

で,先ほどの写真を見ると1,2,3,4.
光の加減でしょう.
しかし,こんなに違って見えるとは知りませんでした.

詳細はこちら

2020 .1.24

シロマダラの餌食い状況

カテゴリー:爬虫類

Feeding situation of a Dinodon orientale



脱皮しました.
前回から32日目.

脱皮殻から計測すると48㎝.
もう成蛇でしょう.
食べたエサの量がこちら.

餌食い状況を記録初めて3か月.
これからわかるのは,1ヶ月に小型の餌が3匹でほぼ足りる.
野外では,もっと活発に活動していると思うのでこれ以上食べていると思うが,飼育ではこんなところ.
記録することは大事ですね.

で,これによると,食べ始めるのは脱皮2~3日後となります.

詳細はこちら

2020 .1.23

Lucihormetica verrucosa脱皮

カテゴリー:Lucihormetica verrucosa

Lucihormetica verrucosa molting

オガサワラゴキブリもそうだが,幼虫が地中に潜る種の脱皮は,地中が好きなようだ.
わかる気がする.

詳細はこちら

2020 .1.22

ツチゴキブリ繁殖

カテゴリー:ツチゴキブリ Margattea kumamotonis kumamotonis (Shiraki)

Margattea kumamotonis increase

元は鹿児島で採集した小さな幼虫2匹.
・♂♀が揃う.
・2匹無事成虫になる.
・同時期に羽化し交尾のタイミングが一致する.
など,繁殖できる可能性はかなり低いと思っていたが見事増えた.


ゴキブリに関する運は持ち合わせているような気がする(笑).

詳細はこちら

2020 .1.21

Shelfordina terminalis産卵

カテゴリー:Shelfordina terminalis

Egg laying of a Shelfordina terminalis


そろそろ産み終わり.


産み始め.
こうして産んでくれると世話ないのですが.

詳細はこちら

2020 .1.20

グリーンバナナローチ交尾

カテゴリー:Panchiora sp

Mating of Green Banana roach

ちょうど色違いが交尾.
綺麗だと思いませんか?

詳細はこちら

2020 .1.17

オカヤドカリ

カテゴリー:多足類

Hermit Crab

諸事情により結構な数のオカヤドカリを飼育している.
また,結構な数の「ヤドカリの主食」もある.
これらは当然沖縄産.
しかし,海は繋がっており餌も偏らないようにオガサワラトカゲのケースに同居してもらった.


オガトカの餌のコオロギの餌に「ヤドカリの主食」も使え一石二鳥?
元気で育ってほしい.

詳細はこちら

2020 .1.16

今年のヒメクロゴキブリ

カテゴリー:ヒメクロゴキブリ

Situation of the Chorisoneura nigra of this year


近年の冬の状況は,生体が観察されなかったり,成虫が出たりして,齢数がバラバラ.
四季が感じられなかったが,今年は若齢幼虫ばかりが沢山発生しておりいつもと違う.



ただ,越冬という感じではなく餌を食べたり,活動はするが成長は止まってそろって春を待っている感じがする.
春が楽しみだ.
ただ,見ての通りケージがかなり汚れており,いい加減掃除しないといけないのだが,タイミングと実際いつ行うか判断が大変.

詳細はこちら

2020 .1.15

ゴキブリの餌について 最後

カテゴリー:クロゴキブリゴキブリの飼育方法チャバネゴキブリワモンゴキブリ

About cockroach bait, last

最後に害虫種が食べるか確認.

チャバネゴキブリ

翌日

見た目食べていないようだが,内臓を食べる.

クロゴキブリ

翌日

ワモンゴキブリ

翌日

さすが世界のワモンゴキブリ.
骨をわずかに残して完食.

結論から言えば,当たり前ですが動物死体は雑食性の動物にとって食べることができる餌であるということですね.

詳細はこちら

2020 .1.14

ゴキブリの餌について3

カテゴリー:Protagonista sp.オオモリゴキブリゴキブリの飼育方法スズキゴキブリ

About cockroach bait 3

オオモリゴキブリ

翌日

4日後

ほとんど食べない.

スズキゴキブリ

4日後

爆食い.

Protagonista sp.

翌日

4日後

トビムシが食べたのかよくわからん.
次回持越し.

詳細はこちら

2020 .1.10

ゴキブリの餌について2

カテゴリー:イエゴキブリゴキブリの飼育方法ヒメクロゴキブリマルバネゴキブリヤエヤマツチゴキブリ

About cockroach bait 2

ヤエヤマツチゴキブリ

翌日

齧っている.

マルバネゴキブリ

翌日撮り忘れ
4日後

少しごちゃごちゃしているが食べている.

ヒメクロゴキブリ

翌日

食わない.

イエゴキブリ ケース1

翌日

少し齧る.

イエゴキブリ ケース2

翌日

食べた.

詳細はこちら

2020 .1.9

ゴキブリの餌について1

カテゴリー:コマダラゴキブリゴキブリの飼育方法マダラゴキブリヤエヤママダラゴキブリ

About cockroach bait 1

野外性のゴキブリで,累代飼育が続かない種は過去にたくさん紹介した.

考えられる理由として,餌,日長,四季などが考えられるのだが,熱帯の種は寒さや日長はあまり関係なく,やはり餌(栄養)だと思われる.

ネズミの固形飼料は,雑食性のネズミが生涯を終えるまでの十分な栄養が含まれているはずなので,同じく雑食性のゴキブリも同様の餌で飼育ができると考えている.実際にワモンゴキブリやチャバネゴキブリといった害虫種から,Blaberus属などの外国の野外種もこれだけで飼育できる.

が,マダラゴキブリ類やスズキゴキブリ,オオモリゴキブリなどの一部の種は,未だに謎が多い.

そこで,シロマダラに与えて喰わなかった爬虫類の死骸など,捨てるのはもったいないので,いまいち飼育が心配な種に与えてみた.
ヤエヤママダラゴキブリ ケース1

翌日

食わない

ヤエヤママダラゴキブリ ケース2

翌日

食べた.

マダラゴキブリ

翌日

食べない.

コマダラゴキブリ

翌日

齧っている
さらに3日後

結構食べている.

同じマダラゴキブリ属でも結構違う.
本属にの場合は,成虫と幼虫の生息環境が大きく変わるので,成虫と幼虫でも違うのかもしれない.

詳細はこちら

archive-blog