2018年12月12日

アダンソンハエトリ登場

Appearance of spiders

PB270441.JPG

寒い日が続く中,わが事務所の卓上に登場.
過去に何度も登場しているが,毎回違う個体だろう.

PB270444.JPG

それにしても,何を食べて成長しているのだろうか?

この事務所にいる昆虫類として把握しているのは
タバコシバンムシ(まれ)
トビムシ(いる所にはいる)
ユスリカ類(サッシ隙間よりたまに侵入)
ダニ類(チリダニ・ケナガコナダニなど)

2018年12月11日

ドブネズミの餌付け

Feeding of the Norway rat

PB190518.JPG

ドブネズミのペアです.
人がそばを通ると,「なんかくれ~」とばかりに見つめてくる.

PB190517.JPG

容姿はクマネズミがかわいいと思うが,しぐさはドブが可愛い.

PC110443.JPG

ヒマワリを与えると,手からとりにくる.
ここまで慣れるのに数分.
クマネズミではまず有り得ない.

ただし,野生のドブネズミはレプトスピラや鼠咬症などの感染症を保菌している可能性が高いので,真似はしないようにお願いします.

2018年12月10日

タマヤスデ

Glomeridae


昨日父島より戻りました.

12月の父島は初めてでしたが,甲虫類,チャイロネッタイスズバチ,ゴキブリ類も探さなくても壁に張り付いていたりして,真夏より探すことなく,多くの昆虫を見ることができたと思いました.
また,ムカデも捕獲でき,いるところにはいるといったところでしょうか.

PB250437.JPG

PB250435.JPG

さて,11月に龍ヶ崎市の研修所から捕獲してきたヤマトシロアリですが,ケージ内にタマヤスデが数匹いるのを発見.

だいぶ前も見つけたことがあったが,今回わずかなシロアリ加害の木片から5匹の個体を発見.
意外と多い地域なのかもしれない.

PB250436.JPG

シロアリケージでは増えるかわからないので,実績のあるホラアナゴキブリケージへ移動.


2018年12月07日

父島三日目

3th days of Chichijima

PC050450.jpg

今回は,沢山のチャイロネッタイスズバチを見ました.
いつ来ても1~2匹は見る気がしますが,こんなにどこでも見たのは初めてです.
今がシーズンなのでしょうか?
大型できれいなハチですが外来種です.
沢山写真を撮りましたが綺麗に写っていたのはこれ一枚.
しかし,残念なことに手前に草が入り台無し.

PC080537.JPG

父島は,雨が降らずそこらじゅうで草が萎れていました.
どうも雨が降らないようですね.
役場のHPではダムの貯水率が56%と節水を伝えています.
そのためか,いつもアメンボや小魚がいるコペペ海岸の小川も全く水なし.
川にいた魚はどこに行ってしまったのでしょう.

PC080547.JPG

が,多肉植物のハカラメは元気です.
港近くの多種生息場所.

PC080550.JPG

この2種.
左の種は昨年は東町の一角に生えていましたが,今回は確認できませんでした.
右の種は島内ではここしか知りません.
興味のある方は見つけてみてください.

2018年12月06日

父島2日目

2th days of Chichijima

PC060477.JPG

街中でやっと捕獲.
来るたびに籠をかけていましたが,全く取れない場所であった.
今回,何とか1匹捕獲.

PC060494.JPG

夜,玄関前に来ていた昆虫類.
ゾウムシ.
カンショオサかな?

PC06050214.JPG

昨日より大きなカミキリムシ.

PC060507.JPG

ヒメチャバネゴキブリ.

12月なのに結構見ることができる.
夏より多いような気がする.

2018年12月05日

父島初日

The first day of Chichijima

定刻の11時に到着.
天気は曇りだが結構暑い.

PC050458.JPG

野外で調査中に気が付くと蚊が沢山集まっていた.
手に来た蚊.
内地であればヒトスジシマカ.
こちらでは?
何だっけ.

PC050470.JPG

PC050473%EF%BC%91.JPG

町にのみに行った帰りにトイレで昆虫採集.
ミナミヒラタゴキブリの成虫が数匹いました.

PC050474.JPG

体長約5mmの小さなカミキリ.
これは久しぶりに見ました.

2018年12月04日

父島出張(初めての12月)

Business trip to Chichijima (December for the first time)

PC040439.JPG

船が離岸するときは,いつも船室内でごそごそやっているのですが,今回は同伴者が見るというので付き合った.

見つけた生き物?
「おがじろう」です.
初めて実物が歩いているのを見た気がする.
毎回の出港時に見送りに来ているのでしょうか.

PC040440.JPG

ポスターで拡大された写真を見ては,頭の上にある帽子は何だろうと思っていたが,サングラスであることが判明.

PC040441.JPG

この時期はいつもそうですが,夕方は風が出て波が高くなりました.

2018年12月03日

イエヒメアリ

Monomorium pharaonis

PB060445.JPG

久しぶりの発生.
大阪からである.

昔は集合住宅やペットショップで大発生し,駆除の依頼が結構な数あった.
しかし,最近はベイト剤がよくなったのか,ほとんど話を聞かなくなった.

2018年11月30日

オガサワラトカゲ産卵?

Cryptoblepharus boutonii nigropunctatus spawning?

PB140498%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

この時期に産卵?

PB140499%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

頭部がわかるでしょうか.
結構深くもぐっている.

PB140500.JPG

でこれは,もぐっている近くに転がっていた卵.
ちょっとダメっぽい.

2018年11月29日

第34回日本ペストロジー学会鹿児島大会

The 34th Japanese Society of Pestology Kagoshima meeting.

PB290468.JPG

開会の挨拶をする大塚大会長.
今回は35の発表があり,私はクマネズミの防除について明日発表します.
発表者の大半はPCOで,現場で発見した事や新たな取り組みに関する事例など,興味深い内容が多くありました.

PB290473_edited-1.jpg

懇親会は場所を移動して,桜島が望める城山ホテル.

PB290476.JPG

元木学会長の挨拶.
これまた,たくさんの参加者が集まり,盛大に開催されました.
PCOを目指す方や,現役PCOの皆さん.
来年は富山県で開催されます.
学会に入会して参加してはいかがでしょう.
お待ちしています.

2018年11月28日

鹿児島のゴキブリ採集

Capture cockroaches in Kagoshima prefecture

明日から日本ペストロジー学会が開催されるため鹿児島入りをした.
空いている時間を使い,大隅半島までS田さんの協力の下,T岡さんとゴキブリ採集に出かけた.

しかし,天気は大雨.
悩んだが,そういける場所でもないので決行.
目的地は佐多岬.
幸いな事に,要所要所で小雨になり,その隙を突いて探索した.

%E5%A4%A7%E9%9A%85%E5%8D%8A%E5%B3%B6%20%283%29.JPG

どこにでもいたサツマゴキブリ.

PB280454.JPG

途中昼食を食べたお店の裏の石をひっくり返したら冬眠?していたシロマダラ.
これははじめてみました.
きれいなヘビですね.

PB280457.JPG


PB280455.JPG

佐多岬到着.
大きなガジュマルが南国感を出していますが,天気は雨なので写真では寒そうです.
しかし,そのおかげで観光客はほとんどおらず,ゆっくりとあたりを散策できました.

PB280459.JPG

石の裏より出てきたシーボルトミミズ.
これまた初めて.

PB280462.JPG

梅谷編,「野外の毒虫と不快な虫」の終わりのページに写真があり,この本を見るたびに一度は見たいと思っていました.

メタリックブルーが美しく,これなら飼育してもよいかなと思いましたが,今回はやめておきました.

結果はT岡さんとS田さんのおかげでゴキブリ6種発見.
土砂降りの中,正味2時間もありませんでしたが,予想外に捕獲することができました.
採集結果は月刊むしに投稿したいと思います.
乞うご期待.

2018年11月27日

ヤエヤマツチゴキブリ再入荷

Restock of the Margattea ogatai

PB140493.JPG

PB140496.JPG

これも,WF2あたりで消えていく.
方法は考えてあるので,来年の今頃をお楽しみに.

2018年11月26日

ヤエヤママダラ卵鞘

Ootheca of a Rhabdoblatta yayeyamana

PB060451.JPG

死亡直後に卵鞘を排出したと思われる.

PB060452.JPG

成虫を取り上げると僅かに動く.

PB060457.JPG

PB060459.JPG

卵鞘の卵数を数えると片側40個.
1回の産卵で80個体の幼虫を産む.
この成虫も,あと40日ほど生きていてくれたら,孵化させることができたであろう.
残念である.

2018年11月22日

ドブネズミとクマネズミ

Black rat and Brown rat

PB100472.JPG

ドブネズミ

RIMG0396.JPG

クマネズミ

相違点は僅かだが,鼠相はドブネズミが悪く見える.

2018年11月21日

18回目の脱皮

The Python regius shed off the skin for the 18th

PB150490.JPG

前回脱皮から約3ヶ月.
過去のデータ見たら,
2017年も8月と11月に脱皮していた.
結構規則正しいものなのでしょうか.
というわけで,脱皮についてネットで調べました.
10分程度の検索なので正しいか分かりませんが,驚きの事実(?)がいろいろありました.

1.脱皮間隔はアダルト・ベビーかかわらず1ヶ月.
2.脱皮不全は水分補給不足から(要するに飼育環境が悪い)(ゲッ!そうだったの?)

今回の脱皮は,今までなかった事ですが,ヘビの体が油でぬるぬるしていました.
あまりにも触り感が不快だったので,手洗い洗剤をつけ洗ってしまった.

今回綺麗にむけた理由はこのせいだろうか.

PB150492%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

これは,ケージを洗っている途中ですが,油の粒が水に浮かんでいる.
ネットの内容が事実であれば,これが正常だったのかもしれないですね.
洗ったのも良くなかったかも.


2018年11月20日

Corydidarum magnificaの日光浴

Sunbathing of Corydidarum magnifica

昨日に引き続き,Corydidarum magnifica

PB030416.JPG

譲り受けるとき,前飼育者から日光浴をさせると良いと聞いていた.
夜行性のゴキブリが,そんなことないと思いつつ,この輝きを放つためには必要にも思え,日の当たる場所に出していたが,成虫は外にいる時もあれば,シェルターに潜っている個体もあった.

PB030423.JPG

PB030419.JPG

2~3の幼虫は,シェルター内の親元に付着しているが,多くは盛んに走り回っている.

PB030420.JPG

おもしろい.

2018年11月19日

ゴキブリの育児

Cockroach's child raising

PB090467.JPG

PB090471.JPG

親の腹部に張り付く幼虫の写真は,海外の雑誌でよく見るが,実際に見ることができて感動した.

国内同属のマルゴキブリ,ヒメマルゴキブリではそんな発想がなかったことと,小さすぎて観察したことがない.
ヒメマルは爆産しているので見てみよう.

2018年11月15日

ヨロイモグラゴキブリ産仔

Macropanesthia rhinoceros lay nymph

PB060450.JPG

前回別のペアが7月に生んでいる.
ここの飼育環境では,春と初冬に生まれることが多いようだ.

2018年11月14日

ニホンヤモリ

Gecko

PB060449.JPG

先月末に事務所で見つけて,オガトカケースに回復するまでのつもりで移した個体.

PB060448.JPG

なんと,水を撒くとシェルターから出てきて水を飲んでいる.
蓋なしケースなので,すでに逃亡していると思ったが,居心地よかったのだろう.

2018年11月13日

ベランダのクロゴキブリ

Periplaneta fuliginosa of the balcony

PB040430.JPG

PB040431.JPG

急に寒くなりました.
この親の血は,生んだ卵鞘に引き継がれ,来年孵化してくることでしょう.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.