2017年05月23日

Hemithyrsocera histrioとキャベツ・リンゴ

Cockroaches, cabbage and apples

P5060035.JPG

キャベツは食べない.
と思ったが,状況見ていると一応寄って来て食べている.

P5060036.JPG

リンゴ.
集まり方からすると,リンゴに人気があるようだ.

2017年05月22日

ワモンゴキブリホワイトアイの衰退

Decline of white eye of the Periplaneta americana

P5140005.JPG

最近またこの手の話題が多くなってきた.
手抜きをしているつもりは全くない.

原因は卵鞘が全く孵化しない.
愛情?
でも,よくよく考えたら,やばくならなければ,ほとんど気にしていないのだから愛などではないだろう.

でも,何とかしたいと思うので,単為生殖で実績のある個別飼育して卵鞘が出れば手厚い管理による孵化を目指したいと思う.

P5140006.JPG

こうして分けて見ると,雌が7個体しか残っていない事が判明.
どうなることやら.

2017年05月19日

シャーレZooメンテ

Maintenance of breeding cases of petri dishes

P4300039.JPG

Hypercompsa sp.
やっと孵化しました.
1月に産下され約3ヵ月半.
ただし,複数卵鞘があったので,目安として見てもらったほうが良いと思いますが.

ホラアナハ1個生んでそれ以降産まない.
でも,まだ生きている.1/22に産卵したので,成虫になったのは遅くても1月初旬.
幼虫期から考えると,半年は生きるようだ.
この大きさでそんなに寿命があるとは予想しませんでした.
しかし,産卵が1個で止まったのは原因がわからない.

P4300041.JPG

P4300042.JPG

いずれにせよ,容器が汚くなったので,新しいシャーレと交換しました.
各右が新しいシャーレ.

2017年05月18日

ハカラメ開花 2

Kalanchoe pinnata blooming 2

先日,無事開花を確認し,開花部は色あせたのでカットしてあったのだが,その下部より蕾がたくさん出て開花していた.

P5160004.JPG

もう暖かいので,どの蕾も前回より色が良い.
しかし,この植物本当に際限なく増えますね.

2017年05月17日

シマヘビ5月の脱皮

The Elaphe quadrivirgata shed off the skin for the 7th

P5170021.JPG

今まで約1ヶ月間隔だったのですが,今回は2ヶ月後.

P5170023.JPG

綺麗にむけていました.

体長,約95cm.
細いのでそんなにないと思っていたが,結構長い.

2017年05月16日

F8の単為生殖ワモンゴキブリ出現

Appearance of parthenogenetic Periplaneta americana in F8

P5060027.JPG

2007年よりスタートしたワモンゴキブリ単為生殖ギネス挑戦.
産卵データ取りはやめたが,飼育は続けている.

このF8は,累代方法を簡略させたら滅びそうになり,以前の方法にしてやっと成虫となった.
ワモンゴキブリにとって,単為発生のみの繁栄は,障害が多いようだ.

P5060031.JPG

深度合成により撮影.

2017年05月15日

隠岐のモリチャバネゴキブリ衰退

Decline of Oki's Blattella nipponica

P5010048.JPG

飼育を始めて7年になるモリチャバネの個体群.

P5010049.JPG

気がつくと卵鞘が孵化しておらず,成虫ばかりになっていた.
そして,終齢幼虫と見られる死骸が転がっている.
このような現象は過去にも経験があるが原因はよくわからない.
モリチャバネ3年説は聞いたことあるが,これはその倍以上飼育できている.

P5010053.JPG

まだ幼虫が数匹残っていたので,これらに期待をかける.

2017年05月12日

タカラダニのねぐら

Roost of the Balaustium murorum

日の出た日中は普通に見かけるようになりました.

夕方でも,日の当たっている場所は盛んに動いているが,日陰はいない.
日陰組みは,早めに店じまいしたのか,日の動きとともに移動するのか.

P5040043.JPG

日陰のブロックを上げると,簡単に見つかりました.

P5040044.JPG

自分の行動範囲を理解しているのか,一日の活動時間が決まっているのか.
これらは,明日の日の出とともに活動を開始するのでしょう.

2017年05月11日

水容器の構造

Structure of water supply container

給水容器に関して質問があったので説明します.

P5110021.JPG

材料.
左から,中央に穴を開けた樹脂カップの蓋.樹脂カップ.ガーゼを適当な大きさに切った物.切る前のガーゼ(gauze).

P5110022.JPG

樹脂カップ拡大.

P5110024.JPG

蓋の穴にガーゼを通したところ.

P5110025.JPG

P5110026.JPG

左が完成.
右は水入れる前.

RIMG0143.JPG

RIMG15455.JPG

で,このようにゴキブリは水を飲みます.

2017年05月10日

ヒメマルゴキブリ♂飛翔

Male flight of a Trichoblatta pygmaea.

P5060045.JPG

形態から飛ぶことは容易に想像できたが,初めて飛ぶところを見た.
軽く舞い上がった.
飛び出し方はGyna属のよく飛ぶ連中に似ています.

P5060048.JPG

追っかけたら隙間に逃げ込むヒメマル♂.

2017年05月09日

蚊の室内侵入初日

First seeing date of the Culex pipiens complex 2017

続いて連休中の,もう1つの初見日.

2017年5月6日
室内にアカイエカ群の飛来.

P5060049.JPG

短時間で仕留めましたが,見失うと気になって仕事が手に付かなくなります.

P5060055.JPG

P5060059.JPG

P5060063.JPG

3ポーズ.
このように動かなくなった被写体は,深度合成に最適.

2017年05月08日

カベアナタカラダニ2017年の初見日

First seeing date of the Balaustium murorum 2017

P5040028.JPG

5/4の昼下がり,PCキーボード上をまたまた赤いダニ徘徊発見.

P5040031.JPG

確認の為,アルコールで麻痺させる.
今度こそ間違いなくカベアナタカラダニ.
どこから入るのかは見当ついているので,背部にあるサッシの枠を見る.

P5050025%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

P50500kyj25.jpg

と,やはり走ってました.

しかし,私の机に到達する為には,窓から壁を伝い床に降りて,床を歩き,机の脚から机上まで来なければならず,いくら足が速いとはいえ,長い道のり.

たまたま入り込んだ個体が机上に到達したのではなく,たぶん凄い数のダニが侵入して,そのうちの個体がたまたま到達したと考えるのが正しいかもしれない.

念のため屋上に上ると沢山の個体が徘徊していました.

P5040035.JPG

壁も登っております.

いつごろから出ていたのでしょうか?

次回の協会の集いのときに聞いてみようと思います.

2017年05月02日

ツチゴキブリ類について

Things to think about Margattea sp.

ツチゴキブリ
サツマツチゴキブリ.
そして,本種.

どうも累代が3年続かない.
大体同じ時期に,卵鞘の孵化が無いからか,幼虫が消える.
皆さんのところは,いかがですか?

P4200025.JPG

P4200027.JPG

成虫のみ.
いいゴキブリだ.

P4200031.JPG

小ケースにうつし,様子見る.

2017年05月01日

ゴキブリにキャベツ

Cabbage to cockroaches

4月の日本衛生動物学会で,N野さんから,Periplanetaはキャベツを好む可能性があると伺い,小笠原出発前に購入し,クロゴキブリやワモンゴキブリに与えておいた.

P4180031.JPG

P4180032.JPG

マダラゴキブリ

P4180034.JPG

クロゴキブリ.

食べるといいな~と期待しつつ.

P5030088.JPG

P5030089.JPG

帰ってから見ると,みな乾燥してなんだか分からん状況になっていた.
よくよく考えたら葉っぱなんだから,すぐ乾燥する.
少しは食べたと思うが,乾燥した葉が残っているのでは,完食したとはいえない.
もう一度やってみよ.

2017年04月28日

いつもの居酒屋での出来事

Events at usual Japanese Pub

前回はチョウバエでした.

P4210043.JPG

取り皿に黒い物.

P4210041.JPG

今回は,こちら.
チャバネ 1齢幼虫.
瀕死だが動いている.
写真撮って喜んでいる,変態グループです.
皿は端に寄せておきました.

2017年04月27日

ネバダオオシロアリその2

Breeding of the Zootermopsis nevadensis, Part 2.

P4270240.JPG

投入してから約1ヶ月.
状況変わらず.
卵のようなものは位置が変わって存在.
孵化日数は1ヶ月~のようなので,もしかしたら半月もすれば幼虫が見られるかもしれない.

2017年04月26日

小笠原4月 その3

The Ogasawara Islands of April,Part 3

P4250150.JPG

今日は,小笠原を立つ日だが,天気は最後まで気持ちよく晴れなかった.

P4260198.JPG

デイゴ.
私の好きな花です.
終わりの時期のようでしたが,綺麗に開花していました.

P4250139.JPG

合間を見てアノール釣り.
1人でやっていると,なかなか写真取れないのですが,まあOKでしょう.

P4260216.JPG

過去に10回以上この見送りを経験していますが,今回初めて見送っていただきました.
いつもは,この景色をただ眺めているのですが,今回ははじめて手を振りました.
A沢さん滞在中も含め,ありがとうございました.

2017年04月25日

小笠原4月 その2

The Ogasawara Islands of April,Part 2

今日も朝からどしゃ降り.
午後は少し良くなりましたが青空は見れませんでした.

P4240114.JPG

P4240118.JPG

夜も寒く,いたのはアフリカマイマイをまとったヤドカリとオオヒキガエル.

P4240119.JPG

クマネズミもいましたがカメラには写りませんでした.

2017年04月24日

小笠原4月 その1

The Ogasawara Islands of April,Part 1


昨日より仕事で1航海父島に来ています.
気温上がらず,生き物の活動も見られません.
ゴキブリは,オガサワラゴキブリの初令を1個体発見.

P4240097.JPG

P4240096.JPG

合板剝がすと,ハナムグリらしき幼虫と,オカヤドカリ小型.

P4240107.JPG

アノールも活動はしているが♂ばかり.

寒いので,軽く一杯.

P4240125.JPG

T田さんから推薦の旬の亀レバー.

P4240127.JPG

P4240126.JPG

ついでに亀三昧で煮込みと刺身.
レバーは初めて食べましたが,哺乳類の物よりはるかに美味しいと思いました.

明日は気温が上がると良いですが,小笠原の天気は気まぐれなので天気予報をどこまで信じるか.

2017年04月21日

ハエトリ in 冷蔵庫

Jumping spider in fridge

P4160025.JPG

何かいる.

P4160028.JPG

何でこんな中に.

P4160030.JPG

動きは緩慢だが,痩せておらず水を飲むと消えていった.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.