2017年06月22日

ホラアナゴキブリの寿命

Lifespan of the Nocticola uenoi uenoi

2017年1月22日よりシャーレZooで飼育していた♀.

本日,死亡確認しました.
半年近く生きたことになる.
チャバネゴキブリの雌の寿命が5ヶ月といわれているので,同程度かそれより長いのには驚いた.

P6210003.JPG

この状態からすると,2~3日前に死亡したと思われます.
もう少し早めに気が付けば完品で回収できたのですが,すでに線虫やダニが侵入している.
いつも思うが,この寄生者はどこから来るのだろうか?

P6210012.JPG

回収できた卵鞘.
1月に産卵して以降確認できていなかった.
これはいつ産んだものかわからないが比較的綺麗に残っている.
卵数は4.

2017年06月21日

ドブネズミ13日齢

Brown rats 13 days old

P6200037.JPG

こんなに大きくなりました.

P6200040.JPG

ドブネズミもこうして見ると可愛いものです.

2017年06月20日

フタホシモリゴキブリ飛翔

Flight of Sigmella schenklingi

hkkkj%20%281%29.JPG

蓋を開けたら飛びました.
現地では飛ぶと聞いたことありましたが,モリチャバネのように普通に飛びました.

hkkkj%20%282%29.JPG

幼虫.

hkkkj%20%283%29.JPG

成虫.

2017年06月19日

寄生蜂?

Parasitoid wasps ?

P6160024.JPG

いつものクロゴキが発生している部屋の入り口天井.

P6160027.JPG

P6160031.JPG

普段ゴキブリ以外いない場所にかわいい虫がいる.

形態から寄生蜂のようだが,クロゴキ卵鞘に寄生するゴキブリコバチより大きい.
こんなゴキブリしかいない場所にわざわざいるならゴキブリ目当てとしか考えられない.

P6160032.JPG

ワモン卵鞘持ちと同居させたが,まったく興味がない様子.

P6210047.JPG

図鑑で調べるとアカアシブトコバチに似ている.
そういえば,この通路の外で,ニクバエの捕獲をしたので,その際発生した可能性アリ.
納得.

2017年06月16日

フタテンコバネゴキブリ復活

Lobopterella dimidiatipes revival

滅ぶものあれば復活もあり.

P6110012.JPG

幼虫が出はじめている.

P6110013.JPG

乾燥した場所に産卵されたものは凹んで孵化しそうにない.

P6110014.JPG

一方,ミズゴケに産み落としている卵鞘は,膨らんで健康そう.
果たして,ミズゴケに産むから健康そうなのか,ミズゴケに産むのが健康卵だけなのか.

2017年06月15日

ヒメチャバネゴキブリ床換え

Cleaning of the breeding container of Blattella lituricollis

P5230039.JPG

飼育を始めて8年が経過し,安定したと思っていたが個体数が少ない.
よく見ると床換えも最近していなかった.

P5230046.JPG

ダンボールシェルターも古くなっているので,ばらして幼虫を探してうつす.

P5230047.JPG

よく見ると,1齢幼虫が発生していた.

P5230064.JPG

P5230067.JPG

大概,幼虫がいなくなって終わるので,まだ大丈夫そうだ.
種だけで見れば,ヒメチャバネゴキブリは普通に採れるが,採集場所によっては,2度と入手できない場所もあり,だからどうしたと言われない様な何かを見つけたいと思う.

2017年06月14日

ドブネズミ幼獣

Brown rats' cubs

hfgf%20%281%29.JPG

野外捕獲個体出産

hfgf%20%282%29.JPG

やっとまともな写真撮れました.
6個体.
ドブにしては少ないので,もう少し産まれたのかも知れませんが・・・.
今日で,6日齢.
産んで2日程度は,ちょっとした刺激で食ってしまう.
しかも,こんな小さなケージではなおさら.

この子達はすでに里親が決まり,乳離れを待つばかり.

2017年06月13日

Black out 購入品

Black out purchased item

P6110004.JPG

いまさらですが,日曜日に半年振りに行ってきました.

P6110006.JPG

やっとスズキゴキブリ入手.
人気だったようで,すぐに売り切れたそうです.
先に行ってくれたS藤さんに買っといてもらいました.
昨年春に入院した際,水を切らし壊滅させた苦い思い出があり,何とか繁殖させたい種です.

P6110008.JPG

P6110007.JPG

ケースも最上級なレイアウトをしましたが,卵パックに卵鞘がついているところを見ると,このブリーダーはこんなレイアウトしていないのでしょう.
このパックは,適度に湿りおそらく増えてくるとお互いの出す水分で繁殖(孵化)がしやすくなると思われます.

P6110005.JPG

それともう一品.
禁断の外国産オオムカデ.
3,000円だったので思わず買ってしまいました.
雌雄わからなかったのですが,S藤さんと協議の結果,一番「太い」個体を選定.
S藤さんいろいろありがとうございました.
帰って,生殖肢を確認しましたがよくわかりませんでした.

最後に,ゴキブリマニアの方々にもお会いでき楽しかったです.

2017年06月12日

脱皮完了

Snake‘s molting is successful

P6100053.JPG

昨日無事脱皮.

P6100055.JPG

今回は,鱗一枚も残さず綺麗にむけていました.

2017年06月09日

ワモンゴキブリの変異個体

Mutant in Periplaneta americana

P5240118.JPG

2012年にも同じ系統から,前胸背板の黒化タイプ固定を試みた記録があるが,何かの原因で処分してしまった.
理由は全く記憶に無いため,再度挑戦する.

P5240116.JPG

黒くてメスで完品を探していると,眼が白濁している個体発見.
よくわからないが,ついでにこいつも隔離する.

この系統,変な個体が良く出る.

2017年06月08日

昆虫スナック

Insect snacks

konnrytuu%20%283%29.JPG

麻布大学のTら先生からタイの土産をもらいました.

konnrytuu%20%285%29.JPG

konnrytuu%20%284%29.JPG

原料はタイ語で書いてあるので詳細はわかりませんが,パッケージの写真からコオロギと鱗翅目の蛹だとわかります.

konnrytuu%20%282%29.JPG

konnrytuu%20%281%29.JPG

中身.
両方ともに,油で揚げてあるので食感はサクサク.
川エビの唐揚げのように中身がある感じはしない.
まあ,蛹など中身を感じるのもなんか想像しがたいが.

味に関しては,コオロギは普通のサクサクスナック系と同等.
普通に食べられるが,蛹は独特の後味が残る.
おそらく,通は蛹を好むのかもしれない.
しかし,素人の私はコオロギで十分だ.

日本にも蜂の仔など昆虫食文化はがあるが,佃煮や瓶詰めが多く,高額で買う気にならない.
こういった手軽なお菓子があると土産としても買ってみようかと思うのだが.

2017年06月07日

シマヘビの糞

Elaphe quadrivirgata feces

P6030026.JPG

ボールパイソンと同様,容器内にする糞.
何でわざわざこんな場所に.
何か不満でもあるのか.

2017年06月06日

クロゴキブリ成虫初見

First seeing of the adult Periplaneta fuliginosa

P6050034.JPG

ネズミ飼育室にて♂成虫発見.

P6050038.JPG

室外に設置しているトラップにはまだ捕まらない.

2017年06月05日

脱皮間近

Snake molting is near

P6050030.JPG

P6050032.JPG

先々週急に餌食いが良くなったかと思ったら,先週パタリと食いが止まった.

やはり脱皮だった.

P6050033.JPG

今週中には脱皮しそうだ.

2017年06月02日

Paranauphoeta basalis

Paranauphoeta basalis

P5060038.JPG

P5060039.JPG

手狭になったため,中プラケに移設.

P5060040.JPG

P5060042.JPG

ついでに野菜があるのでリンゴとニンジンとキャベツを投入.

今のところ,変な癖は無い様だが,累代が進むと突然崩れるので今後は2ケージに分けた方が良いかもしれない.

2017年06月01日

単為生殖ワモンゴキブリF9卵鞘

Parthenogenetic Periplaneta americana F9 ootheca

P5140007.JPG

ついに誕生,孵化するか?
ちょっと色が薄いのが心配.

2017年05月30日

ハカラメ満開

Kalanchoe pinnata in full bloom

P5270011.JPG

P5270013.JPG

ついに満開です.
綺麗ですね.
昨年は,ここまで咲かずに枯れました.
今年の冬はいくぶん暖かかったのでしょうか.
よく考えると,東京内の地植え(鉢植え)で越冬できるなら,そのうちハカラメ畑ができるのではないでしょうか.
ネットで検索するとあまりヒットしないのが不思議です.

2017年05月29日

5月末のカベアナタカラダニ

Last may of Balaustium murorum

今年もヤマトシロアリの幼虫を捕獲し損ねました.
タイミングが悪く,影すら見る事ができませんでした.

P5270006.JPG

いるのはタカラダニ.

P5270004.JPG

P5270009.JPG

何か食べているのか,静止する時間が長い個体がちらほら見受けられ,撮影しやすかったです.

今年はいつ頃消えていくでしょうか.
忘れなければ見守っていきたいと思います.

2017年05月26日

マダゴキのダニ駆除今度こそ完了

The extermination of the tick which was parasitic on Gromphadorhina oblongonota is completed this time

P4290025.JPG

P4290026.JPG

昨年の8月に諸齢幼虫だけ隔離したダニ除去作業.

今日に至るまで,数回寄生チェックをしてきた.
その間に1回だけダニを発見し,だめかと思ったが昨日確認し,発生は見られなかった.
このケージは完了したと見てよさそうだ.

P4290028.JPG

掃除をして完了.
約1年かかったが,継続は力なり.

次は,例の手に登る小型のダニの根絶宣言を予定している.

2017年05月25日

モリチャバネゴキブリ成虫と幼虫

Blattella nipponica adult and larvae

P5240103.JPG

ちょうど仲良く並んで収まりました.

これは,横須賀産.
先日の隠岐産は結局,全滅してました.
幼虫も脱皮せず,幼虫のまま全て死亡.
もちろん成虫も.
まるで,時限装置が作動したかのような死に方です.
原因は不明.

でも,たまに起こります.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.