ゴキブログ

ゴキブログ一覧

2011 .3.31

シナゴキブリ 翅

カテゴリー:シナゴキブリ

sinakeitai-5.jpg
昨日に続き翅.
sinakeitai-6.jpg
前翅.
sinakeitai-7.jpg
後翅.
複雑な斑が入る.

詳細はこちら

2011 .3.30

シナゴキブリ 頭部

カテゴリー:シナゴキブリ

sinakeitai-1.jpg
シナゴキブリ Eupolyphaga sinensis ♂
sinakeitai-2.jpg
前胸背拡大.
いわゆるゴキブリらしい頭部背面.
拡大して分かった事だが,意外と毛深い.
写真から確認できるだけで,頭頂,前胸全体,翅付け根全てに毛が密生している.
sinakeitai-3.jpg
頭部前面.
通常ゴキブリの単眼点は小さく,頭部表面の内側に白く存在するが,これは眼のように飛び出して付いている.
口器周りなどゴキブリというよりトンボに似ていると思う.
(トンボを余し知らない人の感想です).

詳細はこちら

2011 .3.29

ネズミの手ぬぐい

カテゴリー:ネズミ

机を整理していたら出てきた.
nezumitaorui.jpg
薬剤メーカーのバイエルは,毎年の干支を手ぬぐいにデザインして年賀で配っている.
これは鼠年の手ぬぐい.
鼠関係なので大事に保管していたもの.
nezumitaorui-1.jpg
絵からするとクマネズミのようだ.
私がどのネズミかというと,多分酒を飲んでいるかたわれでしょう.

詳細はこちら

2011 .3.28

ヤエヤママダラゴキブリ 飼育

カテゴリー:ゴキブリの飼育方法

日本産3種
外国産3種を飼育した中で,水に対して最も依存性が高いと思われる.
yaemada.jpg
餌は固型飼料.
落ち葉.
たまに昆虫ゼリー・ニンジンを与えているが,別に必須ではないと思う.
yaemada-1.jpg
いつ見ても何匹かは水中に没している.
卵胎生で幼虫は腐葉土ケースの中に潜り込んでいる.
成虫はシェルター外部にいることが多い.

詳細はこちら

2011 .3.25

タイ産マダラゴキブリ属かな・・.

カテゴリー:不明種

シニマネカレハゴキブリ.
sinima-1.jpg
♂はマダラゴキブリ系の落ち葉形態.
♀は翅が生えず,幼虫と思えてしまう.
なんとなく殖えていたと思ったが,3匹しかいなかった.
sinima.jpg
その♀が仔を産んだ.
卵胎生である.
ミズゴケ間に見える白いのが生まれたばかりの幼虫.
大きな個体が♀成虫.
国内の種に限らず,マダラゴキブリ系(見た目判断)は繁殖にむらがある.

詳細はこちら

2011 .3.24

餌としてのユーカリ

カテゴリー:ヨロイモグラゴキブリ

普段は葉だけを与えていたが,葉を集める時になんとなく拾ってきた皮が残っていたので,捨てる前に食べるか与えてみた.
kjiowerjk.jpg
食べてますね.
齧ってます.
kjiowerjk-1.jpg
はたして,これが別の樹皮(例えば白樺・杉・クヌギ)でも食べるのか.
在庫がないので試す事はできないが,ユーカリゆかりの物であれば何でも食べそうである.

詳細はこちら

2011 .3.23

Archiblatta hoevenii インブリ

カテゴリー:ジャイアントローチ Archiblatta hoevenii

F2にて滅びるのか.
全くまともの卵を産まなくなった.
damama-2.jpg
形が短かったり,潰れていたり.
色が薄かったり(白色系).
インブリはダメなのでしょうか.
カマキリ,タランチュラ類はダメと聞いていますが.
ゴキブリではたして起こるのか.
分かりません.
どなたか他系統飼育の方,トレードしませんか.

詳細はこちら

2011 .3.22

Aeluropoda insignis脱皮後

カテゴリー:マダガスカルゴキブリ Aeluropoda insignis

コモンネームは「フラットヒッシングコックローチ」.
云われてみればその通り.
本種は1属1種しか発見されていない.
B%26W.jpg
脱皮後の色付き始める時期.

詳細はこちら

2011 .3.18

マルゴキブリの親子

カテゴリー:マルゴキブリ

madnuasfh.jpg
なんとなく殖えてきた.
少し育った幼虫と♂成虫.
各ステージがそろってくると,維持が楽になると思う.
2,3齢幼虫だと思うが,通常は乾燥した場所を好むようで,乾いた木片隙間に入っているが,下の写真のように,ミズゴケの中にもぐりこむ個体もおり,どういった環境を好むのかいまだ良く分からない.
madnuasfh-1.jpg

詳細はこちら

2011 .3.17

ゴキブリのはなし

カテゴリー:参考書

hohoonn-6.jpg
ゴキブリのはなし
安富和男編著
技報堂出版
1800円+税
11人のゴキブリ専門家が章ごとに担当した作品.
現在発売されている本は,見た目は新しいが「ゴキブリ3億年のひみつ」より2年前に出版されている.
国内種や外国種,ゴキブリ通になれる本.
hohoonn-7.jpg
裏.
所々で頭や腹端を見せている黒いゴキブリは,やはりクロゴキだろう.

詳細はこちら

2011 .3.16

オガサワラゴキブリ ♂成虫羽化

カテゴリー:オガサワラゴキブリ

ogakofkf.jpg
オガサワラゴキブリ♂成虫羽化直後.
見慣れた雌と違い,身体はほっそりと翅が長い.

詳細はこちら

2011 .3.16

オガサワラゴキブリ ♂成虫羽化

カテゴリー:オガサワラゴキブリ

ogakofkf.jpg
オガサワラゴキブリ♂成虫羽化直後.
見慣れた雌と違い,身体はほっそりと翅が長い.

詳細はこちら

2011 .3.15

ハエのおもちゃ

カテゴリー:

haeomo-2.jpg
害虫好きのT澤所長からもらいました.
黒のボディーに眼だけ雑に赤茶に塗っているだけですが,リアルな出来です.
錦糸町界隈で購入したそうですが,ネットで調べると3個入りで500円から100円と結構売られている.
最近の商品でしょう.
haeomo-1.jpg
裏面もハエおもちゃの割には細かな作りとなっている.
種としてはクロバエに近いと思われる.
haeomo.jpg
もう一種持っているが,出来栄えはこちらの方が断然良い.
昨晩は,いろいろやる事があり会社に泊まりました.
職場にはテレビが無く,有っても見ている時間も無く,本日,メールにていろいろ知らされました.
皆様,一番大変な時と思います.
頑張りましょう.

詳細はこちら

2011 .3.14

チャオビゴキブリ産卵場所

カテゴリー:チャオビゴキブリ

ゴキブリが産卵する場所は一般的に物陰など見つかりにくい場所に行なう.
tyamojf-1.jpg
チャオビゴキブリもシェルター内に産んでいるのだが.
これでは自分が潜む場所がなくなっている.
tyamojf.jpg
新しいシェルターはこのようにまだ潜むスペースがある.
シェルター内に卵を産み付け易い種は,他にもワモンゴキブリ・フタテンコバネゴキブリなどがあるが,これほど詰まらせるのは,今のところ本種だけ.
現場ではどうかというと,意外と露出した場所にボンドで張ったように1個単位で産下されているのを見る.

詳細はこちら

2011 .3.11

お見舞い申し上げます

カテゴリー:その他

さいたま新都心で地震にあいました.
2時間30分歩き何とか帰宅できましたが,すごい状態です.
皆様,大丈夫ですか?
こちらの飼育ルームは何とか無事との情報を得ましたが,見るまで心配です.

詳細はこちら

2011 .3.10

チャオビゴキブリ飼育

カテゴリー:ゴキブリの飼育方法

日本国内における本種の分布は,今のところ小笠原に限定されている.
tooooooooe-i.jpg
飼育自体はチャバネゴキブリと変わらない.
なぜ分布が広がらないのか.
今のところ良く分からない.

詳細はこちら

2011 .3.9

ウルシゴキブリ中齢幼虫

カテゴリー:ウルシゴキブリ

成虫は地味な外見であるが,幼虫は意外とカラフル.
urusiituu.jpg
背面に前胸よりオレンジ色の斑が入る.
urusiituu-1.jpg
他のPeriplaneta属に比べ意外と印象に薄く,ケージのラベルを見ずに幼虫だけ見ると,種名が浮いてこない.

詳細はこちら

2011 .3.8

手乗りクマネズミ

カテゴリー:ネズミ

クマネズミは,ラットやマウスと違い,実験動物として固定できていない.
なぜ出来ないかと云うと,生まれ持った臆病さからくる逃走技術にある.
少し驚かすと,子供の頃より毎日ハンドリングした個体も,脱兎のごとくいなくなる.
また,狭所での繁殖が難しい事.
たまにハムスターを飼育する様な狭いケージで交尾・産仔までする個体もいるが,人の気配を感じると,食ってしまったり,育児放棄したりする.
また,今となってラットやマウスで事足りている事もあると思う.
そんな中,まれに,触られても動じない個体が存在する.
tenoerho-2.jpg
体重は100g越えており,立派な成獣.
しかも,ハンドリング等の慣らしは全くしていない.
名前こそ付けていないが,おとなしい.だからかわいい.
他の同腹の個体は,手で持とう物なら当然噛み付いてくる.
tenoerho-1.jpg
手の上では居心地悪そうにして入るが,こんな感じ.
ksjdo.jpg
首を掴んでも無抵抗.されるがまま.
ksjdo-1.jpg
どんな状態かと言うと,こんな感じ.
これを固定していけば,たぶんラットのようにおとなしい個体ができると思われる.

詳細はこちら

2011 .3.7

Hemithyrsocera histrio 交尾

カテゴリー:Hemithyrsocera histrio

kokg.jpg
色褪せた♀とフレッシュな♂との組み合わせ.
ゴキブリは,一度受精してもその後数回に渡り交尾を行なう.
受精嚢の構造から考えると,古い精子は奥へ追いやられ,新しい精子が使用されると思われる.

詳細はこちら

2011 .3.4

ヤエヤマサソリ 多頭飼育

カテゴリー:多足類

餌さえ十分に与えておけば,ゴキブリに近い感じで複数狭いケースで飼育できる.
yayeyhdb.jpg
親と同居の仔.
yayeyhdb-1.jpg
仔だらけ.
日本国内に棲息するマダラサソリと飼育感を比較すると,ヤエヤマサソリはグリーンバナナ,マダラサソリはマダラゴキブリ類の感じ.
違いがわかります?

詳細はこちら

2011 .3.3

ビートルローチ飼育

カテゴリー:ゴキブリの飼育方法

RIMG0231.jpg
餌は草食系げっ歯類の固型飼料を与えている.
飼育ケージ内が干草の臭いがする.
水と餌とシェルターだけでたくましく殖えている.

詳細はこちら

2011 .3.2

トコジラミ 卵

カテゴリー:

tokoatam-1.jpg
現在,PCO業界で話題となっている「トコジラミ」の卵.
当社でも話題の昆虫であります.
tokoatam.jpg
拡大.
産卵後約24時間の卵.
1mm程の大きさで,いかにもカメムシといった形をしている.
現在,様々な場所で繁殖・増殖しており,近いうちに皆さんの家庭にも侵入すると言われている.
気を付けて下さい.
私も,会社で飼育(自宅で趣味で飼育している人はいないと思うが)しているので,家に持ち帰らないよう,万全の注意をしている.

詳細はこちら

2011 .3.1

Lucihormetica verrucosa色変化

カテゴリー:Lucihormetica verrucosa

前胸背板にある「目玉」に見える箇所の色が違う個体がいる.
iyoju.jpg
オレンジ色をしている.
iyoju-1.jpg
下の個体はノーマル.
上の個体がオレンジ.
この違いはどこからくるのか.
年齢によっても違うのかもしれない.
単純に比較すると,オレンジの個体は翅の色も黒色が強く出る傾向にあるようにみえる.

詳細はこちら

archive-blog