ゴキブログ

ゴキブログ一覧

2020 .6.30

ヒメクロゴキブリとTV

カテゴリー:TVヒメクロゴキブリ

Chorisoneura nigra and TV

ヒメクロゴキブリ意外と順調に推移しています.


これは,拡張したケース.



この世代の幼虫が来年まで加齢せずに行くか,幼虫が成虫になりその子が出るか.
または,飼育慣れして通年繁殖できるようになるか.
今年がまた一つの山となるだろう.

それと,本日「なないろ日和」出演しました.
お題は「ダニ」
まだ録画を見ていないので写真は無し.


本番前,メイクまでした頂き,控室までありました.
メイクは香坂さんの隣でしてもらいました.
ちょっとうれし.
タレントでーす.

詳細はこちら

2020 .6.29

サソリの味

カテゴリー:

Scorpion taste

新大久保のI口さんから,昆虫食品をたくさんいただきました.


左からカブトムシ,サソリ,ケラ.
一度に食べるのはもったいないので,今回は一番高価そうな中央のサソリから頂きます.


まずは,パッケージの観察.
クリアーの丈夫なケースに入り高級感満載.


ラベルも結構詳しく学名まで書いてある
種名:Mesobuthus martensii 2匹入り
タイ製
内容量:1.5g



胴部は3匹入ってい後腹部が1匹分.
まあいっか.


一応重量も測りました.
ムムムムム.
Made in Thailand.

肝心の味は,コオロギと違いが分からなかった(結構味音痴なので感覚的な事は聞き流してもらいたい).
しかし,この経験は大きなことで,サソリとコオロギの味に関しての話題に入れるようになった.
I口さんありがとうございます.
次回はカブトムシをレポートします.

詳細はこちら

2020 .6.26

Elliptorhina davidiの病気

カテゴリー:Elliptorhina davidiゴキブリの病気

Disease of a Elliptorhina davidi


Elliptorhina davidiの♀成虫.
膨れ上がっている.


死亡して腐敗していると思い,出したがまだ動くので生きてはいるようだ.


もしかして,幼虫が中に入っている可能性もあるので,腹部をしごいたら体液が少し出てしぼんでしまった.
中には卵鞘も無し.
ガスがたまっていたようだ.
一つの症例でした.

詳細はこちら

2020 .6.25

ヘビなど

カテゴリー:爬虫類

Snake etc



シロマダラ脱皮.
いつもの脱ぎ方.


体長は55cm,

最近,学校の講義資料を作っているのだが,ヘビのピット器官の絵が必要になり撮影した.
調べてみると,ピットも持っているヘビはニシキヘビ科,クサリヘビ科マムシ亜科.


身近にいたのはボールパイソン.
黄矢印がそれ.


そしてニホンマムシ.
白は鼻の穴.
この器官は,赤外線を見る事が出来るため,夜で真っ暗でも周囲よりも高い温度のもの,すなわち鳥やネズミなどの餌を見つけることが出来る優れものです.
プレデターと同じです.
ヘビからは我々人間がどのように見えているのでしょうか?
生き物ってすごいといつも驚かされます.

詳細はこちら

2020 .6.24

スズキゴキブリ羽化

カテゴリー:スズキゴキブリ

Emergence of a Periplaneta suzukii ♂


羽化開始寸前,というよりすでに開始している.


開始から7分後(以下同様).


24分で抜けきり.


46分後.


70分後.


100分後.
羽が伸びるまでが時間かかりますね.
動けるようになれば,危険から逃げることもできるので,脱ぐまでが早い.
そのあと,ゆっくり翅伸ばしますよ.とのことのようだ.


側には間もなく羽化の♂幼虫が控えている.
これからが累代の本番.

詳細はこちら

2020 .6.23

ナミアゲハの蛹

カテゴリー:

Swallowtail butterfly pupa



やはり寄生されていた.
発見できた蛹2個中2個.
100%です.
こう考えると,空を飛んでいる成虫は,種類を問わずスゴイ奴なんだとつくづく思う.


その側には新芽に産み付けられた新しい卵が.
種類を検索したが,回収して顕微鏡観察が必要そうなので孵化するまで待つ.
ナミアゲハの可能性が高いと思うが・・.

詳細はこちら

2020 .6.22

ワモンゴキブリの全長記録更新?

カテゴリー:ワモンゴキブリ

A new record for the American cockroach length?

ワモンゴキブリの飼育方法を,半年前ほど前から3密はやめて2.5密くらいにして飼育しているのだが,今回床換えしていて「ん!」と思う個体がいたので体長を計測してみた.


左は福岡県F市産,右は宮崎県M市産.



ノギスで計測.
福岡県:体長(頭長—翅端)42.5mm.翅長34.5mm
宮崎県:体長(頭長—翅端)42.5mm.翅長35mm
前回沖縄県:体長(頭長—翅端)42.5mm.翅長36mm
残念ながら両方とも体長は前回の沖縄産とタイ記録.
翅長は及ばず.
野外産強し.
沖縄産の勝利.

意外とこの辺が限界なのだろうか?

詳細はこちら

2020 .6.19

ペルビアン床換え

カテゴリー:多足類

Cleaning of the Scolopendra gigantea breeding container

脱皮後に,ケースの中で胴部に張りがなく「ぬべー」と伸びていたことがあった.
ついに来たか!と思ったがその後餌も食べ普通に活動している.

しかし,こんなに大きな体で狭い容器に入れて置くのは健康にいいはずがない.
特大プラケを改造して,コバエ類やダニが入らないように一応出来る限りの工夫をして蓋を改造した.


左がノーマル.
紙を挟むだけなら楽なのだが,操作性を考え上の蓋は空くようにした.
トリカルネットはホットメルで固定.
紙はボンドで固定した.


開口部は隙間が出来やすいので,両面テープと防虫紙を貼り付けた.


右が引っ越し先のレイアウト.
隠れる部分も大きく作った.


引っ越し前.


途中を記録しようと思ったが全く余裕なし.
あっという間に無事大暴れすることなく新ケージのシェルターに潜り込んでくれた.


前入っていたケージの土にはシロワラジとトビムシが共生していて,餌の食いカスなど綺麗に片付けていてくれている.
ダニも発生無し.
この土の一部は新しいケースに移し,同様の環境を早く整えてもらう.


出てきた脱皮殻の一部.
顎.
でかいです.


国産ムカデと比べるとこんな感じ.

詳細はこちら

2020 .6.18

不人気種?その3

カテゴリー:Eurycotis sp.( Saint Martin)

Unpopular species? Part 3


Eurycotis sp. Saint Martin
そろそろ誰か記載しているかと思って探したが見つからなかった.
Eurycotis属は丈夫なので本種も最初は希少性があったが,メジャーな種になった.
(と言いつつ,E. opacaは滅ぼしたが)
しかし,不人気種1,2より色合いは綺麗ですね.
なぜこれが,ゴキブリと聞くと嫌われるのかさっぱりわかりません.

詳細はこちら

2020 .6.17

不人気種?その2

カテゴリー:マデイラゴキブリ Rhypharobia maderae

Unpopular species? Part 2

Rhyparobia maderae (Fabricius, 1781)
コモンネーム Madeira cockroach; drummer
そういえば,昔はドラマーコックローチとか言っていた気がするが,今ネットで調べたら上位には出てこないですね.
国外では害虫として扱われています.
本ブログの初期のページに少し詳しく書いてあります.
現在,ゴールド系統がノーマルと分けて販売されていますが,普通種を飼育していると2色出てきます.


ゴールド.


ノーマル.

そういえば(その2)以前,そっくりな種を別種として取引されていた種を貰ったので見てみましたが,違いが判らなかったことありました.

詳細はこちら

2020 .6.16

不人気種?その1

カテゴリー:アルゼンチンフォレストローチ

Unpopular species? Part 1

Blaptica dubia
コモンネームは Guyana spotted roach
アルゼンチンフォレストローチ
アルゼンチンモリゴキブリ
デュビア
いろいろ言われている.

不人気なのか,人気なのか.ネットで検索したらAmazonでも販売していた.
それに結構いろんなところで大量に出回っていることが分かった.
ペットローチとしては不人気だが,他の目的では人気なのかもしれない.
こちらでも,ほとんど気にかけない種になっており,多少水やエサを切らして放置しても,びくともしない.




♂成虫.



♀成虫.
テーブルに乗せると逃げ出すので手の平で押さえて暗くして,そ~と手をどけるとこのように動かないでいる.
すかさず撮影.
中々いいゴキブリですね.

詳細はこちら

2020 .6.15

シロアリブリッジ建設

カテゴリー:シロアリ

Termite bridge construction


給水タワーから蟻道が伸び始めた(上空より).



翌日.
少し伸びて容器壁面につながる.



その翌日.
何とか頑張っている.
このままいけば地上と繋がるかもしれない.



更にその翌日.
落ちた.
橋を渡した受け側が木であったならうまく繋がっただろう.
落ちた瞬間,シロアリたちは何を思っただろう.
樹脂ではさすがに滑りすぎ,無理であった.

詳細はこちら

2020 .6.12

イエゴキブリ

カテゴリー:イエゴキブリ

Neostylopyga rhombifolia


体調を崩している系統とは別です.
同じえさ,同じ環境で飼育しているのに,こちらはガンガン増えてます.
全くの健全集団.

いつもこれを放置して,大変なことになるのですが,間引きする加減が分からないです.
まじめに調べれば面白いと思うのですが,なかなか・・・.
幼虫が死亡し始めた時点ですでに手遅れ.
気を付けましょう.

詳細はこちら

2020 .6.11

寄生蜂の正体

カテゴリー:イエゴキブリ

The identity of the parasitic wasp


蛹に寄生蜂の確認をした後,翌日も寄生蜂が付いていたので撮影し,写真を見ていたら昨日の室内の寄生蜂に似ていることに気が付きました.


同じですね.

ちなみに,アゲハチョウに寄生する昆虫を調べていたら,アオムシコバチ以外にも,ブランコヤドリバエExorista japonica, クワゴヤドリバエE. sorbillans , カイコノウジバェBlepharipa zebina, アゲハヒメバチTrogus mactator, クロハラヒラタヒメバチCoccygomimus luctuosus,キアシブトコバチBrachymeria obscurata , Pediobius sp.の計7種も寄生していたと報告がありました(高木,1976).
すごい数ですね.
私も昔いろんな幼虫を飼育しましたが,ハチはまだ,まだ,少しは救われますが,ハエが出てきたときは(確かウジが出る?幼虫からだっけな)ぞっとした記憶があります.
結局ここにいた幼虫は,2個の蛹を残しどこかに消えました.
1匹でも無事羽化するといいですが.

引用文献
高木正見(1976)アゲハの蛹寄生蜂としてのアオムシコバチの生態. 日本応用動物昆虫学会誌, 20(3), 157-163.

詳細はこちら

2020 .6.10

脱皮2つ

カテゴリー:クモ類爬虫類

Two molts


Brachypelma smithi
T中氏から幼体で頂いて12年目となります.
懐かしいですね.
一体いつまで脱皮するのでしょうか.




それと先日の黄色いシマヘビが脱皮.
体長は60㎝ちょうど.
出すと放尿し,多くはないが咬む.
まだ全然慣れないですね.

詳細はこちら

2020 .6.9

ウルシゴキブリ

カテゴリー:ウルシゴキブリ

Periplaneta japanna of Kumeshima Island

本種の飼育に関しては特別注意はないが,このケースでおかしな状態になっていた.
記憶では,いつも通りの管理を続けていたのだが,今日見るといつもワサワサいるのに動きがない.


幼虫も死骸が転がっている.


Eurycotis opaca,イエゴキブリなどの滅んだケースでいつもチャタテが気になっていた.
しかし,現在大丈夫なEurycotis decipiensもチャタテが多いのは了解している.
チャタテが生体に影響ないはずなのだが,今回もチャタテが目立つ.



そんなことで,早めに手を打つ.
古いシェルターを使うケースと,新しいシェルターにして少数の幼虫を入れたケース.
そして,卵鞘の別保管.

取り越し苦労に終わればよいが.

詳細はこちら

2020 .6.8

飼育室に出るコバエ

カテゴリー:

Small flies in the breeding room

捕虫器2台.
発生しやすい場所の管理.
一応侵入対策に窓は開けないようにしているが,入る?発生している?


窓辺は,室内にいる昆虫類の発見場所にもなる.

ここに,なぜかコバエがかなりの頻度で飛んでいる.
当然,捕虫器にも捕獲があり,さらに原因不明.




いつも,アルコールで麻痺させて除去しているが,集めてみました.


最近,双翅目の同定をしなくなった(出来なくなった?)のと,超忙しく専門外の事に割く時間がない(余裕がない?)ことから正確に同定はしないが,面白いことに左上段に寄生蜂がいる.
前からコバエの除去をしていて,あれ?と思っていたがやはり間違いない.
形態から見ると,以前クロゴキに発生した種とは違う.
この部屋ハエやその他の昆虫類もいるので別目的か?
一応,予想で中央はヒョウモンショウジョウバエ,その後方はノミバエ類,中央下はニセケバエ類,左右上下の黒大型はミギワバエかな?
この写真でわかる方いたら,ご教示ください.

ちなみにこの「コバエ類」の中で,「コバエ〇〇〇〇」的な商品に捕獲されるのは多分2匹だけです.
コバエって一言で言っても,簡単ではないです.

詳細はこちら

2020 .6.5

ナミアゲハ

カテゴリー:

Papilio Xuthus



期待もむなしくナミアゲハ.


よく見るとキンチョウの葉下に蛹.


寄生蜂らしきものがついてます.
拡大してみましたが,産卵しているようには見えません.
しかし,半数はやられるでしょうね.


このように,観察しやすい場所で蛹化してくれるとその後を追うのが楽でいいです.

詳細はこちら

2020 .6.4

ヘビ

カテゴリー:爬虫類

Snakes


シマヘビ幼蛇
写真で見てあまりに黄色いので送ってもらった.
昨年生まれた個体だろう.


今のところ咬んでくることはない.


全体をこうしてみると,普通の色になりそうな気配濃厚.

ついでにアオダイショウ.
こちらは絶好調.


こいつは体にまくとなぜか頭に居座る.

こんな感じ.
高いところが好きなのだろう.


も一つついでに,ボールパイソン脱皮.
最近は,脱皮不全もなく風呂に入れなくてよいので管理は楽.

詳細はこちら

2020 .6.3

シロアリドームの建築

カテゴリー:シロアリ

Termite dome architecture


日中にもかかわらず,大工事開始.



ケージの蓋を開けるると,職蟻はサーといなくなり,兵蟻は穴の入り口に陣取ってこちらを向いている.
大したものです.
兵蟻とはよくいったものです.


スタート.


翌日.


2日後.


3日後.
完成です.
お見事!

詳細はこちら

2020 .6.2

ホラアナゴキブリ

カテゴリー:ホラアナゴキブリ

Nocticola uenoi uenoi

最近は,マット交換することなく安定して飼育が出来ています.
家畜化されたのでしょうか.



これがゴキブリですから,不思議な感じがします.

詳細はこちら

2020 .6.1

ハワイシロアリ 羽アリ発生

カテゴリー:シロアリ

Winged ants occur


2010年より飼育しているハワイシロアリ羽アリです.
以前は定期的に有翅虫を出していたのですが,ここのところあまり記憶がなく,生きているやら不明でした.


今日は,幼虫まで出てきています.


しばらく飛ばした後,別ケージに分けました.


翌日,全ての個体が羽を落とし,木に潜り込んでいました.
新コロニーが出来ると良いのですが.

詳細はこちら