ゴキブログ

ゴキブログ一覧

2016 .1.29

マダラゴキブリのケース分け

カテゴリー:マダラゴキブリ,

Increase of the breeding cases of the Rhabdoblatta guttigera
fiou55-1.jpg
おかげさまで大増殖.
しかし,WF1.
このあとの世代が増えない事は良くわかっている.
そこで,二つに分ける.
fiou55-2.jpg
真ん中に元ケースを置き,両脇の2ヶに分ける.
fiou55-3.jpg
中は,水浴タッパー必須.
fiou55-4.jpg
水に浸かっている個体は,枝ごと移動.
fiou55-5.jpg
1齢幼虫もすべて拾う.
fiou55-6.jpg
fiou55-7.jpg
すべて移し終えて必要な器具を設置.
fiou55-8.jpg
最後,落ち葉を入れて完成.

詳細はこちら

2016 .1.28

桜木町の路上採集ワモン幼虫ペア羽化

カテゴリー:ワモンゴキブリ,

Larva 1pair of the Periplaneta americana collected on a street of Sakuragicho emerged
%3Bjklhj4-1.jpg
昨年,11月に採集された幼虫が羽化した.
これもK田君の採集個体.
ちゃんと雌雄1個体ずつ捕まえてくれる.
路上に落ちているワモン幼虫の雌雄くらいなら,彼は至極簡単に見分けられる
%3Bjklhj4-2.jpg
♂.
少し前に羽化.
バランスが取れた綺麗な個体.
触覚の伸びも申し分ない.
%3Bjklhj4-3.jpg
♀.
こちらはまだ真っ白.
体格がよく,立派な♀.
さあ,沢山卵鞘を産んでね.

詳細はこちら

2016 .1.27

オガサワラゴキブリ並んで飲水

カテゴリー:オガサワラゴキブリ,

Pycnoscelus indicus which line up and drink water
水を切らしていた.
RIMG145554.jpg
RIMG1456.jpg
給水し,例の橋を渡すと早速飲みに来ていたが,見事に整列した.
はじめて見た.
アフリカなどの野生動物の飲水を思い出した.
飲みに集まっているのは皆♂.

詳細はこちら

2016 .1.26

給水容器への橋渡し

カテゴリー:Paratemnopteryx couloniana,

Building to a water cup
Paratemnopteryx collonianaです.
本属は,ほとんどがオーストラリアに産しています.
オーストラリアの生き虫が国外に出るのは珍しいですが,本種はニュージーランドにもいる様なので,こうして外に出ているのでしょう.
RIMG1409.jpg
水容器の話ですが,私が使っているものは高さがあります.
小型幼虫が上りにくいことに気が付き,現在このような橋を入れております.
RIMG1410.jpg
結構評判良く,入れるとすぐにわたり始めます.

詳細はこちら

2016 .1.25

1月のハエトリ

カテゴリー:クモ類,

The Jumping spider which appeared in January
qwt25-2.jpg
たぶんアダンソン
この寒い時期に活動していた.
事務所内も,若干のネズミやゴキブリが飼育されているため,加温しているが,餌はいないと思う.
qwt25-1.jpg
逃げなければ,また餌をあげようと思ったが,元気に机の奥へ消えていった.

詳細はこちら

2016 .1.22

TOYBLATTODEA

カテゴリー:その他,

TOYBLATTODEA
%EF%BD%8A%EF%BD%88%EF%BD%8A%EF%BD%8B.jpg
集めてみました.
こうして見ると,グループごとに分類できそうな気がしてきた.
これだけなら検索表も簡単に出来そうだ.
こちらの写真.
全部のゴキは集合出来てないので,近々すべて集合させて,分類してみようかと思う.
ちなみに,おもちゃはラテン語でCrepundia と言うそうで,するとCREPUNDIABLATTODEA が適正のようですが,少し考えます.

詳細はこちら

2016 .1.21

トイレ虫

カテゴリー:その他,

Toilet Bug
5456%EF%BD%86%EF%BD%87%EF%BD%86%EF%BD%84%EF%BD%87-2.jpg
腹面に吸盤がついており,トイレの便器につけて驚かす.
確かに,開けてこいつが出てきたら驚くだろう.
5456%EF%BD%86%EF%BD%87%EF%BD%86%EF%BD%84%EF%BD%87-3.jpg
背面より.
このタイプは過去に見たことがあるので,探してみると磁石で貼り付ける物と良く似ている.
しかし,前胸背板の紋が無いので明らかに新種(違う型)だ.
その他にも,触角の長さ,体形等様々な箇所が違っている.
5456%EF%BD%86%EF%BD%87%EF%BD%86%EF%BD%84%EF%BD%87-4.jpg
腹面.
5456%EF%BD%86%EF%BD%87%EF%BD%86%EF%BD%84%EF%BD%87-5.jpg
頼りなさそうな吸盤がついているが,貼り付けて見ると,結構強力.
5456%EF%BD%86%EF%BD%87%EF%BD%86%EF%BD%84%EF%BD%87-1.jpg
これはいい.
ちなみに,こちらも娘にもらいました.
どこで買ったか聞き忘れました.

詳細はこちら

2016 .1.20

ヨツモンマメゾウムシの床換え

カテゴリー:虫,

Cleaning of the breeding case of the Callosobruchus maculatus.
47huki4-2.jpg
タイミングを逃すとこんな状態になる.
生き残っている虫体も30いない.
47huki4-3.jpg
生き虫だけ移す.
こうして,被害にあった小豆と新鮮なものを比べると,いかに重要な害虫であるか良くわかる.
47huki4-4.jpg
これだけいれば十分累代できる.

詳細はこちら

2016 .1.19

マダラゴキブリのF1幼虫

カテゴリー:マダラゴキブリ,

Larvae of the Rhabdoblatta guttigera
11lnj.jpg
F1幼虫は本当に丈夫ですね.
これがF2になると,こうならなくなる.
餌が問題なんでしょうが,難しいですね.

詳細はこちら

2016 .1.18

Elliptorhina davidi 胸部変形

カテゴリー:Elliptorhina davidi,

Chest deformation of the Elliptorhina davidi
RIMG1399.jpg
胸部がずれるのは始めて見た.
翅が生えない種だからこれまでだが,翅が生える種だったらどうなっていただろう.

詳細はこちら

2016 .1.15

Rhabdoblatta sp. 最後の1ペア

カテゴリー:Rhabdoblatta sp.,

One pair of the last of the Rhabdoblatta sp.

wwwwcw-2.jpg
タイ産の♂.
本種,たぶんマダラゴキブリ属.
wwwwcw-1.jpg
この1ペア残すのみ.
タイミングよく,両方とも成虫になったから良かった.
本種も乾燥等の管理不手際で,こんな状態.
国外の本属は丈夫ですが,やばい状況に変わりない.

詳細はこちら

2016 .1.14

シナゴキブリもダニ発生

カテゴリー:シナゴキブリ,

To a breeding case of the Eupolyphaga sinensis, a mite occurred.
まだまだダニの発生が見つかります.
RIMG1482.jpg
今度は,シナゴキブリ.
不幸か幸いか,前回の繁殖で失敗し,全滅を覚悟していたが,何とか生き残った.
この数だと卵鞘が2個ほど孵化したのだろう.
数が少ないと拾うのも簡単.
さらに,卵鞘が孵化していないので,初令幼虫もいない.
今の段階が拾うにはもってこい.
で,床敷き全交換実施.
ちょうど,産卵している個体もいるので,卵鞘も全数チェック.
RIMG1494.jpg
まず,10cm程の高さから机の上に落とし,詰まった音のするものだけ除く.
rrrtr-3.jpg
その次に,顕微鏡かで生きているか確認.
本当の生死はわからないが,ダメなものはこのように接合線が壊れている.
rrrtr-1.jpg
バラスとこのようにダニがいる.
写真に写っているのは,今回の徘徊性ダニではなく,たまに大発生して体表に付着するタイプだと思うが,除けるものは除く.
最近,ダニの再発が少なくなってきているが,冬は繁殖力が弱まっていると思うので,最終的な根絶宣言は,5月頃になりそうだ.

詳細はこちら

2016 .1.14

シナゴキブリもダニ発生

カテゴリー:シナゴキブリ,

To a breeding case of the Eupolyphaga sinensis, a mite occurred.
まだまだダニの発生が見つかります.
RIMG1482.jpg
今度は,シナゴキブリ.
不幸か幸いか,前回の繁殖で失敗し,全滅を覚悟していたが,何とか生き残った.
この数だと卵鞘が2個ほど孵化したのだろう.
数が少ないと拾うのも簡単.
さらに,卵鞘が孵化していないので,初令幼虫もいない.
今の段階が拾うにはもってこい.
で,床敷き全交換実施.
ちょうど,産卵している個体もいるので,卵鞘も全数チェック.
RIMG1494.jpg
まず,10cm程の高さから机の上に落とし,詰まった音のするものだけ除く.
rrrtr-3.jpg
その次に,顕微鏡かで生きているか確認.
本当の生死はわからないが,ダメなものはこのように接合線が壊れている.
rrrtr-1.jpg
バラスとこのようにダニがいる.
写真に写っているのは,今回の徘徊性ダニではなく,たまに大発生して体表に付着するタイプだと思うが,除けるものは除く.
最近,ダニの再発が少なくなってきているが,冬は繁殖力が弱まっていると思うので,最終的な根絶宣言は,5月頃になりそうだ.

詳細はこちら

2016 .1.13

粘菌も活動開始

カテゴリー:その他,

Activity start of a slime mold
poopp-1.jpg
poopp-2.jpg
こいつは別に活動始めなくても良いのだが,この色あまりにも綺麗すぎる.
でも,後を考え写真だけとって拭き取り.
すぐに出て来るのだが・・.

詳細はこちら

2016 .1.12

ムカデ動き出す

カテゴリー:多足類,

Activity start of the centipede
RIMG1516.jpg
篭りから出たものの,活動しない.
室内は20℃を切らないはずだが,この程度では低いのかもしれない.
が,久しぶりに生きているのを確認.
餌もほとんど食べないから心配になるが,今のところ2匹とも生きている.
写真のサイズ,少し大きすぎたので少し戻します.

詳細はこちら

2016 .1.8

落ち葉の管理

カテゴリー:ゴキブリの飼育方法,

Killing insects of fallen leaves
dfgh-4.jpg
正月に採集してきた落ち葉の雑虫処理中.
大体1分くらいで熱々になる.
dfgh-3.jpg
dfgh-5.jpg
その後,通気口の開いた,ケースに入れ,室温の高い棚上で保存.
この量で,2年程度十分使える.
dfgh-1.jpg
こちらが採集した山.
dfgh-2.jpg
栗も落ちていたので,野鼠の餌様に採集.
久しぶりに山歩きをしましたが,楽しいですね.
dfgh-6.jpg
こちらはトチの実.
子供の頃,秋になると拾ってきて,穴を開け,中をくりぬき,トチ笛を作り遊びました.
こんな事を懐かしむようになるとは.
少し歳をとりすぎたかな.
今回,写真を大きくしてみました.
問題なければ,今後このサイズに変えます.

詳細はこちら

2016 .1.7

Pseudophoraspis sp.ダニ発生のため水洗

カテゴリー:ブロンズゴマダラゴキブリ,

It is carried out the extermination by washing with water for tick outbreak of the Pseudophoraspis sp.

RIMG1450.jpg
普通のゴキブリは,ここまで激しく洗うと麻痺したように動かなくなる個体がでる.
しかし.この種は「スッキリ!」といった感じで全く動じない.
RIMG1452.jpg
木片も熱湯殺虫.
RIMG1451.jpg
これでしばらく様子を見る.

詳細はこちら

2016 .1.6

Blaptica dubiaの孵化直前卵

カテゴリー:アルゼンチンフォレストローチ,

Egg just before the hatching of the Blaptica dubia
%E3%81%8F%E3%81%87%EF%BD%92%EF%BD%94-2.jpg
卵嚢排出直後の卵.
周りには1齢幼虫が走り回っていたが,まだ脱出できていない幼虫がいる.
%E3%81%8F%E3%81%87%EF%BD%92%EF%BD%94-1.jpg
別容器に移し,1日様子を見たが,結局孵化できた個体は無かった.
ここまで成長していても,ダメなんですね.

詳細はこちら

2016 .1.5

Archiblatta hoevenii成虫ケージの交換

カテゴリー:ジャイアントローチ Archiblatta hoevenii,

Cleaning of the breeding case of the Archiblatta hoevenii
RIMG1472.jpg
マット内が黄色いカビに侵されつつある.
これは,ケース横から中の様子.
RIMG1486.jpg
水容器の下.
どう見ても,卵鞘に悪そうだ.
卵鞘の孵化は,自然に任せようと思っていたが,交換することにした.
RIMG1484.jpg
シェルターを除き,成虫を移動させた後の状態.
RIMG1491.jpg
露出していた卵鞘(左).
埋め込まれていた卵鞘(右).
どちらも状態がかなり悪い.
成虫の数も,昨年の10/8ではこの容器に♀20,♂12いたのだが,この時点で♀17,♂9.
これを見るに,孵化しそうな卵鞘などひとつも無い.
これはもしかすると,累代がストップするかもしれない.
油断大敵である.
原因はやはり餌の可能性が高いと思う.
キノコ以外にも,必須栄養源が何かあるかもしれない.
RIMG1492.jpg
望みは捨てずに別容器に保管して,観察します.

詳細はこちら

2016 .1.4

腹背板の乱れ

カテゴリー:マダガスカルゴキブリ Gromphadorhina oblongonata,

Deformed ventral abdominal segments of male of a Gromphadorhina oblongonota
jdfpgjsdf-1.jpg
ゴキブリはこのような腹板の変形が良く観察される.
jdfpgjsdf-2.jpg
普通は1箇所程度が融合されたりしているが,この個体は3箇所入り乱れている.
1箇所だけだと,外見上目立つが,複数個所で発生すると,特別違和感も無い.
jdfpgjsdf-3.jpg
背板がこれだけ乱れても,腹面は正常.
他の昆虫でもこういった現象が起きているのでしょうか.
小さな昆虫や,翅がある昆虫は見過ごされ易そうですね.
いずれにせよ,成長や交配には影響無さそうである.
どうでも良いといえばどうでも良い腹板の話でした.
さあ,新年もスタートして4日がたちました.
今年も,ゴキブリ・ネズミに関する論文をいくつか世に出したいと思います.
また,少し野外に出ようと思います(運動不足を実感している).
皆様の情報等お待ちしています.
そこで,今週末にK田君と久しぶりのゴキブリ採集に行く予定です.
成果があれば,結果は後日お知らせします.

詳細はこちら

2016 .1.1

2016年 明けましておめでとうございます

カテゴリー:Eucorydia tokaraensis,

I wish you a Happy new year 2016
RIMG1840%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
RIMG1499%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
本年もよろしくお願いします.

詳細はこちら