ゴキブログ

ゴキブログ一覧

2020 .8.31

雑事8

カテゴリー:シロアリ, 多足類, 爬虫類,

Little things 8


シロアリ給水容器内で蠢く線虫
シロアリに寄生していた線虫だろうか?
それとも土の中にいるのがたまったのだろうか?



拡大したがさっぱりわからん.
いてもどうにもならないのでこれで興味もなくなった.


シマヘビ脱皮.
今回で29回目.

152cm.
大きくなった.
最近,餌食いが悪く,脱皮間で若マウス5匹も食べない.
運動不足かと心配している.
しかし,事務所に放して運動させるわけにもいかず,考え中.


タマヤスデの旧容器から追加の回収実施.


まだ回収していない虫体が沢山残っていた.
もう2~3回,回収できるかも.

詳細はこちら

2020 .8.28

クロゴキブリの持ち方

カテゴリー:クロゴキブリ,

How to hold a Periplaneta fuliginosa


事務所で発見.
♂.
今年は昨年に比べて見かける機会が多い.
これだけ強く持っても全く元気なクロゴキ.
手加減すると逃げられるので,傷つけないように捕まえる時は,腹はダメ.
頭部から胸にかけては圧迫に強いのでこのように捕まえる.


よく見ると,すぐそばに糞が落ちている.

この感じだとこの個体1匹だけのようだが,これだけの糞が落ちていても気が付かないことに今更驚いた.
灯台下暗し.

詳細はこちら

2020 .8.27

Pseudoderopeltis sp.

カテゴリー:Pseudoderopeltis sp.,

Pseudoderopeltis sp.


若齢幼虫.
これにダニ侵入.


駆除中.


亜終齢か終齢幼虫.
腹面腹端部は大きな落差があり,そこにタップリの粘液を溜め込んでいる.
ケツから食おうものならもろねばねばが口にまとわりつき,一日中不快になりそうな量である.
だが,不思議とゴミは付着しないようで綺麗な状態を保っている.



だが,万が一ダニが付着しているとケージを綺麗にしても再発するので,一晩仮ケージに入れ汚れを落とし,本ケージにセットした.

詳細はこちら

2020 .8.26

スズメサシダニ

カテゴリー:ダニ類,

Dermanyssus hirundinis


ツバメの巣を解体中.
普段は手袋などしないのですが,皮膚に付くと見逃しが出そうなので装着.
巣によっては大量に寄生しています.


一仕事終え,テーブルを見ると数匹走り回っています.



あっちもこっちも.

おかげで,現在なぜか臀部中央がもっこり腫れていて,かくと気持ちがいい~.
状態です.
でも,かくと気持ちいいのもせいぜい1~2ヵ所ですね.

詳細はこちら

2020 .8.25

ヤエヤマツチゴキブリその後

カテゴリー:ヤエヤマツチゴキブリ,

After the Margattea ogatai.


2018年11月より飼育はじめ約2年.


つい先日のように思う,ブログで見るところの今年1月は沢山いたが,今日は数匹!
この浮き沈みは何だ.
減った理由は卵鞘が孵化していない.

まだ,数匹残っているので努力はするが,毎回この努力は実った試しなし.
さて,どうなるか?

と,この写真よく見ると白眼?
後で確認しよう.

詳細はこちら

2020 .8.24

クロゴキブリ死す

カテゴリー:クロゴキブリ,

Dead a Periplaneta fuliginosa.


久しぶりにこの建物でクロゴキブリを見た.



♂.
外は連日暑いので,よく乾燥している.
こうゆうシーンを見ると,夏の終わりを感じる.

詳細はこちら

2020 .8.21

雑事 7

カテゴリー:Therea olegrandjeani, リュウキュウクチキゴキブリ, 爬虫類, 虫,

Little things 7


Therea olegrandjeani
給水管理中.
♀はボリュウームがあり,体型的には♂より好きです.
腹端部がそそります.


リュウキュウクチキゴキブリの初齢幼虫
長い間飼っているが,初めて見たような気がする.
やはり小さい.


大久保のI口さんより,またまた頂いちゃいました.
クロスズメバチ.
子供のころ,母の兄弟がタバコの煙を巣に吹き込み,麻痺?させて素手で巣を採っていたのは今でも鮮明に覚えている.
あの頃は危険な昆虫という認識がなく側で見ていたが,今からい思うとよく刺されなかったと思う.
私の田舎ではジバチと呼び,夏になるとたまに八百屋で巣ごと売られていました.
今でも売っているのだろうか?


複眼がすごいですね.


例のアオダイショウに咬まれた咬み痕.
咬まれてから約5分後.
本当は出血したが,さすがにそれは使えないかなと思い,洗って撮影.
「チリ」とした痛みがある程度.
小さな歯が引っ掛かるので傷は沢山出来る.
こいつから咬まれたのは初めて.
まあ,たまには良しとしましょう.

詳細はこちら

2020 .8.20

ワモンゴキブリ羽化姿

カテゴリー:ワモンゴキブリ,

The hatching form of a Periplaneta americana



単為F11.
当然♀.



綺麗な色ですね.
見とれてしまいました.

2枚の写真.
同じポーズですが触角の位置に注目.
触角はたえずブンブンと動かし,自分の周りの状況把握をしています.
この範囲内に同種や葉など危害が加わらないものに対しては,ブンブンするだけですが,指入れるとすかさず逃げます.
違いが分かるアンテナなんですね.

詳細はこちら

2020 .8.19

Sundablatta sexpunctata

カテゴリー:Sundablatta sexpunctata,

Sundablatta sexpunctata


ダニがわいた.
本当に不思議で,これで終わったと思うと別の容器で大発生がはじまる.



最近の恒例で熱湯容器に床材を少しずつ移し,虫体だけ露出させ移動させる.
綺麗な種なのだが,


小さい.
まだ幼虫ですが,終齢に近いかと思います.


これでしばらく様子を観察.

詳細はこちら

2020 .8.18

オオモリゴキブリ

カテゴリー:オオモリゴキブリ,

Symploce gigas gigas


多分F3になる卵鞘

一卵鞘だけ孵化した幼虫が成虫になり産卵を開始しているが,見た感じでは♂がいない!
総数5匹程度なので少ししつこく探したが,やはり♂がいない.
本種は,毎度このあたりで消えていくので,半分あきらめたが,しつこく探したらいた!


卵鞘は他の個体も産んでおり,形や色も見た感じでは良い.
キチャバネが早々消えたので本種に期待できそうか.

詳細はこちら

2020 .8.17

タマヤスデ繁殖

カテゴリー:多足類,

Pill‐millipede breed



外国産のタマヤスデは増えたことないが,国内の種は増えてくれる.
以前,餌は生息地の腐葉土を使用するのが秘訣だと聞いたことがある.
メガボールなども,その地で飼育すれば普通に繁殖するのだろうか?
見てわかる通り,マットは糞で覆われている.
そろそろ交換しないと,毎度の事でいなくなりそうである.


とりあえず,落ち葉カスを振りかけ,近々交換することにします.

詳細はこちら

2020 .8.14

Eurycotis sp. Venezuela

カテゴリー:Eurycotis spp.,

Eurycotis sp. Venezuela


先日2ケージに分けた内の親ケースの掃除をした.



古いシェルターはすべてばらして生息状況を確認したが初齢,若齢幼虫0.


回収した虫体.
これだけ!
やばいな~.


とりあえず最高のおもてなしをしてこちらも再スタート.
子ケースは産卵が始まっているので孵化を期待するが,こうなる原因が全く分からないと対処の仕様がない.
抗生剤でも飲ますか・・・・.
・・やってみよ.

詳細はこちら

2020 .8.13

雑事6

カテゴリー:爬虫類, 虫,

Little things 6


アオスジアゲハの蛹.
本社の前のガードレールにて.
あまりにも目立つ場所で蛹化している.
取られなければよいが.
この辺りは街路樹にクスノキが多いのでたまに幼虫とかも見ることがある.


セグロシミ脱皮直後.
ふ頭の雑材の下で見つけました.
シミって屋内の乾燥した場所に好んで生息していると思ったのですが,屋外にいるんですね.
父島やドバイでは外で見たことあるのですが,温帯でもそうなのでしょうか.
産卵してくれると良いのですが.



シロマダラ脱皮.
殻の長さ48cm.
もう少し大きくなって,大型のヤモリを食べるようになってもらわないと.
餌のストックがなくなりそう.
そういえば,脱皮殻の長さと実際の体長って一致するのだろうか?
次回,計測してみます.

詳細はこちら

2020 .8.12

キチャバネゴキブリ残念

カテゴリー:キチャバネゴキブリ,

Symploce japonica disappointing result

最近姿を見ていないので,意を決して探した結果.

張り付いた平面.

土に埋もれていた腹部.


卵鞘.


全部で6個発見.
しかし,孵化は当然なし.
今年も頑張るぞ!

詳細はこちら

2020 .8.11

シロアリブリッジ再挑戦

カテゴリー:シロアリ,

Termite Bridge Re-Try


給水タワーから伸びているひょろ長い蟻道.
3本の枝があるのでとりあえず2本の側に割り箸を立ててみた.


翌日.
早々に完成.
しかし,左側は途中で崩れたのだろう,消滅していた.


上に伸びているのも気になったので,割り箸折ってホチキスでつなげて側まで伸ばした.



翌日.
やること早いですね.
しかし,なんで蟻道の先の空間に物が出来たのが分かるのだろう.

詳細はこちら

2020 .8.7

マダラゴキブリ類

カテゴリー:コマダラゴキブリ, マダラゴキブリ, ヤエヤママダラゴキブリ,

Rhabdoblatta spp.

ヤエヤママダラゴキブリ

ついに1匹になってしまいました.

ケースも中から小へ.
2年目にして累代終了.

コマダラゴキブリ

こちらも2年とちょっと.

汚いですが,まだまだいけそうな数がいます.

掃除しました.

マダラゴキブリ

こちらは1年半物.


こちらももう少し頑張れそう.

こまめな観察のその都度の管理が重要です.
少しでも手を抜くとヤエヤママダラのようになってしまうようです.

詳細はこちら

2020 .8.6

ニホンヤモリの良いところ

カテゴリー:爬虫類,

Good points of the Gekko japonicus



かなりの頻度で遭遇できるこの個体.


逃げ方もおっとりとしているので,扉を開けて外に出ても逃げずにその辺にいる.
なので,このように簡単に捕まえる事が出来る.



さらに,激しく逃げようとしない.
逃がそうとしても,手から離れない.
ホオグロヤモリなどは手を開いたら瞬時にいなくなるのに.

詳細はこちら

2020 .8.5

スズキゴキブリ卵鞘続き

カテゴリー:スズキゴキブリ,

Previous continuation of Periplaneta suzukii oothecae


早くもカビの発生や,潰れる卵鞘が出てきている.


カビや潰れのグループ


まだ何とか頑張れそうなグループ.
しかし,どう見ても他のPeriplanetaの卵鞘に比べると色が薄く,中の卵が発生しているようには見えない.


竜骨部からカビの生えた卵鞘を割っても全く発生していない.

交尾が出来ていない可能性もある.
次は,♀の受精嚢を調べることにする.

詳細はこちら

2020 .8.4

ヒメクロゴキブリ

カテゴリー:ヒメクロゴキブリ,

Chorisoneura nigra


まだ一度も床換えしていなかったので換えることにしました.


順調です.
餌も飼育開始時のままなので換えます.


固形飼料の裏に卵鞘がびっしり.


シェルターの裏にもびっしり.
これだけの卵鞘が孵化していたらもっと幼虫がいてもおかしくないのだが.
孵化率が悪いのか,初齢幼虫の生存率が低いのか.
うまくいくいっているようでそうではないかも.
まだまだ改良の余地ありです.


交換終了.
大きなシェルターは結局そのままに戻した.
小型種の飼育はいろんな面で難しいです.

詳細はこちら

2020 .8.3

ウルシゴキブリ経過

カテゴリー:ウルシゴキブリ,

Periplaneta japanna conditions



すぐれないですね.
色が死の世界のよう.


別に分けたシェルター内.
この状況になるとイエゴキブリにしろむずかしいのだが,若齢が残っており無事成長するのを待つしかない.

詳細はこちら

2020 .7.31

スズキゴキブリ卵鞘

カテゴリー:スズキゴキブリ,

Oothecas of the Periplaneta suzukii


これにもダニが出てしまいました.
絶対根絶するぞ!とケージ交換.

左は熱湯風呂.
長ピンでダニの付いたシェルターなどを風呂に入れて殺虫.

今では雌雄揃っているが,それでも雄は少なめ.

まだ幼虫も結構いる.
本種は尾肢にネバ液を蓄えており,妙に触るとそこに旧ケージのゴミを張り付けて移動するのでダニまで移しかねない.

別容器に一旦移し,目視で確認して少しずつ新ケージに戻す.

後は,旧ケージ内の卵鞘を拾う.

よさそうなものだけ集め.

ダニを調べ,ダメそうな卵鞘も振り分ける.


ダメ卵鞘の中身.
全然発生していない.

よさそうなものだけ,孵化しても分かり易いように手元で管理する.
しかし,全体的に卵鞘の鞘の厚みが薄い.
果たしてF1卵鞘がどんなだったか記録しておけばよかった.

詳細はこちら

2020 .7.30

雑事5

カテゴリー:Blaberus giganteus, マルゴキブリ, 植物,

Little things 5


マルゴキブリが産仔しました.
5年ぶりの復活ですね.
これで,Corydidarum属はC. magnificaを含めて2種.
両種も増え方が遅いです.


ヒマワリ.
一応品種はAmazonと呼ばれるもので,イギリスが発祥らしい.
「お化けヒマワリの種」で検索すると,いろいろすごいのが出てきます.
本品種もとんでもない大きさの花が咲くはずなのだが.

小さい.
蒔く時期を間違ったか,露地栽培でないとだめなのか?
あっ,これも仕事の一つです.


Blaberus giganteusにダニが出たので駆除.
分かりにくいですが,水洗してヤシガラに放り込んだ幼虫.
ついでに,個体数少なくして「giganteus」らしい個体を育ててみたいと思う.

詳細はこちら

2020 .7.29

オオモリゴキブリ

カテゴリー:オオモリゴキブリ,

Symploce gigas gigas


飼育初めて2年目.
卵鞘も見たところ正常.


まだ幼虫もいる.
さあF3出るでしょうか?

詳細はこちら

2020 .7.28

イエシロアリとニンジン

カテゴリー:シロアリ,

Termites and Carrots


ニンジンは常時用意して,ゴキブリに与えていたが,今回初めてイエシロアリに入れてみた.
イエシロアリは生木にも上ったり,パッションフルーツの株を加害したりする話は聞いたことがあったが,生野菜を食べることに関して発想がなかった.
ニンジンが余ったので,なんとなくイエシロアリに入れたらあらびっくり.

4日後.

中はスカスカ.

置いてから9日後.
すでにシロアリもいなくなるほど食べられている.
水の代わりに使えるのかもしれない.
ただし,皮や中にわずかに生部分が残っており,綺麗に乾燥するまでは少し時間がかかりそうなので,ここにクロバネキノコバエなどが誘引されたりすると厄介なことになりそう.

ただ,生野菜を食べることが分かったので,今後果実や他の野菜でも試したいと思う.

詳細はこちら

2020 .7.27

ワモンゴキブリ単為発生F12卵鞘

カテゴリー:ワモンゴキブリ,

Parthenogenetic F12 Periplaneta Americana ootheca


続いています.
ついにF12卵鞘が生まれました.


いい形の卵鞘です.
食わずに産み落としました.
良い親です.
良い悪いの表現も変ですが,悪い親はすぐ食べてしまいます.
早ければ40日後には幼虫が孵化するかもしれません.


卵鞘だけ切り取り,別容器で保管します.

詳細はこちら

2020 .7.22

Shelfordina terminalis 幼虫

カテゴリー:Shelfordina terminalis,

Shelfordina terminalis nymph


中齢幼虫


よく見ると前胸背面にトビムシが止まっている.
このトビムシも幼虫だと思います.
ゴキブリも細かなことは気にせず,みんな仲良く生活しているのですね.
とは言え,ダニはダメでしょうが.


本種は腹部先端が白くなります.
ゴキブリの幼虫ではあまり見ない配色ですが,進化の過程で有利な事があったのかもしれません.


たまたま脱皮直後の終齢幼虫.
この透明感.
見ていて飽きないです.

詳細はこちら

2020 .7.21

ツチゴキブリ幼虫

カテゴリー:ツチゴキブリ Margattea kumamotonis kumamotonis (Shiraki),

Margattea nimbata nymph


若齢幼虫


終齢幼虫

ゴキブリの幼虫時代は,単色で地味な体色が多いですが,チャバネゴキブリ科の幼虫は小さいですが本種のように細かな模様が出て種を調べるには役立ちます.
齢数によっても模様が変わるので,これを見ることにより齢数を調べることもできるはずです.

おまけ


ブラーミニメクラヘビを放飼したヤマトゴキブリ小プラケでシロアリ発見.
まだ生きていました.
ほじくるのはもう少し後にします.

詳細はこちら

2020 .7.20

ニホンヤモリ2020夏

カテゴリー:爬虫類,

Gecko 2020 Summer


今年もお会い出来ました.
♂ですね.


そっと表に出て確認.
昨年の個体だろうか?


昨年の10/9のブログと比較すると,大きさ,性別は一致している.
こうゆうときは指詰めなどすればよいのだが,ブログのためだけにそれはかわいそうだからしない.
ここでは最近♂しか見ない.
雌はいないのだろうか?

詳細はこちら

2020 .7.17

雑事4

カテゴリー:多足類, 爬虫類,

Little things 4


デロっとしたペルビアン.
一瞬死んでいるかと思ったが大丈夫だった.
心臓に悪い.


オオムカデの眼.
ある所の講義で使うために撮影.
単眼が4個.
中々近寄れないので必要に迫られないとこんな写真撮らないです.


アオダイショウ脱皮.
この個体がここにきて約1年が経過しました.その間の脱皮数は今回を入れて8回目.


カメラを構えると動きが止まる.
よくできたヘビです.

詳細はこちら

2020 .7.16

クロゴキブリの霧氷状態

カテゴリー:クロゴキブリ,

Periplaneta fuliginosa hoarfrost condition



クロゴキブリが久しぶりに出た.
2年前に飼育室のクロゴキブリを駆除してから生きたクロゴキブリはしばらく記憶がない.
本当に久しぶり.
写真を撮りいつもなら開放するのだが,この部屋は更衣室や寝床もあるので凍結スプレーで処理したのですが.







苦しんでいるゴキブリには申し訳ないが,一足先に冬が気なような綺麗な霧氷が発生.
額に入れて飾れるような美しさだ.

詳細はこちら