食品衛生監査室

コンサルティングと JFS-A/B 監査


株式会社シー・アイ・シーは食品安全マネジメント規格(JFS-A/B)の監査会社です。

食品安全サポート業務
(コンサルティング・監査・適合証明)

JFS-A / B /C とは?

一般財団法人食品安全マネジメント協会(Japan Food Safety Management Association)が運営する日本初の食品安全規格です。
JFS-A規格(一般的衛生管理中心)、JFS-B規格(HACCPの実施が付加)、JFS-C 規格(GFSI ベンチマーク承認済(セクター:EIV)、国際取引に使用が可能)3つの規格があります。
これらの規格はcodex HACCPも考慮されており、厚生労働省のHACCP制度化にも対応しています。

JFS規格

 

JFS規格導入のメリット

・HACCPの手順だけでなくマネジメントシステム(FSM)、適正製造規範(GMP)が含まれており、より現実的な危害管理ができます。

→HACCPのみでは表面的な管理になりがちですが、PDCAを回すための仕組みを作ることができます。

・継続的でより密度の高い取り組みができます。

・実質的に事故やクレームの防止になります。

・ISOやFSSCの要求事項を盛り込んだ内容にもかかわらず、監査費用が比較的安価です。
・JFSMの設立社、活用表明事業組織がJFS規格を活用しています。

→JFS規格を取得していれば、取引先の二者監査が軽減されるケースもあります。

・大手スーパーマーケットやコンビニエンスストアでは納入契約の必須要件としているところもあります。

・適合証明書(証書)が発行され、規定の範囲内でロゴマークの使用が可能になる他、JFSMのウェブサイトにも適合証明組織として掲載されます。

→信頼度の向上、知名度の向上に繋がります。

 

適合証明までの流れ(JFS-A/B )

  1. 当社のコンサルタントが現場を調査し、お客様のご希望を早期に、確実に実現するためのプログラムをご提案します。
  2. キックオフはトップマネジメントがJFS-A / B規格の適合証明を取得する意思を表明し、規格説明を行い、チーム全体を一致団結させ、社内のムードを高揚させるために行います。
  3. コンサルティングは、目指す規格と現状とのギャップを埋めるために適切なアドバイスを行います。
  4. 規格の要求事項が満たされているかを監査します。この作業はJFSM登録監査員が行います。
  5. 監査結果を判定員が判定して適合状態が認められれば、JFSMへの登録、適合証明書を発行します。

コンサルティングと監査

コンサルティングと監査

コンサルティング

監査までの期間に事前診断のデータをもとに改善指導を行います。

  1. HACCPシステム導入のコンサルティング
  2. JFS-A/B 規格の監査・適合証明取得支援業務
  3. JFS-C 規格認証取得のためのコンサルティング
  4. その他食品安全マネジメント認証の取得支援(FSSC、ISO、SQFなど)
  5. 必要に応じ社員勉強会を開催

予備監査

適合証明監査の本番さながらに書類と現場のチェックを行います。
ここで疑問点や問題点が発見されたら本監査までに是正を行います。

適合証明監査(本監査)

適合証明書を発行できるかどうかの最終関門です。
不適合があれば是正処理後、なければそのまま判定員に諮り、判定を行います。


電話でのお問い合わせをご希望の方は、通話料無料のフリーダイヤルをご利用下さい。

  

メールでのお問い合わせをご希望の方は、必要事項を入力し、内容確認ボタンを押して下さい。

お客様の個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧下さい。

会社名必須
工場名必須
ご担当者様氏名
製造商品必須
郵便番号 -
都道府県
市区町村
町名番地
ビル名等
電話番号 - -
ファックス - -
メールアドレス必須
メールアドレス(確認)必須
お問い合わせ内容必須
お問い合わせ内容必須
page