ゴキブログ

ゴキブログ一覧

2018 .11.30

オガサワラトカゲ産卵?

カテゴリー:爬虫類

Cryptoblepharus boutonii nigropunctatus spawning?
PB140498%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
この時期に産卵?
PB140499%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
頭部がわかるでしょうか.
結構深くもぐっている.
PB140500.jpg
でこれは,もぐっている近くに転がっていた卵.
ちょっとダメっぽい.

詳細はこちら

2018 .11.29

第34回日本ペストロジー学会鹿児島大会

カテゴリー:学会

The 34th Japanese Society of Pestology Kagoshima meeting.
PB290468.jpg
開会の挨拶をする大塚大会長.
今回は35の発表があり,私はクマネズミの防除について明日発表します.
発表者の大半はPCOで,現場で発見した事や新たな取り組みに関する事例など,興味深い内容が多くありました.
PB290473_edited-1.jpg
懇親会は場所を移動して,桜島が望める城山ホテル.
PB290476.jpg
元木学会長の挨拶.
これまた,たくさんの参加者が集まり,盛大に開催されました.
PCOを目指す方や,現役PCOの皆さん.
来年は富山県で開催されます.
学会に入会して参加してはいかがでしょう.
お待ちしています.

詳細はこちら

2018 .11.28

鹿児島のゴキブリ採集

カテゴリー:爬虫類

Capture cockroaches in Kagoshima prefecture
明日から日本ペストロジー学会が開催されるため鹿児島入りをした.
空いている時間を使い,大隅半島までS田さんの協力の下,T岡さんとゴキブリ採集に出かけた.
しかし,天気は大雨.
悩んだが,そういける場所でもないので決行.
目的地は佐多岬.
幸いな事に,要所要所で小雨になり,その隙を突いて探索した.
%E5%A4%A7%E9%9A%85%E5%8D%8A%E5%B3%B6-3.jpg
どこにでもいたサツマゴキブリ.
PB280454.jpg
途中昼食を食べたお店の裏の石をひっくり返したら冬眠?していたシロマダラ.
これははじめてみました.
きれいなヘビですね.
PB280457.jpg
PB280455.jpg
佐多岬到着.
大きなガジュマルが南国感を出していますが,天気は雨なので写真では寒そうです.
しかし,そのおかげで観光客はほとんどおらず,ゆっくりとあたりを散策できました.
PB280459.jpg
石の裏より出てきたシーボルトミミズ.
これまた初めて.
PB280462.jpg
梅谷編,「野外の毒虫と不快な虫」の終わりのページに写真があり,この本を見るたびに一度は見たいと思っていました.
メタリックブルーが美しく,これなら飼育してもよいかなと思いましたが,今回はやめておきました.
結果はT岡さんとS田さんのおかげでゴキブリ6種発見.
土砂降りの中,正味2時間もありませんでしたが,予想外に捕獲することができました.
採集結果は月刊むしに投稿したいと思います.
乞うご期待.

詳細はこちら

2018 .11.27

ヤエヤマツチゴキブリ再入荷

カテゴリー:ヤエヤマツチゴキブリ

Restock of the Margattea ogatai
PB140493.jpg
PB140496.jpg
これも,WF2あたりで消えていく.
方法は考えてあるので,来年の今頃をお楽しみに.

詳細はこちら

2018 .11.26

ヤエヤママダラ卵鞘

カテゴリー:ヤエヤママダラゴキブリ

Ootheca of a Rhabdoblatta yayeyamana
PB060451.jpg
死亡直後に卵鞘を排出したと思われる.
PB060452.jpg
成虫を取り上げると僅かに動く.
PB060457.jpg
PB060459.jpg
卵鞘の卵数を数えると片側40個.
1回の産卵で80個体の幼虫を産む.
この成虫も,あと40日ほど生きていてくれたら,孵化させることができたであろう.
残念である.

詳細はこちら

2018 .11.22

ドブネズミとクマネズミ

カテゴリー:ネズミ

Black rat and Brown rat
PB100472.jpg
ドブネズミ
RIMG0396.jpg
クマネズミ
相違点は僅かだが,鼠相はドブネズミが悪く見える.

詳細はこちら

2018 .11.21

18回目の脱皮

カテゴリー:爬虫類

The Python regius shed off the skin for the 18th
PB150490.jpg
前回脱皮から約3ヶ月.
過去のデータ見たら,
2017年も8月と11月に脱皮していた.
結構規則正しいものなのでしょうか.
というわけで,脱皮についてネットで調べました.
10分程度の検索なので正しいか分かりませんが,驚きの事実(?)がいろいろありました.
1.脱皮間隔はアダルト・ベビーかかわらず1ヶ月.
2.脱皮不全は水分補給不足から(要するに飼育環境が悪い)(ゲッ!そうだったの?)
今回の脱皮は,今までなかった事ですが,ヘビの体が油でぬるぬるしていました.
あまりにも触り感が不快だったので,手洗い洗剤をつけ洗ってしまった.
今回綺麗にむけた理由はこのせいだろうか.
PB150492%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
これは,ケージを洗っている途中ですが,油の粒が水に浮かんでいる.
ネットの内容が事実であれば,これが正常だったのかもしれないですね.
洗ったのも良くなかったかも.

詳細はこちら

2018 .11.20

Corydidarum magnificaの日光浴

カテゴリー:Corydidarum magnifica

Sunbathing of Corydidarum magnifica
昨日に引き続き,Corydidarum magnifica
PB030416.jpg
譲り受けるとき,前飼育者から日光浴をさせると良いと聞いていた.
夜行性のゴキブリが,そんなことないと思いつつ,この輝きを放つためには必要にも思え,日の当たる場所に出していたが,成虫は外にいる時もあれば,シェルターに潜っている個体もあった.
PB030423.jpg
PB030419.jpg
2~3の幼虫は,シェルター内の親元に付着しているが,多くは盛んに走り回っている.
PB030420.jpg
おもしろい.

詳細はこちら

2018 .11.19

ゴキブリの育児

カテゴリー:Corydidarum magnifica

Cockroach’s child raising
PB090467.jpg
PB090471.jpg
親の腹部に張り付く幼虫の写真は,海外の雑誌でよく見るが,実際に見ることができて感動した.
国内同属のマルゴキブリ,ヒメマルゴキブリではそんな発想がなかったことと,小さすぎて観察したことがない.
ヒメマルは爆産しているので見てみよう.

詳細はこちら

2018 .11.15

ヨロイモグラゴキブリ産仔

カテゴリー:ヨロイモグラゴキブリ

Macropanesthia rhinoceros lay nymph
PB060450.jpg
前回別のペアが7月に生んでいる.
ここの飼育環境では,春と初冬に生まれることが多いようだ.

詳細はこちら

2018 .11.14

ニホンヤモリ

カテゴリー:爬虫類

Gecko
PB060449.jpg
先月末に事務所で見つけて,オガトカケースに回復するまでのつもりで移した個体.
PB060448.jpg
なんと,水を撒くとシェルターから出てきて水を飲んでいる.
蓋なしケースなので,すでに逃亡していると思ったが,居心地よかったのだろう.

詳細はこちら

2018 .11.13

ベランダのクロゴキブリ

カテゴリー:クロゴキブリ

Periplaneta fuliginosa of the balcony
PB040430.jpg
PB040431.jpg
急に寒くなりました.
この親の血は,生んだ卵鞘に引き継がれ,来年孵化してくることでしょう.

詳細はこちら

2018 .11.12

ヤエヤママダラゴキブリ産仔

カテゴリー:ヤエヤママダラゴキブリ

Rhabdoblatta yayeyamana hatching
PB030427.jpg
数年ぶりの産仔
2010年に入ってから幾度となくもらったりして繁殖を試みたがすべて失敗した.
親の資質がよかったのだろうか.
PB030429.jpg
最近思うのだが,昔は卵胎生の方が繁殖は容易だと思っていた.しかし,どうもそう簡単ではなく,たまたまで種により大きく変わるようだ.
その原因はやはり食物だと思う.
衛生害虫は駆除の対象として扱われてもよいが,野外種は保護しないと減少する種が出てくるだろう.しかし,どんなレアな種でも○○ゴキブリと和名が付くので,嫌いな人は皆殺しにするだろう.
他にも,ハチやダニ,蝶蛾類など,同じような動物はたくさんいるので,ゴキブリだけに限ったことではないのだろうが.

詳細はこちら

2018 .11.9

ボルチモアのウッドローチ

カテゴリー:ゴキブリ

Baltimore wood-roach
P8250387.jpg
P8250388.jpg
Parcoblatta属だと思われるが,成虫にて確認します.

詳細はこちら

2018 .11.8

シナゴキブリ卵鞘

カテゴリー:シナゴキブリ

Eupolyphaga sinensis oothecae
PA210414.jpg
♂が見当たらない.
PA210415.jpg
卵鞘は形が変.
PA210419.jpg
とりあえず保管.
来年3月までに孵化しなければ終わり.

詳細はこちら

2018 .11.7

防ダニマット敗北

カテゴリー:ダニ類

Defeated anti-mite mat
PA300540.jpg
Polyphaga aegyptica
ほぼ壊滅していました.
重度の寄生は回復させられませんでした.
しかし,このマットは数年前に購入したもので,これが無かったら今までの経験上,かなり苦戦を強いられたと思うので,性能はよいと思います.

詳細はこちら

2018 .11.6

コマダラゴキブリ

カテゴリー:コマダラゴキブリ

Rhabdoblatta formosana
PA230420.jpg
PA230421.jpg
早くもF1成虫出現

詳細はこちら

2018 .11.5

過密飼育の弊害

カテゴリー:Polyphaga saussurei

Overcrowding evil
PA140461.jpg
何事も適正な密度が必要だろう.
初齢幼虫を入れたまま,あっという間に成長していた.
PA140462.jpg
PA140463.jpg
よく見るとダニとそれに食われたらしい死骸が転がっている.
大事な種は低密度で飼育しましょう.

詳細はこちら

2018 .11.2

ペルビアンジャイアント

カテゴリー:多足類

Scolopendra gigantea
PA160507.jpg
20cmは無いサイズだが,やはり体幅がすごい.
写真で見るイメージとまったく違った.
今までに,タイ産の20cm程度の個体は何度も見てきたが,全然大きさが違って見える.
PA160504.jpg
左は,かなり大きいと思っていた父島産オオムカデ.
これ見たら,かわいく見える.
PA160508.jpg
で,大きいので動きもそれほどでないと思い別ケージ移動させようとしたら大暴れ.
PA160511.jpg
蓋に張り付き,半日は降りてこなかった.
おそろしー.

詳細はこちら

2018 .11.1

秋のおすそ分け

カテゴリー:ネズミ

Share of the autumn
PA240428.jpg
先週,公園で拾ってきたドングリ.
PA240435.jpg
小笠原のハツカネズミにお土産.
父島では見たことないだろう.
PA240431.jpg
喜ぶかと思ったがそっぽ向かれた.

詳細はこちら

archive-blog