ゴキブログ

ゴキブログ一覧

2018 .9.27

Eurycotis decipiens床換え

カテゴリー:ゼブラゴキブリ

Cleaning of the breeding case of the Eurycotis decipiens
P9120396.jpg
本属は登攀力が優れており,どこでも強烈に張り付く.
P9120397.jpg
炭カルも餌も水もすぐに無くなる.
P9120398.jpg
換えた直後は綺麗だが,1ヶ月もすると上の写真のようになる.

詳細はこちら

2018 .9.26

Polyphaga aegypticaに発生したダニを放置した結果

カテゴリー:エジプト砂漠ローチ

Results of leaving mites that occurred in the Polyphaga aegyptica breeding cage
P9130401.jpg
半数程が中身無し.
ケージ表面が動いている.
まだ数匹生きている個体もいるが手の出しようがない雰囲気.
P9130402.jpg
水容器の上を覆い尽くすダニ,ダニ,ダニ.
P9130403.jpg
食われて空になった虫体.
P9130406.jpg
空になる途中の虫体.
P9130408.jpg
食い尽くされてダニが脱出している・・・・.
P9130410.jpg
元気な個体だけ選び出し,例の防ダニマット100%に移動.
以前100%マットに移した個体は現在無事に成長中.
これもうまくいくといいが.

詳細はこちら

2018 .9.25

父島のハカラメ4種

カテゴリー:植物

Four species of Life leaf of Chichijima
P9220671.jpg
左上は東町の繁華街路地で多く見られる種.
その右は島全体で見られる最も普通種.
葉が本体についているうちは,仔葉が出ない.
左下は,ははじま丸ターミナルの側の崖で見られる種で,下の様に仔葉が無数に垂れ下がってくる.
P9220673.jpg
右下は,錦蝶 と呼ばれる葉が細長い種.
父島に行ったら探してみてください.

詳細はこちら

2018 .9.21

次はトビイロゴキブリ

カテゴリー:トビイロゴキブリ

Next is Periplaneta brunnea
%EF%BD%86%EF%BD%84%EF%BD%87%EF%BD%84%EF%BD%86-1.jpg
%EF%BD%86%EF%BD%84%EF%BD%87%EF%BD%84%EF%BD%86-2.jpg
毎度のことだが,幼虫が死にます.
%EF%BD%86%EF%BD%84%EF%BD%87%EF%BD%84%EF%BD%86-3.jpg
さみしげ・・・.
累代は出来ているが,イエゴキと同様理由を知りたい.

詳細はこちら

2018 .9.20

長期出張の後始末

カテゴリー:リュウキュウモリゴキブリ

Clean up after Long-term business trip
P9120394.jpg
リュウキュウモリゴキブリが減っていた.
飼育を始めて10年以上経過した群.
過去に一度,全滅させたことがある.
絶えると意外と入手しにくい種.
P9120395.jpg
小笠原続きで椰子類の葉を入れてみた.
たぶん大丈夫だろうが,長期間留守にすると,いろんなところで不具合が出る.
今日からしばらくは,まったメールと雑事の処理に追われることとなる.

詳細はこちら

2018 .9.19

仕事終わり

カテゴリー:

Finished work
P9160510.jpg
ふと見ると,ウバタマムシ発見.
父島では珍しくなりました.
P9180594.jpg
出港.
最近見るポイントは,見送られる人が投げ落とす各種花束.
青い海に落ちると南国の雰囲気のよい写真が取れます.
P9180618.jpg
右が兄島.
左が弟島.
中央が西島.
P9180639.jpg
夕焼けもきれいでした.

詳細はこちら

2018 .9.18

ゴキブリたち

カテゴリー:小笠原諸島

Cockroaches
連日,早起きして仕事.
早起きすると一日が長く,起きるのは辛いが充実した時間を感じる.
P9160514.jpg
昼間から活動するアフリカマイマイ.
P9160543.jpg
部屋に戻ると洗面室にミナミヒラタゴキブリが.
ミナミヒラタは,人家の周りにも多く,よく室内に侵入します.
P9160528.jpg
夜はヒメチャバネゴキブリの登場.
ミナミヒラタも普通にいます.

詳細はこちら

2018 .9.15

おが丸出向

カテゴリー:小笠原諸島

Okasaka Maru departure port
P9150408.jpg
一夜明けて,素晴らしい天気.
宿舎周りでニューギニアヤリガタリクウズムシ探し.
P9150428.jpg
石の下に巨大個体が群れて潜んでいました.
P9150464.jpg
今便のおが丸は硫黄島墓参便だったようで,夜に硫黄島に向けて出発しました.
P9150466.jpg
貴重な場面を見ることが出来ました.
硫黄島沖を一周して明日帰ってくるそうです.
また行きたくなりました.

詳細はこちら

2018 .9.14

父島出張

カテゴリー:小笠原諸島

Business trip to Chichijima
P9140405.jpg
父島で実験を行うため本日出発です.
東京の天候は雨.
しかし,先日発生した台風22号はおが丸航路からは離れて行ったので,揺れはないと思ったが,外洋に出たら結構ゆれました.
P9140401.jpg
東京出発から30分後に後部デッキで見つけたアリ.
女王アリのようですね.
翅がありません.
前回はハナムグリ.
今回は??アリ女王.
意外と簡単に1,000km旅をしているようです.

詳細はこちら

2018 .9.13

トビイロゴキブリの謎

カテゴリー:トビイロゴキブリ

The mystery of the Periplaneta brunnea
P9110400.jpg
P9110395.jpg
幼虫の時期になると出てくるこの死亡.
調べてもいないのですか“ナゾ”.
イエゴキブリと違い,全体数は激減することなく,一部がこうなるだけ.
最終的には適当な数の成虫が得られ累代は維持できている.
生理的な減少なのか,他の生物による影響なのか?
P9110402.jpg
とりあえず,床換え完了.

詳細はこちら

2018 .9.12

巨大Elliptorhina laevigata

カテゴリー:Elliptorhina laevigata

Huge Elliptorhina laevigata
P9100389.jpg
まもなく出産.
しかし,まれに見る大きさ.

詳細はこちら

2018 .9.11

イエゴキブリの卵鞘

カテゴリー:イエゴキブリ

Ootheca of Neostylopyga rhombifolia
P9100394.jpg
がっかり.
カビが生えて孵化の気配なし.
駄目な卵鞘はカビが出やすい.
後,水に浸しすぎたかもしれない.
表面だけカビている卵鞘は拭いて転がした.

詳細はこちら

2018 .9.10

コマダラゴキブリのWF1

カテゴリー:コマダラゴキブリ

Rhabdoblatta formosana WF1
いまだに成虫が産み続けている.
P8250382.jpg
そこで,大プラケに引越し.
いつものパターンでは,F2を産まなくなる.
今のうちに考えられることはやっておこうと思う.

詳細はこちら

2018 .9.7

イエゴキブリの飼育

カテゴリー:イエゴキブリ

Breeding of the Neostylopyga rhombifolia
P8250369.jpg
ただでさえヤバイ状態のイエゴキ.
P8250371.jpg
ノミバエが入っていた.
P8250381.jpg
どこに産卵しているか分からないので,すべて新品に交換.
P8250379.jpg
孵化の可能性がありそうな卵鞘をオアシスに移植.
孵化することを祈る.

詳細はこちら

2018 .9.6

離島

カテゴリー:小笠原諸島

Leave the island
P9050580.jpg
今日も良い天気でした.
P9050562.jpg
最終日なのでコペペ海岸へ.
P9050587.jpg
港前でサメバーガーを食べているとき,吊るしてあったバナナにメジロが来ていました.
最初,バナナは人用かと思っていましたが,こうゆうことだったようです.
席を選ぶときはバナナのそばに座りましょう.
P9050598.jpg
聟島列島.
P9050613.jpg
そして,サンセット.
明日からまた,日常業務に追われる日が来ます.
今回参加していただいた皆様.
お疲れ様でした.
どこかでお会いできることを楽しみにしています.

詳細はこちら

2018 .9.5

夜に出会った動物たち

カテゴリー:

Animals encountered at night
P9030445.jpg
休憩に小港散歩.
晩御飯を食べた後,大上山公園に出かけた.
P9040533.jpg
定番のワモンゴキブリ.
P9040543.jpg
こうゆう光景は,熱帯夜の東京でもあまり見ることはありません.
P9040537.jpg
卵鞘をもったコワモンゴキブリ.
P9040534.jpg
孵化したてのオオムカデベビー.
P9040538.jpg
気に止まっていたクロメンガタスズメ.
小笠原にいる昆虫の中では大型種.
今夜は,写真こそ取れなかったが,オオコウモリを見ることが出来ました.
小笠原に通うこと十数回目にして初.
感動しました.

詳細はこちら

2018 .9.4

珍しい生物

カテゴリー:

Rare animals
P9020397.jpg
日中は,野外にネズミの籠を仕掛けに入りました.
対象はクマネズミです.
P9020419.jpg
洲崎の磯にいた異様な魚.
ミノカサゴに墨をかけて黒くした外見.
ハナミノカサゴの幼魚のようです.
P9030473.jpg
昨年より目をつけていたとある施設のガラスに貼られたポスターの裏に挟まっていたセイボウの一種.
もしかしたら完品かも.
最後に,たまたまウミガメ孵化ベビーの放流会があると聞き行ってきた.
P9030488.jpg
やわらかく,小さなアオウミガメの子供でした.

詳細はこちら

2018 .9.3

小笠原出張

カテゴリー:

Business trip to Chichijima
土曜日竹芝桟橋出港.
今回は,NPO小笠原在来生物保護協会の活動で,学生6名と出発です.
P9010388.jpg
シロテンハナムグリ.
デッキにて死骸発見.
死骸でよかった.
P9010389.jpg
夕暮れ.
台風21号の影響で風が強く結構揺れました.
P9020390.jpg
翌日の父島.
まだ揺れは残っていましたが,気持ちの良い青空が広がっていました.

詳細はこちら

2018 .8.31

ドブネズミ幼獣ペア

カテゴリー:ネズミ

Pups rat’pr.
P8270386.jpg
野外品をもらった.
P8270389.jpg
今はかわいいが,後1ヶ月もすると手がつけられなくなる予感.

詳細はこちら

2018 .8.30

クロゴキブリの風景

カテゴリー:クロゴキブリ

The scenery where the Periplaneta fuliginosa is located
久しぶりのクロゴキ床換え.
P8270373.jpg
P8270377.jpg
途中で動かない個体に気がつく.
P8270383.jpg
よく見ると死亡していた.
しかも頭部が食われている.
P8270385.jpg
終了.

詳細はこちら

2018 .8.28

スズキゴキブリ♂

カテゴリー:スズキゴキブリ

Periplaneta suzukii ♂
P8110559.jpg
最近標本を作っていなかったが,久しぶりにその気になった.
野外品.
P8110562.jpg
♂肛下板.

詳細はこちら

2018 .8.27

オガサワラウスヒラタゴキブリ復活とシェルター

カテゴリー:オガサワラウスヒラタゴキブリ

Megamareta pallidiola boninensis revival and shelter
P8160375.jpg
復活しました.
ついでに,小笠原に自生するモモタマナの枯葉を入れておきました.
しばらくは,複数ケージで管理しますが,まあ一安心.
P8160374.jpg
モモタマナ.
葉が大きく,枯れると1枚で結構な数のゴキブリを収容できる.
難点は,葉の付け根に粘着物が分泌されるので,拭くなどしないと手について気持ち悪い.

詳細はこちら

2018 .8.24

トビズムカデ死す

カテゴリー:多足類

Centipede dead
P8190408.jpg
2014年6月に愛知県で採集され飼育していたトビズムカデが死んでいました.
採集された4年前でも大きいと思っていましたが,最近は特に大きくなったと思っていました.
本当は標本にしたかったのですが,先週餌で与えたコオロギに食べられてボロボロになっていました.
残念ですが,ムカデの寿命は7~8年といわれており,この個体に関しては悔いのない飼育ができたと思っています.
贅沢を言えば,仔が取れたらなお良かったです.

詳細はこちら

2018 .8.23

ウスカワマイマイ

カテゴリー:その他

Acusta despecta sieboldtiana
P8110550.jpg
P8110554.jpg
餌として飼育始めたが,カタツムリも見ていると飽きないですね.
P8110556.jpg
卵産んだり.
こうして飼育動物が増えてゆくという典型パターン.

詳細はこちら

2018 .8.22

昼寝

カテゴリー:ネズミ

Nap
P8190402.jpg
P8190404.jpg
この寝顔と姿勢.
見ていて飽きない.

詳細はこちら

2018 .8.21

突然の脱皮

カテゴリー:爬虫類

Sudden molting
P8180381.jpg
予兆もなく脱皮が終わっていました.
15回目.
P8180384.jpg
シェルターをどける.
P8180393.jpg
ウロコ1枚残さずきれいに完了している.
P8180394.jpg
しかも脱皮したばかりのようで,殻が乾燥しておらず,きれいに伸ばすことが出来た.
計測すると約130cm.最大2mmに達するらしいので,まだまだ成長の余地はあるのだろう.
P8180397.jpg
脱皮殻の中に芯を入れたら,まんま蛇が出来そうな見事な殻.
P8180400.jpg
よく見ると,口先に角のようなものがあるが,これはどうも鼻の内側がひっくり返ってこうなったようだ.

詳細はこちら

2018 .8.20

Polyphaga aegyptica その後

カテゴリー:エジプト砂漠ローチ

Polyphaga aegyptica after that
P8150623.jpg
ケージ1
マット表面に1匹もいない.
P8150624.jpg
が,掘ると出てきた.
個体密度が低いと雌雄成虫・幼虫も潜るようだ.
P8150625.jpg
ケージ2
こちらは沢山入れたケージ.
やはり表面に出ている個体が多い.
P8150620.jpg
死骸を見ると,ダニに食われて空洞になっていない.
周りにもいない.
P8150622.jpg
ダニがどこに行ったと思ったら,固形飼料についていた.
ピンクが気持ち悪い.
この防ダニマット意外と使えるかもしれない.

詳細はこちら

2018 .8.17

ネコノミ

カテゴリー:

Ctenocephalides felis
P8160638.jpg
イヌに寄生しているとの話から,もしかしたらイヌノミと期待したが,残念.
ネコノミでした.
P8150596.jpg
しかし,幼虫が捕獲できました.
赤いのはイヌの血液.
幼虫は,動植物性の有機物を餌とするが,成虫が排泄した宿主の血液が含まれる糞を好むとされています.
宿主に取り付いて血を吸うわけではありません.

詳細はこちら

2018 .8.16

17回目の脱皮

カテゴリー:爬虫類

The Python regius shed off the skin for the 17th
P8150584.jpg
前回の脱皮から4ヵ月後.
きれいにむけました.
P8150586.jpg
この締め付けがたまらない.

詳細はこちら

2018 .8.15

Polyphaga aegyptica ダニ

カテゴリー:エジプト砂漠ローチ

Mite of the Polyphaga aegyptica
ケージ1の状況.
P8100530.jpg
P8100531.jpg
ケージ2の状況
P8100536.jpg
P8100538.jpg
これを放置しておくと,
P8100540.jpg
このように中身だけスカスカの外骨格乾燥標本状になる.
根絶は出来ていなかったというか,それは不可能だと考えているが,たくさん増えたので放置しておいたのだが,やはり手を打たないと全滅になりかねないと思い処置をすることにした.
P8100532.jpg
昔昔に購入したマットをつかう.
P8100534.jpg
ヤシガラ:防ダニマットを1:1.
P8100541.jpg
防ダニマット100%.
色目的に効果ありそうな感じです.
P8100542.jpg
卵鞘は拾って別に管理.
産卵はピークを迎えてないようで,古いのが混ざっていそう.

詳細はこちら

archive-blog