ゴキブログ

ゴキブログ一覧

2016 .2.29

ワモンゴキブリの白色眼

カテゴリー:ワモンゴキブリ

White-Eyed Mutant in Periplaneta americana
現在,累代飼育されているワモンゴキブリの白色眼は,Jefferson(1958)で捕獲された個体だと思われる.
その報告によると,ワモンゴキブリの白色眼突然変異体が発見された場所は,炭鉱に掘られた坑道内であった.
炭鉱内の複数の坑道に生息していたが,白色眼突然変異個体は1つだけに生息しており,発現率は5%に及ぶとしている.
jfieu23ry-2.jpg
が,この個体群は中々増えない.
jfieu23ry-1.jpg
現在は,かろうじて1卵鞘程が孵化して,幼虫が育っている.

詳細はこちら

2016 .2.26

Drymaplaneta semivitta脱皮

カテゴリー:Drymaplaneta semivitta

Ecdysis of a Drymaplaneta semivitta
jdfjklasdhf-2.jpg
バックがオレンジだとなんか華やか.

詳細はこちら

2016 .2.25

ワモンゴキブリ喉渇いた

カテゴリー:ワモンゴキブリ

Thirsty Periplaneta americana
水を切らして結構時間が経過していたのだろうか?
52rgdfgh-2.jpg
給水したら飲む.飲む.
52rgdfgh-1.jpg
よっぽど喉が渇いていたのだろう.
水は重要ですね.

詳細はこちら

2016 .2.24

小笠原その4

カテゴリー:小笠原諸島

Ogasawara 4
sdfhj456-3.jpg
sdfhj456-4.jpg
sdfhj456-5.jpg
最終日は天気も良くなり,三日月山へ.
やっとグリーンアノールの写真を取ることができました.
全部♀.
sdfhj456-2.jpg
真っ赤に色付いているヤシの種?
sdfhj456-6.jpg
おが丸.
sdfhj456-1.jpg
恒例の見送り.
今回で父島は13回目となりましたが,いつ来ても新しい発見がある場所です.

詳細はこちら

2016 .2.23

小笠原その3

カテゴリー:小笠原諸島

Ogasawara 3
DSCF3671.jpg
母島日帰り.
しかし,海は荒れており天気も曇り時々雨でした.
sr657j8-1.jpg
乗ってきたははじま丸も,6月で引退するそうで,おが丸同様私が乗船するのはこれが最後となります.
sr657j8-3.jpg
新夕日ヶ丘のアノールフェンス.
保護色の茶トラップが,アノール捕獲につけられています.
sr657j8-4.jpg
sr657j8-5.jpg
雨のため,アフリカマイマイも活発に活動しています.
sr657j8-8.jpg
ウスカワマイマイ.
これも外来種.
sr657j8-6.jpg
北小学校の跡地.
ジャングルになっているのですが,写真では今一状況が伝わらない.
sr657j8-7.jpg
人を入れたら何となくジャングル様がわかるような.
sr657j8-9.jpg
港で船を待っている間,前回着たときにオガトカを見つけた場所に行くと,色の変なオガサワラヤモリがいた.
何となく不気味な表情.
sr657j8-10.jpg
写真を撮った後,捕まえてみると脱皮中.
本渡島で,最初で最後のヤモリでした.

詳細はこちら

2016 .2.22

小笠原その2

カテゴリー:小笠原諸島

Ogasawara 2
今回の小笠原は2月とあって,生き物は少なく,また,スケジュールがつまっており,ゴキブリの探索も出来なかった.
ので,植物中心に.
この時期でしか見ることの出来ないものもいくつかあると思う.
wet65hm-1.jpg
ヤシの種.
実というほど大きくなく,種といった大きさ.
色付くまでの変化が混ざり結構目立って綺麗だった.
wet65hm-2.jpg
お馴染みタコの実.
ネズミかオオコウモリに齧られ豚の鼻(人顔)状になっている.
wet65hm-3.jpg
ハカラメの花.
wet65hm-4.jpg
ムニンシラガゴケ.
標識がつけてあり,初めて知りましたが綺麗なコケです.
wet65hm-5.jpg
デイゴの花.
この花は個人的に好きです.
wet65hm-8.jpg
月桃の花.
wet65hm-7.jpg
久しぶりに食べた亀の煮込み.
同行した中で,私以外は誰も食べてくれませんでした.
おかげで,独り占めできましたが.
私は,小笠原で一押しの料理だと思っています.
本当に美味しかった.
ご馳走様でした.
以前は,亀缶があったのですが,工場が津波で流され,目途が立っていないと聞きました.

詳細はこちら

2016 .2.22

小笠原その2

カテゴリー:小笠原諸島

Ogasawara 2
今回の小笠原は2月とあって,生き物は少なく,また,スケジュールがつまっており,ゴキブリの探索も出来なかった.
ので,植物中心に.
この時期でしか見ることの出来ないものもいくつかあると思う.
wet65hm-1.jpg
ヤシの種.
実というほど大きくなく,種といった大きさ.
色付くまでの変化が混ざり結構目立って綺麗だった.
wet65hm-2.jpg
お馴染みタコの実.
ネズミかオオコウモリに齧られ豚の鼻(人顔)状になっている.
wet65hm-3.jpg
ハカラメの花.
wet65hm-4.jpg
ムニンシラガゴケ.
標識がつけてあり,初めて知りましたが綺麗なコケです.
wet65hm-5.jpg
デイゴの花.
この花は個人的に好きです.
wet65hm-8.jpg
月桃の花.
wet65hm-7.jpg
久しぶりに食べた亀の煮込み.
同行した中で,私以外は誰も食べてくれませんでした.
おかげで,独り占めできましたが.
私は,小笠原で一押しの料理だと思っています.
本当に美味しかった.
ご馳走様でした.
以前は,亀缶があったのですが,工場が津波で流され,目途が立っていないと聞きました.

詳細はこちら

2016 .2.18

おがさわら丸

カテゴリー:小笠原諸島

Ogasawara Maru
小笠原に向かっています.
おが丸もこの夏に引退し,新造船にバトンタッチします.
次回乗るときは,24時間で到着する予定です.
今まで撮ったことのなかった場所も記念に撮りました.
gfdw333-2.jpg
トイレ.
近年はウォシュレットになり,快適になりました.
ただ,座面の高さが若干高い.
海外からの観光客用ではないかと思うのだが,確認したことはない.
gfdw333-1.jpg
室内.
gfdw333-3.jpg
煙突.
gfdw333-4.jpg
食堂.
5454k.jpg
補修を重ねた外灯.
味があります.

詳細はこちら

2016 .2.17

BN

カテゴリー:ネズミ

BN
dojijhanadf-2.jpg
ビデオの撮影でドブネズミ役を演じてもらいました.
dojijhanadf-3.jpg
はじめてみる下界に遁走するかと警戒しましたが,何のことはないラットでした.
dojijhanadf-4.jpg
しかし,中々の演技力だと思います.
dojijhanadf-1.jpg
おっと.
逃げたフリ.

詳細はこちら

2016 .2.16

スズキゴキブリの終齢幼虫

カテゴリー:スズキゴキブリ

Last instar larva of the Periplaneta suzukii
%EF%BD%86%EF%BD%875454%EF%BD%86%E3%81%9B-2.jpg
腹端に尾突起があるので♂ですね.
%EF%BD%86%EF%BD%875454%EF%BD%86%E3%81%9B-1.jpg
こちら不明.
幼虫の特徴として,体色は全体が明るい茶色をしており,腹短部が濃茶褐色となる.
スズキゴキブリが生息する地域で,間違えやすいのがキチャバネゴキブリの幼虫.
こちらは,体色が黄色となり,腹端部の濃い色は発現しない.

詳細はこちら

2016 .2.15

脱毛ネズミのその後

カテゴリー:ネズミ

The hair less roof rat afterwards
粘着シートからの生還の道は長い.
%E5%8D%8A%E6%9C%88%E5%BE%8C.jpg
約半月後.
RIMG1480.jpg
約一月後.
こちらは,後は毛が生えてくるのを待つだけ.
雌だったので,妊娠していれば一気に子供が取れたのだが,その様子はなかった.

詳細はこちら

2016 .2.12

ウルシゴキブリ床換え

カテゴリー:ウルシゴキブリ

Cleaning of the breeding case of the Periplaneta japanna
野外種にしては丈夫で飼い易い.
しかし,大型で熱帯種なので成長が早い.
成虫寿命も短い気がする.
kldfg5887-2.jpg
kldfg5887-3.jpg
そのため,あっという間に死骸の山.
また,過去の苦い経験で,イエゴキブリで起きた幼虫死亡多発状態が本種でも確認され,一度死滅したことがあった.
そのため,数のコントロールと,清掃はワモンなどに比べると気を使っている.
kldfg5887-4.jpg
元気個体の引越し.
kldfg5887-5.jpg
完成.
kldfg5887-1.jpg
漆黒の幼虫.

詳細はこちら

2016 .2.10

Eurycotis opaca 復調

カテゴリー:Eurycotis opaca

Recovery of the Eurycotis opaca
df47k-1.jpg
最後の1ペアから何とか幼虫が出て成長してきました.
%3Bjlkl5l.jpg
どうやらこれがEurycotis opaca のようです.

詳細はこちら

2016 .2.9

Elliptorhina davidi不調

カテゴリー:Elliptorhina davidi

Bad condition of the Elliptorhina davidi
RIMG1459.jpg
他のマダガスカル産ゴキブリは,全て順調に増えているが,本種だけは低数維持.
RIMG1458.jpg
いろいろやってはいる様子.
RIMG1460.jpg
産んでいないかといえばそうではなく,このように幼虫もいる.
皆さんのトコではいかがでしょう.

詳細はこちら

2016 .2.8

都市有害生物管理学会

カテゴリー:

The 37th Society of Urban Pest Management, Japan meeting
先週末,慶應義塾大学にて年次大会が開催され参加してきた.
あいにく写真を撮り忘れたので,私の発表したネッタイトコジラミの話でも.
巷で問題になっているトコジラミは,いまや珍しい生き物ではなくなっている.
それに近い種で,形態が良く似たネッタイトコジラミCimex hemipterusという種がいる.
RIMG1416-1-1.jpg
写真左.
右2個体はトコジラミ.
この種は,熱帯地方に多く見られ,日本国内では南西諸島に生息するとされている.
しかし,日本におけるネッタイトコジラミの記録はほとんど存在しない.
そこで,沖縄県で捕獲されたトコジラミを調べたら,ネッタイトコジラミが含まれていた.
RIMG1430-1.jpg
見分ける違いは前胸背板の形態.
これはネッタイトコジラミだが,前胸背板の側縁が広がりがない.
%E5%89%8D%E8%83%B8%E6%8B%A1%E5%A4%A7%E3%83%88%E3%82%B3.jpg
それに比べ,このトコジラミは,薄く広がっている.
それと,側縁の立毛がネッタイは立っているが,トコは寝ているのが特徴.

詳細はこちら

2016 .2.8

都市有害生物管理学会

カテゴリー:

The 37th Society of Urban Pest Management, Japan meeting
先週末,慶應義塾大学にて年次大会が開催され参加してきた.
あいにく写真を撮り忘れたので,私の発表したネッタイトコジラミの話でも.
巷で問題になっているトコジラミは,いまや珍しい生き物ではなくなっている.
それに近い種で,形態が良く似たネッタイトコジラミCimex hemipterusという種がいる.
RIMG1416-1-1.jpg
写真左.
右2個体はトコジラミ.
この種は,熱帯地方に多く見られ,日本国内では南西諸島に生息するとされている.
しかし,日本におけるネッタイトコジラミの記録はほとんど存在しない.
そこで,沖縄県で捕獲されたトコジラミを調べたら,ネッタイトコジラミが含まれていた.
RIMG1430-1.jpg
見分ける違いは前胸背板の形態.
これはネッタイトコジラミだが,前胸背板の側縁が広がりがない.
%E5%89%8D%E8%83%B8%E6%8B%A1%E5%A4%A7%E3%83%88%E3%82%B3.jpg
それに比べ,このトコジラミは,薄く広がっている.
それと,側縁の立毛がネッタイは立っているが,トコは寝ているのが特徴.

詳細はこちら

2016 .2.5

フタテンコバネゴキブリ

カテゴリー:フタテンコバネゴキブリ

Lobopterella dimidiatipes
RIMG1441.jpg
二点小羽とは良くつけたもので,形態を良く表している.
シェルターの隙間に積もっていた卵鞘.
RIMG1436.jpg
現在はこのように野外種とは思えない仕様で飼育しているためか,シェルター内に干乾びた卵鞘がびっしり詰っている.

詳細はこちら

2016 .2.4

ネバダオオシロアリ床換え3

カテゴリー:シロアリ

Cleaning of the breeding case of a Zootermopsis nevadensis 2
fjdfgodf8-1.jpg
約2年ぶりに床換えをした.
fjdfgodf8-3.jpg
2年も経てば材も食べられてボロボロになっていると思ったが,垂木などは芯が残っており,表面から削りながら食べているような状態.
fjdfgodf8-2.jpg
最もよく食べられていたのはクワガタ産卵木の広葉樹.
これは中がスカスカになっていた.
fjdfgodf8-5.jpg
ケースの底は糞の山となっており,その中に営巣していることはなかった.
fjdfgodf8-6.jpg
新しい材を入れ終了.
しばらくはざわつくだろうが,そのうち落ち着くだろう.
残念ながら女王は発見できなかった.

詳細はこちら

2016 .2.3

ネズミ剝がし

カテゴリー:ネズミ

Tear off a rat
RIMG1426.jpg
久しぶりに再開した.
粘着シートに捕獲されるクマネズミは生後1ヶ月以内の幼獣が圧倒的に多い.
この個体もそう.
lk%5Dkl%3B-2.jpg
剥がして1週間ほどでこのように毛が抜けてくる.
ポリブデンの絡まった毛を指で除去しているところ.
lk%5Dkl%3B-1.jpg
この時期,この姿は寒そうである.

詳細はこちら

2016 .2.2

Cosmozosteria sp.

カテゴリー:Cosmozosteria属

Cosmozosteria sp.
Cosmozosteria.jpg
だいぶ前に関東某所にて捕獲されたゴキブリ.
当時は,何者なのか全くわからなかったが,やっと少しわかってきた.
このグループは,オーストラリアに生息する.
大型で,翅のない綺麗なグループである.

詳細はこちら

2016 .2.1

クロゴキブリの白色眼突然変異体

カテゴリー:クロゴキブリ

White-Eyed Mutant in Periplaneta fuliginosa
奈良県でE藤君が捕獲した白色眼雌成虫1個体より得られたF2.
2014年12月4日のブログで紹介したが,その孫に当たる.
約1年チョイでここまできた.
まだ,1齢幼虫なので肉眼では確認できなかったが,撮影後引き伸ばすと複眼が白っぽい.
RIMG1449.jpg
3個体写っているが,右と上の個体は左に比べ白いことが確認できる.
これからまた白色眼を選抜して繁殖させどうなるか.
楽しみは続く.

詳細はこちら

archive-blog