ゴキブログ

ゴキブログ一覧

2019 .8.7

ヘビたち

カテゴリー:

Snakes

シロマダラがついに冷凍ヤモリ本体を食べました.

胴部が太い.
今まで食べた最高の大きさは,小型のオガサワラヤモリ1頭.
それ以外は,冷凍ヤモリの尻尾,足ばかり.

胴部さえ食べてくれれば,ストックは結構あるのでしばらくは安心できそうである.

でこちらは目の濁ったアオダイショウ.
あと2~3日で脱皮.
なんとも不気味.

詳細はこちら

2019 .8.6

ヤエヤママダラゴキブリ状況

カテゴリー:ヤエヤママダラゴキブリ

Breeding situation of the Rhabdoblatta yayeyamana

数が多いのでプールの水がすぐに汚れる.
今年はマダラゴキブリもそうだが汚れすぎないようにこまめに水を替えるようにしている.

成虫が多数出ており,卵鞘を抱えた個体も見かけた.
これは収納段階.
マダラゴキブリ類の衰退時には,卵鞘の収納がうまくいかず,転がっているのが多くなる.
この♀は大きさもそこそこあり,なんとなく孵化しそう.

詳細はこちら

2019 .8.5

マダラゴキブリ状況

カテゴリー:マダラゴキブリ

Breeding situation of the Rhabdoblatta guttigera

成虫は死に始めましたが幼虫がとれました.

駄目になるときは,この状態で幼虫が0になるのですが,とりあえず一安心.

詳細はこちら

2019 .8.2

スズキゴキブリ リベンジ

カテゴリー:スズキゴキブリ

Periplaneta suzukii challenge again

もう,何回挑戦したか忘れたが,今度こそ.
待遇も破格の1匹に中プラケ.

いい卵鞘ですね.
今回こそ幼虫を拝んでみたい.

詳細はこちら

2019 .8.1

ヒメクロゴキブリの状況

カテゴリー:ヒメクロゴキブリ

Breeding situation of the Chorisoneura nigra

小さな幼虫がたくさん出ています.
これらを終齢あたりで越冬に持ち込めば来年継続できる可能性がある.
すでに季節は夏.
お盆過ぎれば秋.
時間がない.
越冬室でも造るか?
いずれにせよ早めに動かなければ.

詳細はこちら

2019 .7.31

シロマダラ脱皮 7

カテゴリー:爬虫類

The 7th molting of a Dinodon orientale

餌のヤモリを解凍して与えようとしたら脱皮していた.
前回の脱皮から一月もたっていない.

相変わらず綺麗にむけている.
体長はこれで見ると430mm.
少しずつ成長しているようだ.

詳細はこちら

2019 .7.30

コワモンゴキブリの求愛行動

カテゴリー:コワモンゴキブリ

Courtship behavior of the Periplaneta australasiae

コワモンゴキブリ♂の求愛行動.
腹部背面にある誘引線からフェロモンを出し♀を誘引する.

が,よく見ると寄って来ているのは♂だ.
残念.

詳細はこちら

2019 .7.29

ヨモギエダシャク?

カテゴリー:

Is this a Ascotis selenaria cretacea?

父島に自生するハカラメの一種だが,葉が凸凹となり,大きな糞が落ちている.

裏を見ると簡単に犯人が見つかった.
しかし,こんな外来植物を食べるとは何者だろう.

しかも,もう一種一緒に植わっているがそちらは無傷.

調べたが蛾の幼虫はよく分からない.

大きさと広食性から本種と判断したが,この写真で判断できる方.
ご教示ください.

詳細はこちら

2019 .7.26

2種消滅

カテゴリー:キスジゴキブリサツマツチゴキブリ

Two species disappear

キスジゴキブリ.
2017年夏に幼虫からはじめ昨年は成虫になりF1が取れた.
その幼虫が早春より羽化が始まり,卵鞘が孵化せず全滅.

サツマツチゴキブリ.
同じく2017年冬に幼虫と成虫で採集して2018年は幼虫が出るがその幼虫が取れずに全滅.

同じことを繰り返している自分が情けない.

今年も再チャレンジする予定だが,解決策はない.

詳細はこちら

2019 .7.25

Corydidarum magnifica増殖

カテゴリー:

Increase of the Corydidarum magnifica

飼育の感じとしては,マルゴキブリによく似ている.
増えるスピードは遅いが,幼虫での死亡は少なく,堅実に増加している.
たぶん,雌雄成虫のタイミングがずれなければそれなりに飼育できそうである.

翅ボロの♂.
短命が多い傾向がある.

♀.
餌はネズミ固形飼料,昆虫ゼリー,たまにリンゴなど.
偏食せずによく食べる.

詳細はこちら

2019 .7.24

インディアン・オーナメンタルの標本作製

カテゴリー:クモ類

Preparation of Poecilotheria regalis specimens

数年前にT中氏から幼体で頂いた個体だが,交尾をさせることなく死亡した.
このままでは,腹が腐って縮んでしまう.

駄目元で腹部を裂いて中身を摘出.
使用している鋏は解剖用のハサミ.
高額だがこういった時には思うように切開できる.
一本はあっても損はしない.
その後,空になった腹部にはピンセットで脱脂綿を詰め込んだ.

姿勢はどうしようか迷ったが,写真でよく見る四肢を伸ばした形にし後は虫に食われないように保存容器内で乾燥させる.
綺麗にできるだろうか?
2~3ヵ月後をご期待.

詳細はこちら

2019 .7.23

ワモンゴキブリ単為発生F11卵鞘

カテゴリー:

Ootheca of parthenogenetic Periplaneta americana F11

F11卵鞘.
孵化率は50%ほど.
それでも続く単為発生.

詳細はこちら

2019 .7.22

2年かけてようやく成虫

カテゴリー:クロゴキブリ

It took two years to become an adult.

2017年8月に都内で捕獲された初齢幼虫がやっと成虫になりました.

手前に写っているのは,同じ場所で捕獲されて少し前に成虫となった♀.
クロゴキブリは,集団で普通(冬期も加温)に飼育していると,1年もかからずに成虫になるが,この幼虫たちも加温して飼育したにもかかわらず2年を要した.
まだまだクロゴキブリは謎が多いですね.

詳細はこちら

2019 .7.19

ミルワーム

カテゴリー:小笠原諸島爬虫類

Mealworm

ご存知ミルワーム.

成虫はこちら.
チャイロコメノゴミムシダマシ.
昔から飼育はしていたが,出番はアノール釣りの餌ぐらいしか使っていなかった.

ふっと考えたら爬虫類の餌になるといまさら思いつき,オガトカに与えたら喜んで食べた.
本当にいまさらの発見でした.

詳細はこちら

2019 .7.18

コマダラゴキブリ!!

カテゴリー:コマダラゴキブリ

Rhabdoblatta formosana ! !

外傷もなく死んでいる.
F1幼虫大量に出たのに,すでに怪しくなってきた.

とりあえず成虫になってはいるが,個体数は数えられる程度しかいない.
淘汰して少ないのなら問題ないが,自然死減少は対処しようがない.

現在,ヤエヤママダラ,マダラ,コマダラの3マダラがそろっているのでこの機会にコツを習得したいと思うのだが.

詳細はこちら

2019 .7.17

ムカデ脱皮

カテゴリー:多足類

Molling centipede

最中を目撃したのは2度目.
眺めていたいが,事故しても嫌なので写真をすばやく撮って,元に戻す.
感動は写真で味わう.

詳細はこちら

2019 .7.16

留守の間の出来事

カテゴリー:爬虫類

Event during absence

小笠原留守から週末にかけてヘビが脱皮.
計画的な1週間の不在は準備ができるので,生き物の変化が短く感じられる反面,突然の不在は大変なことになりそうだ.

アオダイショウ.
こちらに来て1回目の脱皮.
穏やかな顔をしています.

尾の先が剥けておらず流しで剥く.

続いてシロマダラ.
こちらは6回目の脱皮.
少し大きくなった気がする.

詳細はこちら

2019 .7.12

離島

カテゴリー:コワモンゴキブリ小笠原諸島

Leave the island

本日離島です.
天気は上々.
昨日までは忙しくまた,天気も思わしくなかったので動物の観察もままならなかったのですが,やっと少しできました.

コアシダカグモ.

コワモンゴキブリ幼虫.

アフリカマイマイ.
今回,雨が多かった為か,いつもより多くの個体を見ました.

アノール.
交尾している姿は久しぶりに見ました.

なぞの鳥の巣.
巣立った後のようです.
何の巣でしょうか?

青い海.
次の予定は9月.

詳細はこちら

2019 .7.11

父島 3

カテゴリー:ワモンゴキブリ小笠原諸島植物

Chichijima 3

植物

ゴールデンシャワー(ナンバンサイカチ;学名:Cassia fistula、英:Golden shower).
インド,ミャンマーが原産のマメ科の落葉樹で,藤のような連なった黄色い花を付ける.
満開でした.
この種がすごい.

こんな感じでたくさん身が入っている.


赤い種もあるのですが,こちらは全く咲いておらず,時期が違うのかもしれない.

サポジラ.
干し柿の味がするらしい.
昨日に続き,Y山さんより頂いたので帰って食べたいと思います.

シャシャップ.
サワーソップ(soursop)とも呼ばれ,中米,南米等を原産とする.
これも珍しい果実で,アイスクリームの味がするらしい.

夜街で飲んで帰る途中.

マンホール内で外出を企てようとしているワモンゴキブリ.
やっと証拠を撮影できました.
かなりの数が潜んでいそうです.

詳細はこちら

2019 .7.10

父島 2

カテゴリー:ワモンゴキブリ小笠原諸島

Chichijima 2

今日はびっくりする話を聞きました.
すでに知っていたらごめんなさい.

島内に普通に見られるバナナに付着するこの黒いシミ状の物.
自然に発生する汚れ程度に思って,気にも留めていませんでしたが,オガサワラオオコウモリの爪痕らしい.
いろいろ聞くと納得の説明.
Y山さんすごい.

これもマンホールにいたワモンゴキブリ.
大型の綺麗な♂個体.

詳細はこちら

2019 .7.9

父島到着

カテゴリー:小笠原諸島

Arrived at Chichijima

一夜明け,青い空と熱帯の気温になっていました.

午後の現場にいたナメクジ.
こんなのいたっけ?種不明.

マンホール内のワモンゴキブリ.
熱帯の定番です.

詳細はこちら

2019 .7.8

父島へ出発

カテゴリー:小笠原諸島

Departure for Chichijima

今日より1航海父島です.

多少揺れていますが,梅雨空からしばらくさよならできる予定です.

詳細はこちら

2019 .7.5

シロアリは割り箸を食うか?

カテゴリー:シロアリ

Do termites eat chopsticks?

シロアリ給水塔に割り箸を使った物は全く食い上がらなかっらので,前回天然木に変更して再設置.
ついでに,シロアリが明らかに加害している場所にシラカバの枝と割り箸の束を置いてみた.
結果は,

2~3日でこの状態.

では,割り箸vsシラカバ

シラカバのみ摂食.

割り箸は蟻土が少し盛られているが,食べられた痕はない.
テッィシュですら食べるのに割り箸を食わないとはよほどの忌避物質が入っているのだろうか?

そこで「割り箸」「 安全性」で検索すると,やはり漂白剤や防腐剤が多く含まれているものも存在するとか.
金魚の水槽へ入れたら死んだ.
など,結構出てくる.

ちょうど今,研究でメダカを買っているので,終わったら試してみたいと思う.

詳細はこちら

2019 .7.4

好奇心旺盛なクマネズミ

カテゴリー:クマネズミ小笠原諸島

Full of curiosity a Black rat

小笠原系統のケージ.
夜電気をつけると ザワ として動きが止まる.

中に入ると,隠れる個体もいれば見に出てくる個体もおり千差万別.

臆病なはずですが,近寄ってくる個体もいる.
「何だこれは?」とばかりに噛みに来る猛者も.

靴はいているからよいが,裸足だったら齧られているかもしれない.
でも,この行為は興味深く面白い.

詳細はこちら

2019 .7.3

品川埠頭の昆虫

カテゴリー:クモ類ワモンゴキブリ

Shinagawa wharf insect

仕事でうろついて来ましたが,面白い生物がいました.
以前から,モリチャバネゴキブリがいることは知っていましたが,ワモンゴキブリもいるようです.
夜にたぶんマンホールから出てきて徘徊しているのでしょう.
踏まれて潰れた個体が複数歩道に張り付いていました.
潰されなければ朝には暗渠に逃げ込み見つけることはできなかったでしょう.
この♂は丁寧にはがして持ち帰り標本にしました.

他にも都内では見ることが減ったタケノホソクロバ.

カマキリもこんなに?と思うほどいました.
場所が場所だけに外来種?

卵を抱えた比較的大きなクモ.
なかなかよい生物探索スポットかもしれません.

詳細はこちら

2019 .7.2

Corydidarum magnifica床換え

カテゴリー:Corydidarum magnifica

Corydidarum magnifica床換え
Cleaning Corydidarum magnifica of breeding case

こちらに来てから早いもので1年半ほど経過したが,増え方も遅くケースは汚れが少ない.
マルゴキブリもこんな感じでした.
こんな感じで放置してマルゴキは突然いなくなったので,増えている今のうちに掃除を実施した.

ほとんどは脱皮殻でしたが,中央の終齢に近い幼虫と♂成虫の死骸がありました.
まあまあ?でしょうか.

汚れが少ないと,タッパーマットはそのまま使用したりしますが,今回は交換し,シェルターも可能な限り新しくしました.

詳細はこちら

2019 .7.1

アオダイショウ

カテゴリー:ゴキブリ爬虫類

Elaphe climacophora

シマヘビ同様水によく入る.
たぶん糞をするためだと思うのだが,水がすぐに汚れるので交換するのだが出て来ない.
仕方なく,このまま流しにいき蛇を手で押さえ逆さにして水だけ交換する.
冷やし中華の麺のようだ.

ちなみにアオダイショウの英名はJapanese ratsnake.
日本固有種である.
Japanese ~はゴキブリにもあり,ヤマトゴキブリも日本固有種で,Japanese cockroach.
アオダイショウの英名が素直にJapanese snakeでないのが気になり日本のヘビを調べると,驚いたことにすべてのヘビに英名がついていた.
そのため,日本固有種の多くをJapanese ~snakeとしているようだ.
果たして国外で通用するのだろうか?

ちなみに,ヘビは国内種が36種,ゴキブリの57種よりは少ない.

ゴキブリの場合は以下の20種.

ワモンゴキブリ American cockroach
コワモンゴキブリ Australian cockroach
トビイロゴキブリ Brown cockroach
クロゴキブリ Smoky- brown cockroach
ヤマトゴキブリ Japanese cockroach
イエゴキブリ Harlequin cockroach
トルキスタンゴキブリ Turkestan cockroach
クロツヤゴキブリBlack cockroach
ヒメクロツヤゴキブリ Whitemargined cockroach
チャオビゴキブリ Brown- banded cockroach
ヨウランゴキブリ Orchid cockroach
アミメヒラタゴキブリ Small- spotted cockroach
チャバネゴキブリ German cockroach
オキナワチャバネゴキブリ Asian cockroach
ヒメチャバネゴキブリ False German cockroach
ヒメマルゴキブリ Pill bug cockroach
オガサワラゴキブリ Surinam cockroach
リュウキュウゴキブリ Indian cockroach
ハイイロゴキブリ Lobster cockroach
サツマゴキブリ Litter cockroach

詳細はこちら

2019 .6.28

ヤエヤママダラゴキブリ尾肢だけ黒色

カテゴリー:ヤエヤママダラゴキブリ

Only the cercus of the Rhabdoblatta yayeyamana is black

羽化直後は,全身真っ白で時間がたつにつれ茶色に色づいてくるが,今回気が付いたのは,尾肢が黒色に「色づいている.

あっ,これだけですが,少し驚きました.

詳細はこちら

2019 .6.27

クマネズミ団地

カテゴリー:ネズミ

Housing for black rats

小笠原父島の個体群.
夜に飼育室に近寄ると,「なんだなんだ」「誰だ?」とこちらを注目してくれる.

この子達は,小笠原の大自然で育ったおかげでスーパーラットにもならず,人もそれほど恐れない.
本州もこうのような純粋なネズミだけなら防除は簡単だ.
しかし,防除を困難にした犯人は,実は人であることを忘れてはならない.

詳細はこちら

2019 .6.26

Blaberus colloseus

カテゴリー:ブラベルスコロセウス

Blaberus colloseus

大きくて,動きもクロゴキブリほど早くない.
ペットローチの代表的なBlaberus属ですが,繁殖は比較的容易であるため最初は物珍しくて持てはやされるが,最近は見向きもされない.
しかし,本属は魅力的な種が多く,本種は,Blaberus giganteusに迫る大型になる種で大好きな種である.

飼育は今のところヤシガラマットに潜らせておけば心配ない.

詳細はこちら

archive-blog