ゴキブログ

ゴキブログ一覧

2021 .4.16

イエシロ飼育の困ったところ 

カテゴリー:シロアリ,

The trouble with keeping the Coptotermes formosanus

小さなプラケで飼育できているうちは,防虫シートなどで密閉できるので虫が入らない管理ができる.
しかし,コロニーがでかくなる本種は,実験するためにはそれなりの大きさの容器が必要になり,現在コンテナで飼育している.

こちら(人参とか割りばしのケージ).


このコンテナの気密が弱く現在クロバネキノコバエが発生してしまっている.
一応,隙間風防止のパッキンを張り付けているのだがもれます.

とりあえず新しい捕虫シートに交換してひたすら捕獲する.

詳細はこちら

2021 .4.15

ヤネホソバ飼育2

カテゴリー:虫,

Raising Eilema fuscodorsalis Part 2

昨年採集した個体は,ミズゴケを食ってくれたのだが,蛹にならずに死亡した.

今年,まだ幼虫.?
もう幼虫.
ん?
というわけで,今回は生きている苔で挑戦.

1匹目.

2匹目.
なんか落ち着きますね.
盆栽のような幼虫(深い意味なし)風情があります.

すでに成虫も出ていました.

詳細はこちら

2021 .4.14

ウスヒラタゴキブリまでも

カテゴリー:ウスヒラタゴキブリ,

Even the Megamareta pallidiola pallidiola


逗子個体群.

普通に増えていたのですが,見ると死骸だらけ.

かろうじて見つけた生体.
まさかこんな状態になるとは思ってもいなかったケースです.
小笠原や鹿児島群はいたって問題ないのですが.
このケースはクロゴキとは違う棚に置かれ,原因は不明.
ここのところ続きます.
関東産なので採りには行けるのですが,そうゆう問題ではないですね.

詳細はこちら

2021 .4.13

まさかのクロゴキブリ クラッシュ

カテゴリー:クロゴキブリ,

I didn’t expect the Periplaneta furiginosa crash.


ホント,まさかです.
クロゴキケージ数々あれど,これは五島市の個体群.

この幼虫の死に方はトビイロゴキブリそっくりです.

生きているが,動きが明らかにおかしい幼虫.

移し替えましたが,心配ですね.

さらにもう一つ.


白眼個体群も感染.
これはまずいでしょ.

ウルシゴキブリで復活させた経験を活かし,成虫グループを作成し様子見ます.
がんばれクロゴキ!

詳細はこちら

2021 .4.12

マルバネゴキブリ3匹

カテゴリー:マルバネゴキブリ,

Three Hebardina yayeyamana



F2まできているのですが,最近少ないと思っていたら3匹しか残っていませんでした.
さあ,あとがありません.
まずはこの個体たちが生き残ること.
そして,雌雄そろうことが次につなげられます.

1匹目.
♂!

2匹目.
♀!

3匹目.
♀!
順調に成長すれば,夏には成虫となり産卵がはじまる予定.

飼育環境もすべて新調しました.
まずは成虫になりますように.

詳細はこちら

2021 .4.9

アオダイショウ大脱皮

カテゴリー:爬虫類,

Shedding of a large Elaphe climacophora


餌食わないな~と思っていたら目が白くなり脱皮しました.

大失敗ですね.

で,温水をかけながらゆっくり剥いたのですが,どうも傷の部分で引っ掛かりむけなかったようです.
野外では,もっと引っ掛かりやすい環境で脱ぐので向けたかもしれませんが,飼育環境の引っ掛かり少ない場所では無理だったようです.

顔の傷は塞がったようです.

こちらは脱皮前.
これなら水も沁みなさそうですね.

体の各所の傷も塞がっていました.
しかし,鱗が戻ることはないですね.
先日の傷は捕獲される前に受けた傷だったようです.

毎度のように頭に登ぼるアオダイショウ大.
もともと本種は高いところが好きなんでしょうね.
今のところ攻撃性は全くないです.

詳細はこちら

2021 .4.8

あさイチ

カテゴリー:TV, ゴキブリ,

Asaichi

今更ですが,3/30にあさイチに出演しました.

左は有吉さん,右は亀崎さんです.
内容は,ゴキブリの駆除は繁殖が始まる前の春に徹底的に行いましょう.
です.
内容は見ていただきたいと思います.
現場ロケでは,非常に清掃が行き届いた室内で,ゴキブリが見つからず苦労しました.
みていただければわかりますが,隅々まで調査しました.
しかし,本当にゴミが落ちておらず環境的防除ができている典型的なお宅でした.
それでも発生した原因は,やはり外部からの侵入が多そうでした.

番組で使用したクロGたち.

こちらはチャバG.
赤目は抵抗性固体.
ADの手作りだそうですが,雰囲気出ていますね.
記念にいただきました.
大切にします!

詳細はこちら

2021 .4.7

アミメヒラタゴキブリの卵隗

カテゴリー:アミメヒラタゴキブリ,

Pile of oothecae of Balta notulata


2006年から飼育しているので,飼育しやすい種ですね.

この中に入れている給水器とシェルターをつなげるトリカルネット.

両端に卵鞘の山が出来ている.
前からあったと思うのだがあまり記憶がなく,今回異様に盛り上がっていることに気が付いた.

わざわざまとめて産んでいるように見える.

床換え完了.
これもどこまで積もるか放置したいと思います.

詳細はこちら

2021 .4.6

シロマダラ大暴れ

カテゴリー:爬虫類,

Dinodon orientale rampage


蓋を開けると猛スピードで逃げようとする.
当たり前だが.

まずやらかすのは脱糞.
ワモンゴキブリなども掴むとしますね.
ヘビで脱糞するのは普通なんでしょうか?
少なくとも,アオダイショウやシマヘビはしないですね.
あのサイズでされたらちょっと怖いし臭そう.
暴れ方からも服やあたり一面に付着しそうだ.



取り押さえてしばらくたつと,やっと大人しくなる.

さあ,そろそろ脱皮から時間がたち餌食いの時期.

翌朝,ちゃんとなくなっている.
咬もうとしながら,脱糞しながらも食べてくれる.
うれしいひと時.

詳細はこちら

2021 .4.5

イエシロアリニンジン記録

カテゴリー:シロアリ,

Results of giving carrots to Coptotermes formosanus
以前もニンジンを与えたことがあるのだが,その時は何気なく転がし置きだった.
そして,普通に食うことがわかった.
今回は,変化がわかり易いように置き場所を工夫した(つもり).

設置当日          1日後          2日後


3日後          4日後          5日後


6日後           7日後         8日後


9日後           10日後         11日後


12日後          13日後         14日後


15日後          16日後

煙突の先端部.
まだまだ伸ばす気満々の兵蟻護衛です.
これ以上伸びてはケージを突破するので,ここはひとまずおかえり願いました.
野菜くずを食べてくれるのであれば,ゴミ処理にも使えそうですが,ニンジン1個でこんなに時間かかるのでお遊び程度で観察するのがよさそうです.

詳細はこちら

2021 .4.2

産卵順

カテゴリー:ワモンゴキブリ,

The order which the ootheca laid



腹端部の節に異常が見られた個体ですが,卵鞘を産み始めました.

最近は,1週間おきに採卵しているので複数の卵鞘が産み落とされます.
この写真では3個.
古い順に右,中,左.
1週間程度の期間であれば,卵鞘の色から古さがわかります.
古くなると色が黒くなり,新しいと明るい茶色です.色的にも問題なさそうな色ですね.
それと,卵鞘のカモフラージュ素材の乾燥具合からも判断できます.

詳細はこちら

2021 .4.1

アオダイショウの顔つき

カテゴリー:爬虫類,

The face of two Elaphe climacophora

1匹では気が付かなかったが,2匹見て顔が違うことに初めて気が付いた.

昨年来た170cmの個体.
頭頂から鼻先まで緩やかなカーブを描き,眼が落ち着きある雰囲気.

2年前よりいる個体(よく調べたら皮から体長計測したことない)
頭頂から鼻先まで少し上方にカーブし,眼つきも鋭い.
若いからでしょうか?
で,よく見ると鱗の配置も違う.
特に,眼前下板と呼ばれる部分の形が全く違う.
・・ネットで他の個体の写真と比べたが,皆落ち着き顔の前者.
おお!日本未記録種.
な訳ないが,よくわからないので何かの機会に深堀してみます.

詳細はこちら