住宅補強対策

基礎補強工事

突然降りかかる地震の被害。負担のかかる箇所をあらかじめ補強することで、住まいの耐久性を向上させます。

なぜクラックが発生するのか?

コンクリートは、時間の経過とともに、空気中の炭酸ガスや酸性雨・湿度などの影響によりコンクリートの表面からアルカリ特性がなくなり中性のコンクリートへと変化してしまいます。
中性化が進行してコンクリート内部の鉄筋部分まで到達すると、鉄筋が急激にサビ出し膨張が進行する為コンクリートが割れて亀裂が出来てきます。

アラミドシートについて

補強

アラミドシートを、樹脂を含浸させながらコンクリート基礎に貼り付けて、アラミド繊維強化プラスチック層を形成することにより、コンクリート基礎の補強を行う工法です。

用途

橋脚・高架柱・建築物柱・タイヤの補強・防弾チョッキなどと共に、建築 分野でも幅広く用いられています。

作業時間

1メートル:約30分前後
冬場は、パテが固まりづらいので若干時間がかかります。
硬化剤+主剤を事前に混合させて塗布します。

補修手順

下地処理

下地処理

下地剤塗布

下地剤塗布

上塗り剤塗布(1回目)

上塗り剤塗布(1回目)

アラミド繊維シート貼付け

アラミド繊維シート貼付け

表面保護仕上げ

表面保護仕上げ