ゴキブログ

ゴキブログ一覧

2017 .10.23

ペストワールド 2017

カテゴリー:その他,

PESTWORLD 2017
Baltimore Convention Center で開催されたペストワールドに参加してきました.
IMG_0655.jpg
スターウォーズにペイントされた飛行機に乗ること12時間.
朝出て朝到着.
時差ぼけの始まりである.
PA240244.jpg
空港について記念撮影.
明日の開会式まで今日は休息日.
PA240263.jpg
リンカーン記念堂の公園で見かけたリス.

詳細はこちら

2017 .10.20

マダラサソリ

カテゴリー:多足類,

Isometrus maculatus
ヤエヤマサソリに続きマダラサソリ.
このケースは,記録を見る限り10年近く交換していない.
PA140169.jpg
PA140170.jpg
シェルターをはがしていくと,無残な残骸が無数に出てくる.
サソリの墓場だ.
PA140172.jpg
これもちょうど出産ラッシュだったのか,幼体が多かった.
PA140174.jpg
新レイアウト.
PA140165.jpg
♂でしょうか.

詳細はこちら

2017 .10.19

ヤエヤマサソリ

カテゴリー:多足類,

Liocheles australasiae
今年1月にダニが出て床変えしたがまだ残っていた.
というより,このケージの横に配置しているマダラサソリにもたんまり出ていたので,そちらから知らぬ間にうつしたのかもしれない.
PA140162.jpg
ちょうど幼体ラッシュで拾うのに苦労した.
PA140163.jpg
新しいケージに入れると,緊張のせいかしばらくダマになっていた.
PA140149.jpg
PA140151.jpg
こんなチャンスはあまりないので撮りだめ.
撮影して写真をじっくり見ると,生で見るより細部まで落ち着いて眺められます.
意外と細かい模様もあり,一見淡褐色のイメージがありますが,まだらがあります.
PA140157.jpg

詳細はこちら

2017 .10.18

スズキゴキブリ♀

カテゴリー:スズキゴキブリ,

Female of a Periplaneta suzukii
PA020179.jpg
羽化間もない筈なのですが,こんな状態になっていました.
普通は,高齢になるとこうなること多いのですが.
こうなると,卵は埋めません.

詳細はこちら

2017 .10.17

クロゴキブリ幼虫

カテゴリー:クロゴキブリ,

Periplaneta fuliginosa larva
PA110117.jpg
10月も半ばだというのに,まだ活動していました.
PA110119.jpg
心なしか,動きが遅い中齢幼虫.
そろそろどこかに潜り込み,越冬を開始するのでしょう.

詳細はこちら

2017 .10.16

横須賀産モリチャバネゴキブリ

カテゴリー:モリチャバネゴキブリ,

Blattella nipponica of Yokosuka
PA150187.jpg
今年もらった横須賀のモリチャバネの勢いがすごい.
この勢いを維持するのが難しい.
しかし,ダンボールシェルターより栗の葉シェルターのほうが気持ちよさそうだ.

詳細はこちら

2017 .10.13

スズキゴキブリ ダニ発生

カテゴリー:ダニ類,

Outbreak of mite
PA020175.jpg
例のダニの,大きい方が発生していた.
大きい方はすでに約半年ほど前から見なくなっていたが,どこから侵入したのか?
このケージは最近導入した個体群なのでそのときの可能性もあるが,いまだ不明.
その周りのケージにもうつっているかもしれないので,またしばらくケース毎のチェックをしなければならない.
PA020177.jpg
とりあえず駆除.
シェルターは,熱湯で殺虫.
虫体は1匹ずつ別容器に一旦移してダニがいないか確認し,新容器に移す.
問題は卵鞘.
PA020181.jpg
面倒だが,これも拾い上げる.
PA020182.jpg
PA020189.jpg
マット内からこれも一旦別容器に移し,顕微鏡下でダニの有無を調べ,新しい水ゴケで加湿し,別の場所で保管.
PA020180.jpg
またしばらく様子見する.

詳細はこちら

2017 .10.12

イエゴキブリ変死

カテゴリー:イエゴキブリ,

Neostylopyga rhombifolia unnatural death
P9230180.jpg
元は1つの系統から別に分けたこのケース.
成虫が出た後,その幼虫の死亡が多発する.
しかし,全滅はしない.
P9230181.jpg
卵鞘も変形が多い.
もともとイエゴキブリは集団飼育には向かないのかもしれない.

詳細はこちら

2017 .10.10

シマヘビ脱皮

カテゴリー:爬虫類,

A Elaphe quadrivirgata shed off the skin for the 10th
PA070194.jpg
記念すべき10回目の脱皮
ヘビの成長は,脱皮殻を確認することで節目が確認が出来るので記録さえ取っていれば,異常を早期に発見できると思う.
PA070196.jpg
気になる尾の先は,やはり残っていた.
今年の冬も常温で飼育する予定.

詳細はこちら

2017 .10.6

クマネズミ御一行

カテゴリー:ネズミ,

Rattus rattus group
P9250191.jpg
撮影のため広い場所へ移動.
初めての場所は皆おびえて隠れようとする.
P9250194.jpg
ドブネズミはこの様にはならないですね.
カメラ構えると向かって来ます.
大変恐怖です.

詳細はこちら

2017 .10.5

ブリュッセル土産

カテゴリー:ネズミ,

Brussels souvenir
P9230166.jpg
ペット用のネズミのおもちゃ,と,ホチキス.
P9230168.jpg
このホチキス,マガジン(マックスHP引用)が門歯のように見え,相性ぴったりといったところ.
実用品なのだがどうしても開封できない.

詳細はこちら

2017 .10.4

ヨロイモグラゴキブリの餌比較の結果

カテゴリー:Macropanesthia rhinoceros,

The results of food comparison of Macropanesthia rhinoceros.
8/3の国産落葉樹の葉と,ユウカリの葉の食べ比べ結果です.
P9190163.jpg
ユウカリの勝ち.
国産広葉樹の葉はほとんど残っていました.
簡単ではないですね.

詳細はこちら

2017 .10.3

マルバネゴキブリ中齢幼虫

カテゴリー:マルバネゴキブリ,

Middle instar larva of the Hebardina yayeyamana
P9180167.jpg
一時期,卵鞘のみとなり,諦めていたが奇跡的に復活した.

詳細はこちら

2017 .10.2

サビキコリ

カテゴリー:虫,

Agrypnus binodulus
P9300156.jpg
これまた週末,洗濯室の床を這っていた.
この室内で甲虫類は今年初めて.
窓も閉まっているし,どこから侵入したのだろう.
P9300159.jpg
深度合成をしたら,どこかで見たことあるような写真が出来上がった.

詳細はこちら

2017 .9.29

アゲハモドキ

カテゴリー:虫,

Epicopeia hainesii
昨日,南大沢に行った際,道路わきでおかしな物体を見つけた.
最初は,カイガラムシが超集団で蝋を出していると思ったがでかすぎる.
よく見ると,ガの幼虫だろうことはわかったが,見た記憶がない.
IMG_0576.jpg
写真撮ったが,真っ白でピントが合わない.
本当に白い.
見事な白さ.
後で調べたら,アゲハモドキの幼虫だとわかったが,久しぶりに驚いた.
agehamodoki-2.jpg
ちなみに成虫はこちら.
昔,多摩動物園内で撮影した個体.

詳細はこちら

2017 .9.28

クロゴキブリ幼虫

カテゴリー:クロゴキブリ,

Larva of Periplaneta fuliginosa
P9180172.jpg
綺麗に撮れたので.

詳細はこちら

2017 .9.27

キンバエ大発生

カテゴリー:虫,

Greenbottle outbreak
先週末より室内で飛び始めた.
最初は外から入ってきたか,ちょうど腐肉に集まるハエの収集をしていたので,それが逃げたと思ったのだが,違った.
室内でもハエを飼育しており,殺虫剤をまくわけにもいかず,ハエたたきとエタノールで捕獲する.
P9230172.jpg
この類のハエは高いところと突出した場所の良く止まる.
ハエタタキを取りやすいようにと配置したらそれにも止まる.
こうなると使えない.
P9230173.jpg
P9230178.jpg
エタノールをかけると量によっては翅が瞬間的に濡れて床に落ちる.
それをピンセットで拾い,石鹸水容器に.
P9230179.jpg
半日もしないうちにこれだけ捕まった.
害虫を殺すのが仕事だが,これでは仕事どころではない.
原因は一応特定しました.
再発はないはずです.

詳細はこちら

2017 .9.26

Hemithyrsocera histrio 4匹

カテゴリー:Hemithyrsocera histrio,

Hemithyrsocera histrio 4 larvae
P9180160.jpg
気がついたら幼虫4個体となっていた.
それ以上は死亡しないので,成虫までいけそうな気がするが,雌雄そろうか?
でも不思議です.
同じように飼育していて突然こうなります.

詳細はこちら

2017 .9.25

スズキゴキブリ ペア

カテゴリー:スズキゴキブリ,

Pair of the Periplaneta suzukii
P9180155.jpg
P9180156.jpg
やっとペアがそろいました.

詳細はこちら

2017 .9.22

ヤエヤママダラゴキブリ

カテゴリー:ヤエヤママダラゴキブリ,

Try again of Rhabdoblatta yayeyamana
P9110154.jpg
ペアがそろった.
産むか?
先日のBlack outで,B東さんと大いに盛り上がり,難しさを実感した.

詳細はこちら

2017 .9.21

ホラアナゴキブリ♂飛んだ!

カテゴリー:ホラアナゴキブリ,

Flight of a Nocticola uenoi uenoi

♂成虫が飛んだ.
ふわ~とユスリカのような,チョウバエのような.
そんな感じの,ふわー~~と.
風が少しでもあったら,長距離流されそうな感じ.
当然写真はなし.
でも,超感激.
本属の飛翔を実際に見た人は世界でも数人もいないだろう.
ただし,そんなの絶対見たくない人は人類の99.9999・・・・%いるだろう.
完全なN秋先生world.
P9110155.jpg
飛んだ♂が出た飼育ケージ.
個体数が増えると長翅結構出るようだ.

詳細はこちら

2017 .9.20

トビイロゴキブリの異変

カテゴリー:トビイロゴキブリ,

Accident of the Periplaneta brunnea
P9140204.jpg
また幼虫の死亡多発.
Periplaneta御三家
ワモンゴキブリ
クロゴキブリ
トビイロゴキブリ
の中で,もっとも弱いイメージがある.

詳細はこちら

2017 .9.19

京浜東北線内の迷入虫

カテゴリー:虫,

Invaded insect in Keihin Tohoku Line
帰宅中の電車内でカナブンほどの昆虫が飛んでいた.
乗り合わせた客は,声こそ出さないが,不快そうな雰囲気が漂っていた.
私も気になったが,ジロジロと正体を見極める行為は変人に思われそうなので,目の端で追っていた.
すると,右下方で姿が消えたので,何気に持っていた鞄に目をやると,止まっている.
セセリチョウだ.
ラッキー,写真撮りたいと思ったが,電車内混んでいたし,こんなもの撮ったら白い目で見られそうだし,それで飛び立ったら私のせいにされそうだし,のだしだしで思いとどまり,静観していた.
このまま川口まで連れて行こうかどうしようか考えたが,赤羽で多くの人が乗ってくる.
人ごみに押され間違いなく車内に飛び立つだろう.
そうなれば救出不可能.
IMG_0572.jpg
で,赤羽で一旦降り,ホームの影で撮影.
そこで放蝶し車内に戻った.
戻るとき,車両内の1名と目が合った.

詳細はこちら

2017 .9.15

クロゴキブリの飛翔,2017晩夏

カテゴリー:クロゴキブリ,

Flight of a Periplaneta fuliginosa, 2017 the end of summer
P9130156.jpg
飛んだ!
P9130157%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
と思い連写で構えるとまた飛んだ!
P9130158.jpg
P9130159.jpg
P9130160.jpg
P9130161.jpg
P9130162.jpg
P9130163.jpg
P9130164.jpg
P9130165.jpg
P9130166.jpg
着地.
素人ではこれが精一杯.
飛んでる姿を撮るカメラマンって本当にすごいと思う.

詳細はこちら

2017 .9.14

Elliptorhina chopardi 幼虫

カテゴリー:Elliptorhina chopardi,

Larva of the Elliptorhina chopardi
P9040139.jpg
繁殖に向けて最後の手段,最近調子良い木チップに替えて5ヶ月.
成虫はただ死ぬばかりで,残り成虫3個体(どれも年寄り)まで減っており,半ばあきらめていた.
P9040140.jpg
が,幼虫発見.
望みが少しつながった.
うれしいことだが最近こんなのばかりもどうかと思う.

詳細はこちら

2017 .9.13

飛べワモン

カテゴリー:ワモンゴキブリ,

Fly! Periplaneta americana
P9030055.jpg
ワモンが飛びはじめている.
クロゴキもそうだが,晩夏は飛びたくなる時期なのだろうか.
P9030057.jpg
P9030059.jpg
P9030061.jpg
P9030062.jpg
P9030063.jpg
P9030064.jpg
連続で撮影したが,カメラを構えると飛ばない.
%E5%9B%B32_edited-3.jpg
いつも思うので,忍耐で待ったがダメ.

詳細はこちら

2017 .9.12

キスジゴキブリ若齢幼虫

カテゴリー:キスジゴキブリ,

Young instar of the Symploce striata striata
8月末にM君の自宅庭にて採れたてのモリチャバネ+キスジゴキブリを頂いた.
聞いたところでは,キスジの成虫がめっきり減り,モリチャバネ一色になってきているとのこと.
P9030047.jpg
頂いたケースを見ても,モリチャバネ幼虫ばかり.
P9030049.jpg
飼育室に持って帰り,しばらく眺めているとモリチャと違う幼虫がいることに気がついた.
P9030054.jpg
左がキスジゴキブリ,右がモリチャバネゴキブリ若齢幼虫.
これでキスジ累代飼育の道が少し開けた.

詳細はこちら

2017 .9.11

シナゴキブリ

カテゴリー:その他,

Eupolyphaga sinensis
卵鞘の時期となり,生体が少くなっているが,毎回何とかつないでいるので,今回も大丈夫だろうと放置していたが,胸騒ぎがしてマット内を調べた.
結果,いない!?
P8310267.jpg
拾い上げたのは幼虫5匹と生きている可能性がありそうな卵鞘十数個.
幼虫も,水切れ特有の扁平状態.
P8310262.jpg
水の上に乗せるとしばらく動かず水を飲んでいる.
あと1週間放置したら全滅していたかもしれない.
給水容器も入っているので,水は飲めているだろうと考えていたが,難しい.
実は,昨日も同類のTherea grandjeaniが絶えた.
原因は,卵鞘が孵化しなかったこと.
P8310268.jpg
湿ったマットにすべて交換し作業完了.
しばらくこまめに観察しなければだめだろう.

詳細はこちら

2017 .9.9

Drymaplaneta semivitatta床換え

カテゴリー:Drymaplaneta semivitta,

Cleaning of the breeding container of Drymaplaneta semivitatta
P8310250.jpg
P8310251.jpg
相変わらず死骸が水っぽいので交換頻度が多い.
P8310255.jpg
よく見ると,幼虫サイズの死骸もある.
それでも維持できているのは,交換サイクルを短くしている為か,こうゆうゴキブリなのか?
P8310259.jpg

詳細はこちら

2017 .9.8

クロゴキブリ捕獲結果

カテゴリー:クロゴキブリ,

Capture result of the Periplaneta fuliginosa
P8250270.jpg
昨日セットしたトラップの結果.
P8270211.jpg
成虫ばかり良く入っています.
P82702151.jpg
餌箱から手づかみしたものも合わせるとこんなに沢山.
全部で31匹.
♂23.♀8.
P8270217.jpg
沢山といる事がわかったので自然に帰す.

詳細はこちら