ゴキブログ

Shelfordina terminalis

2021 .8.16

Shelfordina terminalis

カテゴリー:Shelfordina terminalis

Shelfordina terminalis


水容器に集まってます.
ほとんどが♂成虫ですが,♀成虫も少し混ざっています.
翅の先端が切れて見える個体.
この写真では3匹ほど確認できます.
前にも少し書きましたが,学名のterminalisはターミナル,終点,末端といった意味があり,それが由来と考えられます.

学名の意味を調べると勉強になります.

このように,カップを動かしても逃げる個体はなく,人を危険な動物と判断していないようです.
ゴキブリにもいろんなタイプがあり面白いですよ.

詳細はこちら

2021 .1.22

Shelfordina terminalis 大容器へ

カテゴリー:Shelfordina terminalis

Move Shelfordina terminalis to a large breeding case


成虫が増え,それに伴い卵鞘,若齢幼虫が増えてきました.
ここに写っているのは上が♂成虫,下が♀成虫.
卵鞘は,乾燥した場所よりミズゴケ内に産むことが多いようです.

餌に群がる若齢幼虫.

ダンボールのシェルターにもそれなりに入っています.

1齢幼虫.
可愛い顔をしています.
白い網目はガーゼの折り目なのでいかに小さいか.

今回は,水容器だけ新品にして,後はそのまま移設しました.

完成です.

詳細はこちら

2020 .12.15

Shelfordina trrminalis

カテゴリー:Shelfordina terminalis

Shelfordina trrminalis



ここに来てから生まれた仔たちの交尾.
熱帯の種なので冬も関係なく成長し繁殖しています.


初齢幼虫.
小さいので屋外で見つけるのは大変でしょう.


中齢幼虫.
本種は,紙のシェルターにも入ってくれますが,ミズゴケの方が好みのようです.

詳細はこちら

2020 .7.22

Shelfordina terminalis 幼虫

カテゴリー:Shelfordina terminalis

Shelfordina terminalis nymph


中齢幼虫


よく見ると前胸背面にトビムシが止まっている.
このトビムシも幼虫だと思います.
ゴキブリも細かなことは気にせず,みんな仲良く生活しているのですね.
とは言え,ダニはダメでしょうが.


本種は腹部先端が白くなります.
ゴキブリの幼虫ではあまり見ない配色ですが,進化の過程で有利な事があったのかもしれません.


たまたま脱皮直後の終齢幼虫.
この透明感.
見ていて飽きないです.

詳細はこちら

2020 .1.21

Shelfordina terminalis産卵

カテゴリー:Shelfordina terminalis

Egg laying of a Shelfordina terminalis


そろそろ産み終わり.


産み始め.
こうして産んでくれると世話ないのですが.

詳細はこちら

2019 .11.25

Shelfordina terminalis ♀

カテゴリー:Shelfordina terminalis

Shelfordina terminalis


♂は地味でしたが,♀成虫は少し特徴がある.

♀.
翅端部が白い.
学名のterminalisも♀からきているのでしょうか.
♀の変化では,短翅・無翅があるが,部分的に色だけ変わるのはあまり記憶にない.
何か意味があるのだろうか?
不思議な種です.

詳細はこちら

2019 .9.12

Shelfordina terminalis 成虫

カテゴリー:Shelfordina terminalis

Shelfordina terminalis adult

成虫.
茶褐色で小型.
結構地味な種でした.

終齢幼虫.
日本でゴキブリの分類を勉強するには貴重な種だと思います.

詳細はこちら

2019 .8.26

Shelfordina terminalis (Brunner von Wattenwyl, 1898)

カテゴリー:Shelfordina terminalis

Shelfordina terminalis (Brunner von Wattenwyl, 1898)

脚の斑紋の雰囲気はヨウランゴキブリに似ています.

たまには珍しい種でも見たいと思い入手しました.

Ectobiidae科(チャバネゴキブリ科)
Pseudophyllodromiinae亜科(ヒメゴキブリ亜科)
Shelfordina属(ヨウランゴキブリ属)は1種を除きアジアに分布し,全26種が知られています.
本種はMalaysia (Malacca state); Indonesia (Sumatra); Borneo Islandで見つかっているようです.
本属のゴキブリではヨウランゴキブリが日本で知られ,温室内など人工的環境にて定着が報告されています.

ちなみに,唯一アジアでない種はShelfordina panamae (Hebard, 1920)がパナマ分布です.
何かの間違いではないかと思いますが,確認するのは大変な作業になります.

まだ幼虫なので成虫になったら再登場させます.

詳細はこちら