ゴキブログ

ゴキブログ一覧

2008 .3.10

ドワーフヒッシングコックローチ

カテゴリー:ドワーフヒッシングコックローチ

ドワーフヒッシングコックローチ 
学名 Elliptorhina chopardi (Lefeuvre)
英名 Dwarf Mdagascar hissing roach
直訳すると「シューと音を出す小型のマダゴキ」となるだろうか,
色も一般的なマダゴキより明るく,なにより小さい.
%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%95%E2%99%82.jpg
♂である,前胸背にマダゴキの特徴である2隆起が現れる.
体長は40㎜程度.
脂ぎっておらず,大きさ,色見ていてかわいいと思う.
%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%81%E3%81%99.jpg
♀である.すでに腹部に仔を身ごもっている.
こうなると少し長くなり,50㎜ほど.
一般的に言われるマダゴキとは属が違うが,マダガスカルに分布しているらしい.
それにしても皆「シュー」音を出すのは面白い.

詳細はこちら

2008 .3.7

家ネズミの参考書

カテゴリー:参考書

昨日,東京でねずみ駆除協議会の研究会が行われた.
様々な家ネズミ研究の専門家,行政の方々においで頂き,
今問題になっている日本のクマネズミ問題について討議する,
おそらく日本で最先端の研究会だと思う.
そこで,議題はいろいろあったが,嬉しかったのは,
日本の家ネズミ研究の大家,
矢部辰男先生の執筆した本が出版されたとの事で,
早々本をサイン付きで手に入れた.
honn.jpg
矢部先生は,家ネズミ問題について,非常に真剣に研究されており,
また,非常に気さくな博士で,私もついつい年の差を超えていろいろ気軽に相談させて頂いている.
そのサインである.
sainn.jpg
まだ読んではいないので,内容のコメントは後日にするとして,
皆さん読んで見てはどうでしょう.

詳細はこちら

2008 .3.6

啓蟄とハエトリグモ

カテゴリー:

今日は暦の上で「啓蟄」と言われているようで,
私的にこの言葉は心ときめく響きがあります.
しかし,特別この日を境に生物たちが多くなるわけでもないのだが,
朝の気温も気のせいか温かく,
郊外に行けば昆虫類が活動しているような気にさせてくれる.
そこで昨日の続きとなるのだが,室内に持ち込まれた土壌は,
室温により一足先に冬眠からさめる.
ヒメアリのタッパーの中もコバエやらハエトリグモやらが顔を出し始めた.
haetori.jpg
ハエトリグモはクモ目,ハエトリグモ科のクモ類の一般的な呼び名で,
都市部にも普通に生息しおり,アシダカグモのように巣をつくらず,
徘徊しながら餌となる昆虫類を捕食する.
いわゆる益虫である.
私の家にもたまに顔を出し,虫嫌いの家族の中でも結構人気者になる.
触っても咬む事もせず(咬めないのかも),
もう少し大きければ愛玩用ペットとして流行したかも知れない.
これがどうもコバエ類を捕食しているらしく,
コバエが出てきてもいつ間にかいなくなっている.
コバエ類は一度発生すると,マットを総交換しなければならず,
非常に面倒くさい.
初期のうちに駆除出来れば非常に楽である.
さて,結果やいかに.
写真のハエトリグモ種名が保育社原色日本クモ類図鑑ではわからなかった.
わかる人がいれば,教えて頂きたくよろしくお願いします.

詳細はこちら

2008 .3.5

ヒメアリとコバエ

カテゴリー:

ヒメアリ(monomorium intrudens)は本州以南に生息する小さなアリである.
RIMG0003-1.jpg
希に家屋内に侵入して来るが,殆ど問題にはならない種.
近い仲間でイエヒメアリは家屋内専門の小型の蟻で,室内の至る所に営巣し,
食卓の上や密閉していない食品に群れて集り,大問題となる.
近年特にビル内で発生し,難防除種として問い合わせが多くなっている.
ゴキブリに関係ないようだが,実は関係がありまして,
ゴキ採集の際,土ごと採集してきた土に大量に紛れ込んでいたのでいた.
もったいないので,いずれ時間のあるときにしっかり同定&標本作製&写真撮影するつもりでタッパーに入れ放置しておいた.
大概こんな土にはコバエ類(大体チビクロキノコバエが多い)が発生する.
%E3%83%81%E3%83%93%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%8D%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%82%B3%E3%83%90%E3%82%A8%E3%80%80Bradisia-agrestis-SASAKAWA-4.jpg
土中にはこの手の幼虫がわんさか生息しているのだ.
放っておくと脱出して様々な土用品(観葉植物等)にうつり問題となる.
カブトムシマットに発生するのもこの種が多い.

詳細はこちら

2008 .3.4

マダガスカルゴキブリ産仔 3

カテゴリー:マダガスカルゴキブリ

しばらくすると,産んだ卵を口元の小顎肢でまさぐりはじめた.
この時点で歩き始めている個体は8匹,
孵化していない卵を食べ始めた.
%E5%8D%B5%E9%A3%9F.jpg
しかし,よく見ていると孵化しそうにない未発達の卵や,
明らかに死んでいる卵を選んで食べている様だ.
卵が出す振動か臭いで生死がわかる様だ.
それから数時間後,結局この時孵化しそうだった卵食を免れた卵も,
薄い卵膜から抜け出す事ができず死んでしまった.
%E5%8D%B5%E9%A3%9F%E3%82%92%E5%85%8D%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%80%8B%E9%81%94.jpg
最終的に幼虫として活動をはじめる事ができた個体は9匹のみ.
少し手助けすれば脱出出来そうな個体もあるのに駄目であった.
おそらく野生ではもっと確率が高いと思われるが,
飼育下ではうまくいかない事が多いのだろう.

詳細はこちら

2008 .3.3

マダガスカルゴキブリ産仔 2

カテゴリー:マダガスカルゴキブリ

生まれたての1齢幼虫.
%E7%99%BD%E3%81%84%E5%B9%BC%E8%99%AB.jpg
1齢なのに10㎜以上ある.チャバネゴキブリの終齢に近い大きさである.
体内にある全ての卵を産み落とした後に茶色のジェル状の物質を出し始めた.
糞かと思ったが,白い幼虫たちがそれを食べにやってくる.
%E8%85%B8%E5%86%85%E7%B4%B0%E8%8F%8C.jpg
腸内細菌でも含まれているのであろうか.
材食性のFamiry Panesthiidaeは腸管内のバクテリアが消化に重要な役割をしているらしいが,本種はどうであろう.

詳細はこちら

2008 .2.29

マダガスカルゴキブリ産仔 1

カテゴリー:マダガスカルゴキブリ

マダガスカルゴキブリとして流通している種はいくつかある様で,
海外のサイトや洋書,国内の本などを総合して判断すると,
さっぱり訳がわからなくなってしまうので,
とりあえず本種は「フルーツゴキブリ」or「ヒッシングコックローチ」としておきたい.
ペットローチとして,餌として最も流通している種である.
これの水容器を交換しようとケージを見ると,
お腹がはち切れんばかりの♀がいたので,産むかと思い別容器に移しておいた.
すると少し目を離したすきに産み始めたのであわてて写真に納めた.
%E7%94%A3%E3%82%93%E3%81%A7%E3%82%8B%E6%9C%80%E4%B8%AD%E5%BE%8C.jpg
産み始めたところを後方より.
プリンカップの外より移した為,ピントがぼけてしまったが,
これはこれで良かったかも知れない.
%E7%94%A3%E3%82%93%E3%81%A7%E3%82%8B%E6%9C%80%E4%B8%AD%E6%A8%AA.jpg
薄い膜のような卵殻に包まれ産み落とされると中から白い1齢幼虫が出てくる.
カマキリと同じである.
しかし,生み始めの卵は発達が未熟な卵もあるようで,
茶色かったり,小さかったりしてどう見ても中から幼虫が出てくる様には見えない卵もある.
はたして何匹無事産まれるであろうか?

詳細はこちら

2008 .2.28

マルゴキブリ 経過

カテゴリー:マルゴキブリ

ケースの掃除ついでに数を確認した.
親成虫1匹.
%E3%83%9E%E3%83%AB%E8%A6%AA.jpg
久しぶりの対面である.
仔19匹3~4齢ほどの大きさだろうか.
%E3%83%9E%E3%83%AB%E4%BB%94.jpg
やはり産仔は最初の1回だけで,その後はなっかったと思われる.
雌は貯精しないのか,それとも間隔が長いだけなのであろうか.
同じマルゴキブリ属のヒメマルゴキブリはすでに複数回産仔しているのに.
生まれたては一緒であったが,今は親と仔は別々に生活をしている.

詳細はこちら

2008 .2.27

イエゴキブリの衰退 卵鞘集合

カテゴリー:イエゴキブリ

卵鞘を並べてみた,
%E9%9B%86%E5%90%88.jpg
右の列の卵鞘は,半分ぐらいの長さしかない.
トルキスタンゴキブリBlatta (Shelfordella) lateralis (Walker)も変な飼育をしていると,
まん丸の卵鞘などを産む事があるが,
イエゴキもその様な傾向があるとは思わなかった.
約130個拾い集めた内,孵化しているのは1個であった.
%E5%AD%B5%E5%8C%96.jpg
この卵鞘もケージ底面に放置産卵されていた物であるが,
孵化する卵鞘はどんな環境でも孵化する様である.

詳細はこちら

2008 .2.26

イエゴキブリの衰退 新しい誕生

カテゴリー:イエゴキブリ

成虫は本当に少なくなった.
%E7%8F%BE%E5%9C%A8%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC.jpg
最盛期の1/100以下に減ったしまったのではないだろうか.
凹んだ卵鞘は孵化しないであろう.
そかし,いくつかの卵鞘は孵化しはじめた様で,
1齢幼虫が少し確認できるようになってきた.
%EF%BC%91%E9%BD%A2.jpg
数えても2,30匹ぐらいだろうか.
イエゴキブリが害虫として栄える事が出来なかった理由は,
どうもこのへんにありそうだ.

詳細はこちら

2008 .2.25

「近未来×予測テレビ ジキル&ハイド」にでました.

カテゴリー:ネズミ

昨日,テレビ朝日で放送された「近未来×予測テレビ ジキル&ハイド」に,
クマネズミとツーショットで出演しました.
クビの後にいる黒いのがクマネズミです.
%E3%82%B8%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%931.bmp
カーテン上部に潜んでいるクマネズミを,
あらかじめ床に敷いた粘着シート上に誘導しようとしていたら,
左腕から首筋に移動してきた瞬間です.
普通ここで逃げられると,さすがスーパーラットとなったのですが,
何とか捕獲完了.
会社でも高く評価?されたと勝手に思っております.
この番組全国放送であったようで,
ありがたい事に弘前の怪人・床屋のS氏と様々な方から電話や,メールを頂きました.
この場を借りて御礼申し上げます.
下はネズミが通行している箇所を説明しているところ.
zikiru.BMP
クマネズミは臆病ではあるのですが,
一度安全を確認すると同じ所を何度も通るので,
ラットサインと呼ばれる汚れの獣道がハッキリ残ります.

詳細はこちら

2008 .2.22

イエゴキブリの衰退 卵鞘編1

カテゴリー:イエゴキブリ

そんな状態でも一応生きているので,雌は卵鞘を沢山産んだ.
しかし,多くは食べられたり,
%E9%BD%A7%E3%82%89%E3%82%8C%E5%8D%B5%E9%9E%98.jpg
大きさが小さかったり,しぼんでいたり.
tubure.jpg
そして殆どが物影に付着されることなく,
プラケースの底面に転がして産下されている.
転がし産下された卵鞘は良い状態の物が少ない.
話は変わりますが,はずかしいのであまり宣伝はしたくなかったのですが,所の目がテンの時約束しましたので,お知らせ致します.
2月24日(日)「近未来予測,テレビジキルとハイド」にネズミ関連で少しでます.
どの様に写っているか判りませんが,興味のある方は笑ってやって下さい.

詳細はこちら

2008 .2.21

イエゴキブリの衰退 成虫編

カテゴリー:イエゴキブリ

数ヶ月前までシェルターから溢れるほど順調に増えていたイエゴキが,
成虫になると同時に,死に始めた.
これが去年の夏の状態.
%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B4%E3%82%AD%E6%9C%80%E7%9B%9B%E6%9C%9F.jpg
この時は,イエゴキブリはワモンゴキブリの様に密集してどんどん増える害虫型のゴキブリだと思っていた.
それから約半年.
寿命で死んでいるのではない.
%E3%82%A4%E3%82%A8%E8%A1%B0%E9%80%80.jpg
触角がちぎれ,脚はちぎれまともに歩けない個体が続出.
一見6本の足が有る様でも,ふ節がなく,
ダンボールのシェルターさえ登るのに支障が出る.
結局写真の様に仰向けとなり,もがく個体ばかりとなってきた.
最初は失敗したが,2度目のチャレンジで大成功と思っていたが,
とんでもない事態となってきた.

詳細はこちら

2008 .2.20

ゴキブリ書籍3のサイン

カテゴリー:参考書

新宿高島屋で「医果同源」を開発し,
様々なアドバイスを頂いている,弘前大の怪人が出展をしてると情報を得,
たまたま四ッ谷に仕事があるので,足を伸ばし,
陣中見舞いに行こうと思ったら,本人より神田のオリンパスショウルームにて
「海野和男昆虫写真展」が今日まで開催しており,
今なら本人もいると情報を得たので,新宿はスルーし,神田へ急いだ.
そこで約半年ぶりにお会いする事が出来,
念願であったこの本にサインを頂く事が出来た.
RIMG0022.jpg
さらに日付の右にゴキブリの絵まで描いて頂いた.
%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%B3.jpg
おそらく,海野先生昆虫の絵を多数描いていると思うが,
ゴキブリの絵はそんなに多くないと思う.

詳細はこちら

2008 .2.19

チャオビゴキブリ 卵鞘

カテゴリー:チャオビゴキブリ

♀しかいなかった為,当然繁殖は考えていなかったが,卵鞘を付けた.
%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%AA%E5%8D%B5%E9%9E%98.jpg
文献には卵鞘までは付けるが孵化しないと書かれており,
それでもあきらめきれず,しばらく保管していたが,
やはり孵化はしなかった.
残念.

詳細はこちら

2008 .2.18

チャオビゴキブリ 成虫

カテゴリー:チャオビゴキブリ

これは♀成虫.
%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%AA%E3%83%93%E6%88%90%E8%99%AB.jpg
本種はオスは翅が腹端を越え,メスに比べ細身である.
全くの雌雄異形と言う事はなく,比べると違うが比べなければ同一種に見える.
アメリカではチャバネゴキブリ同様家屋内の一般的な害虫として定着しており,
PCOの駆除対象として扱われていると聞く.

詳細はこちら

2008 .2.15

チャオビゴキブリ 幼虫

カテゴリー:チャオビゴキブリ

チャバネゴキブリ科 Family Blattellidae
チャオビゴキブリ属  Genus Supella Shelford
チャオビゴキブリ  Supella longipaipa (Fabricius)
%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%AA%E3%83%93%E8%8B%A5%E9%BD%A2.jpg
初齢幼虫.
%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%AA%E3%83%93%E7%B5%82%E9%BD%A2.jpg
終齢幼虫.
%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%A1%E5%B9%BC%E8%99%AB.jpg
こちらはアミメヒラタゴキブリ幼虫.
幼虫の形態はどことなくアミメヒラタゴキブリの幼虫に雰囲気は似ている.

詳細はこちら

2008 .2.14

九州ゴキブリ採集記 福岡編 その他の昆虫

カテゴリー:ゴキブリ採集

ゴキブリ以外にも同じ場所で幾つかの昆虫を見つけた.
皆越冬中で殆ど動けないでいた.
まずはエサキモンキツノカメムシ,
%E3%82%A8%E3%82%B5%E3%82%AD.jpg
蝶の幼虫ミスジチョウかな?タテハチョウ科には間違いないと思うのだが.
%E5%B9%BC%E8%99%AB%E3%80%8D.jpg
昔は蝶を少しやっていたので幼虫は結構覚えていたのだが.
歳とともに物忘れが多くなってきた.
両方ともモリチャバネと同じ樹の根本にいた.
%E6%A8%B9.jpg
少し高い位置にあり,雨が降っても雨流に巻き込まれず,
日が当たれば温かい場所と思われる.

詳細はこちら

2008 .2.13

九州ゴキブリ採集記 福岡編 その2

カテゴリー:ゴキブリ採集

河原で30分ほど採集し,仕事をしに市内へ.
その後,飛行機の時間まで山に移動しゴキ探索にはいる.
寒さに震えながら,朽ち木性のゴキか森林性のゴキを期待したが,寒すぎた.
場所もポイントをずらしてしまい思うように見つからない.
結局モリチャバネ数匹の捕獲に終わる.
かなりの冷え込みにゴキブリも動けないほどであった.
%E7%AB%B9.jpg
笹の枯れ茎内部と,葉の丸まった内部に多く潜んでいた.
%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3.jpg
例数は終齢手前ほどの大きさの幼虫のみ.

詳細はこちら

2008 .2.12

九州ゴキブリ採集記 福岡編 その1

カテゴリー:ゴキブリ採集

福岡営業所からチャリ10分の距離にある河川土手を探した.
%E3%83%84%E3%83%81%E6%8E%A1%E9%9B%86%E5%9C%B0.jpg
普通の土手である.
モリチャバネぐらい生息しているかと思ったが,
ツチゴキブリsp幼虫とモリチャバネ幼虫を見つけた.
%E3%83%84%E3%83%81sp.jpg
成虫にしてから同定をする予定.

詳細はこちら

2008 .2.8

九州ゴキブリ採集記 熊本編

カテゴリー:ゴキブリ採集

採集記ほどのこともないが,今週頭に熊本,福岡と出張で行ってきた.
一泊二日で二つの都市をまわったので時間がなかった.
それでも,合間にゴキブリ採集をしようと考えていたのだが,寒い!
去年の今頃,ペストコントロールフォーラムで鹿児島に行ったときはこんなに寒くなく,
ゴキブリも沢山捕れたので,そのつもりであったが全く違った.
同じ九州でもこんなに違うとは思わなかった.
しかし,ブログのネタにもしたいし・・・・.
それでも何とか少し採集出来た.
熊本はポイントが判らなかったが,熊本のI所長の助けを借り
モリチャバネ幼虫1
%E3%82%AF%E3%83%AD.jpg
クロゴキ幼虫1
トビズムカデ3
となった.
モリチャバネは朽ち木の樹皮下より,クロ・ムカデは朽ち木内より採集出来た.
側溝内を探していたら嫌な生き物を見つけた.
ハリガネムシsp. 
%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%82%AC%E3%83%8D%E3%83%A0%E3%82%B7.jpg
冬に見るとは思わなかった.
冬眠しているのだろうか.

詳細はこちら

2008 .2.7

エジプト砂漠ローチ 交尾・卵鞘

カテゴリー:エジプト砂漠ローチ

これで初めて同じ種であると思える.
%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E4%BA%A4%E5%B0%BE.jpg
体色も雄の翅は漆黒色であるのに,雌は赤茶色をしている.
体重は♂0.3g,♀1.7g.
♀は♂の5.6倍の重量がある.
これだけ違う雌雄もあまり知らない.
その結果産まれるのが卵鞘.
%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E5%8D%B5%E9%9E%98.jpg
卵鞘の継ぎ目(龍骨部)に鉤上の突起が14~16個並ぶ.
おそらくこの鉤上突起と中の卵の数は何か関係していると思われる.
未だこの種の卵鞘が孵化した実績が無く,いずれは孵ると思うのだが,
待ち遠しい.

詳細はこちら

2008 .2.6

エジプト砂漠ローチ 形態 腹面

カテゴリー:エジプト砂漠ローチ

♂成虫体長約20㎜翅端までは約30㎜.
高いところから落とすと翅を羽ばたかせて落下するが,
飛んだところは見た事がない.
背面から見ると大きく見えるが,裏返すと本当の大きさは全長の2/3.
これだけ翅の比率が大きければ飛びそうなものだが.
Polyphag%E2%99%82%E8%85%B9%E9%9D%A2.jpg
雌の腹面と比べると貧弱に見える.
%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E2%99%80%E8%A3%8F.jpg
♀体長約25㎜.
体型は円盤状で動きも意外と素早く,床材に潜ろうとする.

詳細はこちら

2008 .2.5

エジプト砂漠ローチ 形態

カテゴリー:エジプト砂漠ローチ

Polyphaga aegyptica (Linnaeus)
雌雄異形の外国種.
%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%88-8%29pea.jpg
生息地がいまいち判らないが,学名にあるようにエジプト辺りではないだろうか.
写真からも判るように,♂♀全く違う形態をしており,♀はゴキブリにさえ見えない.
死んだまねをするため,写真は比較的簡単に取れる.
両方とも生きています.

詳細はこちら

2008 .2.4

アイスポットローチ

カテゴリー:アイスポットローチ

Lucihormetica subcinta
珍しい形態のゴキブリである.
%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88.jpg
♂成虫前胸背にイボのような明瞭な黄斑点がある.
雌雄両方短翅で非常に特徴がある.
しかしこれは実は死骸.
生きているのは未だ幼虫で,飼育法が全くわからない.

詳細はこちら

2008 .2.1

フタテンコバネゴキブリ 1齢幼虫

カテゴリー:フタテンコバネゴキブリ

去年の夏に沖縄で採集したフタテンコバネゴキブリ幼虫が孵化した.
本種は成虫でも翅が伸びず.
無いように見える.
その1齢幼虫
%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%86%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%90%E3%83%8D%EF%BC%91%E9%BD%A2-5.jpg
非常に小さい.
バックに写っている白い網状の物はガーゼの目である.
グリーンバナナ1齢も小さいと思ったが,これも小さい!
しかし,成虫の特徴でもあり,名前の来となっている二点が腹部背面に見える.
中胸の白帯はクロやトビイロゴキブリのようである.
%EF%BC%91%E4%BB%A4%E5%B7%A6%E3%82%AF%E3%83%AD%E5%8F%B3%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%88.jpg
クロゴキ1齢.
次回ジックリ観察してみます.
屋外では土壌表面にいると思われ,
これを見つけて捕まえるのはおそらく無理であろう.
ちなみに本種もネズミの固形飼料をよく食べる.

詳細はこちら

2008 .1.31

オオムカデ産卵

カテゴリー:多足類

ついに産卵した.
卵食を防ぐためシェルターを瞬間的に持ち上げて撮影したため,
ピンぼけであるが黄金色の卵が確認出来る.
%E7%94%A3%E5%8D%B52.jpg
前回の産卵の時もそうであったが,オオムカデは産卵前になると丸い巣の様な産室をつくり産卵をするようだ.
前回産卵してから約3ヶ月,加温した状態で飼育すると年4回産卵する計算となり,
小笠原のような気候であれば,一年中繁殖が可能と思われる.
産卵数がトビズムカデと同程度とすると50×4=200匹.
かなりの増え方をする.
はたして今回は無事孵化するか.
それともこの写真撮影の刺激でまた食べてしまったか?
約1ヶ月弱で孵化する様なので,次のレポートは約1ヶ月後.
しばらくはじっと我慢で放置する事にする.

詳細はこちら

2008 .1.30

オオムカデ産室

カテゴリー:多足類

オオムカデが水を飲んでいた.私が雄と勝手に思いこんでいる小さい方である.
%E6%B0%B4%E9%A3%B2%E3%81%BF.jpg
霧吹きしたときに水滴を舐めているのは確認したが,水飲み場で飲んでいるのは初めて見た.長時間同じ姿勢で動かないので,弱っているのかと思ったが,元気に噛みつこうとしてきた.
雌と思いこんでいる方もまた巣穴状態が丸くなってきた.
産室では無いかと期待する.
%E4%BB%B2%E8%89%AF%E3%81%97.jpg
2匹とも本当に喧嘩もせず,仲が良い.
産卵してくれると良いのだが.

詳細はこちら

2008 .1.29

マルバネゴキブリ

カテゴリー:マルバネゴキブリ

ゴキブリ科 Family Blattidae
マルバネゴキブリ属 Genus Hebardina Bey-Bienko
マルバネゴキブリ  Hebardina yayeyamana Asahina
RIMG0027-1.jpg
何とも情けない標本だが私の友人が捕獲してきてくれた貴重な標本である.
判りにくいが,本種雌は前翅が短くヤマトゴキブリの♀成虫に一見似るが,それよりも更に短い.
まだ標本しかない為,生態や幼虫形態は不明.
本種は日本では雌しか捕獲されておらず,朝比奈正二郎著「日本産ゴキブリ類」によると,
台湾では雄が得られているとの事.
日本での雄の発見もしくは単為生殖なのかこの目で確認したいところである.
飼育している方の話では,単為生殖で増えるとの事.
何とか確認したい.

詳細はこちら

2008 .1.28

マルゴキブリ近況

カテゴリー:マルゴキブリ

ヒメマルゴキブリついでにマルゴキブリのその後.
昨年,11月末に産まれた仔達.
RIMG0017.jpg
本種はいまいち何を食しているのかよく判らないが,ちゃんと成長していた.
%E3%83%9E%E3%83%AB%E5%B9%BC%E8%99%AB.jpg
しかし,産仔は1回しかしていないようだ.
早く雄を見てみたい.

詳細はこちら

archive-blog