ゴキブログ

ゴキブログ一覧

2015 .9.18

祝今戸事務所初飛行

カテゴリー:クロゴキブリ

Congratulations! The first flight of the Periplaneta fuliginosa in the Imado office
夜中仕事をしていると,PC上方前方視界に何かが動いた.
虫だろう直感はしたが,ゴキには結びつかなかった.
この建物内では3回目の飛翔目撃.
事務所内では初.
前回事務所で飛んだのは,浅草寺裏の事務所だったが,思い出してみると,あの時と良く似た状況だ.
ブログを見返すと,5年前の7月に飛んでいた.
sinndidio-2.jpg
sinndidio-3.jpg
次も間違いなく飛ぶと思い,ビデオをセットして刺激したら見事に飛翔.
したが,録画ボタン押し忘れて撮れてなかった.
sinndidio-1.jpg
そうこうしていたら,どこかに消えていった.
残念.

詳細はこちら

2015 .9.17

Archiblatta hoevenii羽化ラッシュ

カテゴリー:ジャイアントローチ Archiblatta hoevenii

Emergence rush of the Archiblatta hoevenii
幼虫の時期は,まだ生長途中なので,窮屈な状態を我慢してもらっている.
しかし,成虫はこれから次世代を産んでもらわなければならない.
aqwehf-2.jpg
aqwehf-4.jpg
中プラケでは狭すぎ.
aqwehf-1.jpg
特大に移動.
これだけのスペースを確保したのだから,健康な卵鞘を産んでほしい.

詳細はこちら

2015 .9.16

イエシロアリ大暴れ

カテゴリー:シロアリ

The Coptotermes formosanus rampage.
uy6jcdm-4.jpg
前回のまま放置していたら,さらに暴れまわっている.
蓋上まで進出.
uy6jcdm-6.jpg
蓋を取るとこんな状態.
uy6jcdm-7.jpg
紙裏は前回とあまり変化なし.
uy6jcdm-1.jpg
表面に露出している材を押すと完全に中は空洞.
食い尽くして数匹のシロアリしか確認できない.
餌やりを真剣に検討しなければダメなようだ.

詳細はこちら

2015 .9.15

Gromphadorhina oblongonotaのダニ駆除完了

カテゴリー:マダガスカルゴキブリ Gromphadorhina oblongonata

The mites extermination of the Gromphadorhina oblongonota is finished.
永く続いた本種のダニ駆除が完了を迎えようとしている.
過去に
2010年1月8日
2011年1月19日
と洗浄による駆除を行なったが,完全駆除は出来なかった.
以前どこかで聞いた,初齢幼虫にはダニが付いていない.
poiouiyuy-2.jpg
の情報を思い出し,初齢幼虫ばかり抜き出し,個別飼育したケージ.
poiouiyuy-1.jpg
いない.
poiouiyuy-3.jpg
これもいない.
これは大丈夫かもしれない.
これで二度とこのダニにお目にかかれないとなると,少し寂しい気がする.
このダニをどう生かすか.
少し考えます.
とりあえず,「初齢幼虫にはダニが付いていない」.
は,正解.

詳細はこちら

2015 .9.14

Drymaplaneta semivittaの飼育について

カテゴリー:ゴキブリの飼育方法

qwweer-3.jpg
About breeding of the Drymaplaneta semivitta
RIMG0941.jpg
死骸の状況が水っぽい.
これは,多種ではあまり望まない状況である.
qwweer-2.jpg
が,初齢幼虫は普通に孵化し,幼虫死骸もあまり見ない.
qwweer-4.jpg
卵鞘の産み付け方も特徴があり,密集した場所に,卵鞘の短辺を貼り付けるため,ごつごつ飛び出して見える.
qwweer-1.jpg
清掃後.
そんなわけで,このケージのメンテサイクルは短い.

詳細はこちら

2015 .9.11

Archiblatta hoevenii餌の与え方変更

カテゴリー:ジャイアントローチ Archiblatta hoevenii

Change of how to give bait of the Archiblatta hoevenii
この餌は,唯一保存の出来る餌なのだが,半生状である事から,カビが生えやすい.
iwru-1.jpg
カップに入れると,表面のみを齧る.
食べ難いのだろう.
で,キノコを見て思いついた.
iwru-2.jpg
串刺しコーン.
土台にはオアシスを埋め込み固定した.
今のところ,カビは生え難そうである.

詳細はこちら

2015 .9.10

ヒメクロゴキブリ♀多数

カテゴリー:ヒメクロゴキブリ

A lot of Chorisoneura nigra female imagos outbreak.
sdkfjsd-1.jpg
sdkfjsd-2.jpg
sdkfjsd-3.jpg
雄が見当たらないのですが,シェルター内にも潜んでいるので,交尾できていると思っています.
にしても,この種は,本当にゴキブリという気がしないです.
何でしょう?
不思議です.

詳細はこちら

2015 .9.9

ネバダオオシロアリ羽蟻大発生

カテゴリー:その他

Winged termites of Zootermopsis nevadensis 2
jkghf.jpg
先月から出ていたが,ここの所急激に数を増している.
巣内にも沢山見られるようになった.
明らかに手狭だろう.
シロアリの容器交換は簡単には手が出せないが,次おこないます.
さて,どのように行なうか検討します.

詳細はこちら

2015 .9.8

晩夏 夜のクロゴキと恐怖

カテゴリー:クロゴキブリ

Periplaneta fuliginosa and fear night in late summer.
注:最後に不快な物があるかもしれません.見たくない方は,このへんでお帰り頂くことをお勧めします.
バタートラップで捕獲しすぎたためか,ここの所クロゴキを見なかった.
RIMG0971.jpg
久しぶりにいつもの場所で発見.
dfty-1.jpg
♂成虫.
この夏は頑張りすぎたか足取りが怪しい.
dfty-4.jpg
この角度から見ると,艶かしいフォルムをしている様に見える.
dfty-5.jpg
まさに,Smoky brown cochroach.
dfty-6.jpg
フラッシュ無だと,Black cockroach
dfty-3.jpg
最後に,Vで記念撮影.
dfty-2.jpg
とどめ.
夏は終わった!

詳細はこちら

2015 .9.7

オガサワラヤモリ

カテゴリー:爬虫類

Lepidodactylus lugubris
truhjdtykify-2.jpg
これは小笠原父島の個体.
国内では大東島の集団だけが在来とされるようだ.
日本の種は,単為生殖で増える為,メスだけしか存在しない.
動きは,ニホンヤモリのようにおっとりとしており,ホオグロに比べると捕まえやすい.
truhjdtykify-1.jpg
小笠原でヤモリを捕獲しようとして,逃がすのはホオグロ.
捕まるのはオガサワラのイメージが強い.

詳細はこちら

2015 .9.4

ツチゴキブリにダニ

カテゴリー:ツチゴキブリ Margattea kumamotonis kumamotonis (Shiraki)

The mite which occurred in a breeding case of the Margattea kumamotonis kumamotonis.
RIMG0898%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
矢印に先に見える点々が全てダニ.
今まで発生していた物とは大きさが違う.
そして,中を確認すると幼虫がいない.
nbn-4.jpg
死骸を探すと全て成虫なので,ここしばらく幼虫が発生していない可能性が高い.
生き残った成虫は20匹程度.
nbn-2.jpg
生んだばかりと思われる変な卵鞘.
nbn-7.jpg
よさそうな卵鞘を拾ってみたものの,拡大すると大半はダメそう.
nbn-1.jpg
良さそうな物と,ダメそうだが何とかなりそうな物を分け,
nbn-5.jpg
小プラケで経過を観察する事とする.
うまく繋がれば良いが.

詳細はこちら

2015 .9.3

クロゴキブリの交尾

カテゴリー:クロゴキブリ

Copulation of the Periplaneta fuliginosa
RIMG0994.jpg
綺麗な個体.
新成虫同士だろう.
右が♀.

詳細はこちら

2015 .9.2

Deropeltis paulinoiのシェルター

カテゴリー:Deropeltis paulinoi

Shelter of the Deropeltis paulinoi.
trtyi-2.jpg
Deropeltis属を数種飼育したが,全てが刺激すると茶色の体液を放出する.
野生下では,個体密度が高くないので,多分外敵などの刺激により出すと思うのだが,飼育下の過密状態では,お互いの刺激で結構出しているのだろう.
trtyi-1.jpg
左が元の色だが,見事に変色しているのが分かる.
しかし,変な死亡個体は出ないので,自家中毒はしないのだろう.

詳細はこちら

2015 .9.1

クマネズミの「グー」

カテゴリー:ネズミ

Rock of Roof rat.
RIMG0859.jpg
クマネズミが活動せずに,うずくまっている時の手(前足)
RIMG0859j.jpg
アップ.
ちなみにクマネズミの手の指は見かけ上は4本.

詳細はこちら

2015 .8.31

グリーンバナナ Giant 床換え

カテゴリー:グリーンバナナローチ Panchlora sp."Giant"

Panchlora sp.”Giant”
これはPanchlora nivea よりふた回りほど大きくなる.
Panchlora属は南米を中心に49種記録され,前胸背板に斑紋が出る種もあるようです.
RIMG0865.jpg
ラベルを見ると6月に実施している.
2ヶ月間隔は平均的な間隔ですね.
RIMG0866.jpg
順調に飼育できているとこのような感じです.
RIMG0867.jpg
緑が映えます.
今後,Sp.はすっきりしないので.
こういった不明な種は,同定を始めたいと思います.

詳細はこちら

2015 .8.28

Panchlora sp. “Costa Rica “

カテゴリー:Panchiora sp


Panchlora sp
. “Costa Rica ”
itr.jpg
黄色い個体が出る種.
このケージも,今年の3月からケージ交換していなかった.
RIMG0861-314x236.jpg
ラベルは役に立ちます.

詳細はこちら

2015 .8.27

ヒメクロゴキブリ累代

カテゴリー:ヒメクロゴキブリ

Eon breeding of Chorisoneura nigra
fdgjg.jpg
羽化ラッシュ.
fdgjg-1.jpg
小プラケでは次期世代が発生した時,ケージ交換が大変になるため,早めに移行.
fdgjg-2.jpg
あまり変化ないが,中プラケです.
小型種のケージ交換は,タイミングが難しいですね.

詳細はこちら

2015 .8.26

大きくなったトビズムカデ

カテゴリー:多足類

The Scolopendra subspinipes mutilans which greatly grew up
jgihgj.jpg
本当は,網越しではなく手に乗せたいのだが.
これで体長は14cm程度.
それでも,太っているので大きく見える.
前にも書いたが,ピンクを与えなくなって,突然死が無くなった.
さて,どこまで大きくなるか,楽しみである.

詳細はこちら

2015 .8.25

イエシロアリ乱心

カテゴリー:シロアリ

Insanity of the termite.
RIMG0878-314x236.jpg
4年目を迎えたイエシロアリの飼育ケージ.
突如,天空蟻道を作ってくれました.
防虫紙穴あき,この状態だと近いうちに餌の追加をしないともっと暴れまわった後,壊滅なんて事に成りかねない.

詳細はこちら

2015 .8.24

木曽の生き物2015

カテゴリー:

Creature of Kiso of the summer 2015
夜,腹ごなしに散歩に出たが,相変わらずゴキブリを見かけない.
クワガタやカブトムシもいない.
RIMG0884.jpg
が,毎年のことだがツバメのねぐら.
「ツバメ」って正式な和名だったんですね.
学名はHouse(Barn) Swallow
「ゴキブリ」のような通称だと思っていた.
これだけいるのであれば,餌になる昆虫類は多いのだろう.
RIMG0885.jpg
1匹だけで,手の届きそうな軒下にいた個体.
翌日はいなくなっていたので,皆に合流したのでしょう.
RIMG0919.jpg
駐車場にいた,カマドウマの一種.
捕まえてきて,同定すればよかった.
RIMG091jh1.jpg
モコモコの蛾幼虫.
久しぶりに疾走しているのを見ました.
スジモンヒトリの幼虫でしょうか?
今年は,粘着トラップを設置したので,冬か来年の夏に確認したいと思います.

詳細はこちら

2015 .8.21

Lucihormetica verrucosa羽化

カテゴリー:Lucihormetica verrucosa

Newly‐emerged cockroach.
sdfd-1.jpg
ゴキブリっぽくないですね.
この状態のままだと,謎の生き物です.

詳細はこちら

2015 .8.20

Hemithyrsocera histrio床換えのタイミング

カテゴリー:Hemithyrsocera histrio

Timing of the cleaning of the breeding container of the Hemithyrsocera histrio.
luiol8y.jpg
以前も書いたかも知れないが,記録をとるのは大事です.
採集個体であればそのデータ.
ブリード個体であればそれの分かるだけのデータ.
入手した日や入手先.
luiol8y-1.jpg
見た目それほど汚くないが,床変えした履歴を見ると,3ヶ月前.
よく見ると汚い.
luiol8y-2.jpg
実際の汚れ.
丈夫な種だが,油断すると痛い目にあうのが常.
ゴキブリと言えど侮れない.
大事な種はこまめに観察しましょう.
luiol8y-3.jpg
清掃後.

詳細はこちら

2015 .8.19

Archiblatta hoevenii F3新成虫の誕生

カテゴリー:ジャイアントローチ Archiblatta hoevenii

Emergence of F3 of the Archiblatta hoevenii
reghtty.jpg
続々羽化が始まっている.
少しの刺激で,例の体液を分泌するため,多頭飼育は出来そうにない.
そこで,中プラケに成虫を移動.
reghtty-3.jpg
ヤシガラと,腐葉土を混ぜ合わせ,水とシェルターを設置.
reghtty-4.jpg
餌を設置して完了.
まとめ飼育が出来ないと,ケージばかり増えて大変なことになりますね.
何か考えないといけません.
そういえば,100均のヤシガラ圧縮用土が絶版になったと聞きました.
入手難しそうです.
見つけたらとりあえず,入手したほうが良いかもしれません.

詳細はこちら

2015 .8.17

ヤエヤマサソリ新子

カテゴリー:多足類

The larva which just hatched of the Liocheles australasiae
fgrt.jpg
ほかのHPでも,孵化した記事が載ってますね.
今頃が旬なのかもしれません.
これだけいて,餌も結構与えているつもりでも,いつの間にか2~3匹に減っています.
手前の茶色は餌ゴキ.
全てを成虫にするには,広いスペースと強い意志が必要です.

詳細はこちら

2015 .8.14

鹿児島県その他の生物in 2015夏

カテゴリー:

2015 Kagoshima other creatures collection in summer.
ゴキブリを探す過程でそそられた生き物たち.
%EF%BD%93%E3%81%BD%E3%81%B5%E3%81%83%E3%81%82%E3%82%92%E3%81%88%E3%81%86%EF%BD%94%EF%BD%87-2.jpg
暑い夏といえばクマゼミ.
東京でも鳴いているようだが,未だ聞いたことがない.
%EF%BD%93%E3%81%BD%E3%81%B5%E3%81%83%E3%81%82%E3%82%92%E3%81%88%E3%81%86%EF%BD%94%EF%BD%87-3.jpg
コガタアカイエカ.
だと思う.
%EF%BD%93%E3%81%BD%E3%81%B5%E3%81%83%E3%81%82%E3%82%92%E3%81%88%E3%81%86%EF%BD%94%EF%BD%87-1.jpg
抱卵中のトビズムカデ.
かなり大きな個体だったが,仔がいたので採集せず.
しかし,刺激したので食った可能性大.
ムカデの幼体は沢山見つかりました.
今頃仔ムカデが出る時期なのでしょう.
%EF%BD%93%E3%81%BD%E3%81%B5%E3%81%83%E3%81%82%E3%82%92%E3%81%88%E3%81%86%EF%BD%94%EF%BD%87-5.jpg
排水側溝内.
%EF%BD%93%E3%81%BD%E3%81%B5%E3%81%83%E3%81%82%E3%82%92%E3%81%88%E3%81%86%EF%BD%94%EF%BD%87-4.jpg
アシダカグモ成体が等間隔に張り付いていました.
%EF%BD%93%E3%81%BD%E3%81%B5%E3%81%83%E3%81%82%E3%82%92%E3%81%88%E3%81%86%EF%BD%94%EF%BD%87-6.jpg
ヤモリ集団産卵場所.
未孵化卵がまだいくつもありました.
孵化ベビーはアシダカに見つかったら一発で餌食でしょう.

詳細はこちら

2015 .8.13

鹿児島県ゴキブリ採集in 2015夏

カテゴリー:ゴキブリ採集

2015 Kagoshima cockroach collection in summer.
8年ぶりの鹿児島.
しかも,フタホシモリゴキブリを採集した指宿.
RIMG0879.jpg
開聞岳が目の前に大きくそびえている.
標高924m.
日本百名山のひとつらしいです.
確かに綺麗な形をしており,南硫黄島のような雰囲気があります.
RIMG0173-314x236.jpg
ちなみに,こちらが南硫黄島.
さて,今回は野外の「ゴキブリ採集」の仕事.
人目はばからず,地表に顔を押し付け夢のような仕事でした.
とはいえ,山中には入れなかったので,目標は漠然と5種と定めました.
まず1種.
RIMG0860.jpg
サツマゴキブリ.
RIMG0839.jpg
ヒメチャバネゴキブリ.
RIMG0878.jpg
そして,フタホシモリゴキブリ.
前回採集したときは冬だったのですが,今回は真夏.
動きが素早く,採集する気がなければただの虫として気にも留めないでしょう.
こんなにいるのに今まで誰も見つけていないとは不思議です.
小さくて写真は取れませんでしたが,これ以外にツチゴキブリと思われる初齢幼虫.
ここでは,4種止まりとなりました.
%EF%BD%8B%EF%BC%A0%E3%81%8A%EF%BD%90.jpg
しかし,帰り道で訪問した施設のトイレ床にてチャバネゴキブリ幼虫発見.
これにて5種達成.
心残りはオガサワラゴキブリ.
ワモンゴキブリ
クロゴキブリ
も狙いたかったが,今回は日中の作業が過酷で,宿に帰って寝るだけ.
でも,久しぶりに楽しいひと時を過ごした.

詳細はこちら

2015 .8.12

ヒメクロゴキブリ新成虫誕生

カテゴリー:ヒメクロゴキブリ

The adult which just emerged of the Chorisoneura nigra
RIMG0945.jpg
今年孵化した個体が早くも成虫となった.
屋外では年1回,室内では年2回の発生以上はしそうだ.

詳細はこちら

2015 .8.11

大阪のミドリガメ

カテゴリー:爬虫類

Trachemys scripta elegans of Osaka prefecture.
RIMG0845-314x236.jpg
関西支社に向かう途中の橋の上から.
大川の一部が囲われ池のようになった淀みにて.
RIMG0846-314x232.jpg
甲羅にコケが生え貫禄十分.
日本の亀はこの先どうなってしまうのだろうか.

詳細はこちら

2015 .8.10

クマネズミの壮絶排除

カテゴリー:ネズミ

Fierce struggle of the roof rat.
RIMG0746-314x236.jpg
繁殖を開始しない雄2,雌1の大型飼育ケージに,現状打破の為,雄1を入れたのだが,3時間後に見に行ったら死亡していた.
攻撃される場所は下半身に集中する.
新参者が受けいれられる確立は低い.

詳細はこちら

2015 .8.7

鞄にチャタテムシ

カテゴリー:

The book louse which attached to a bag.
RIMG0846%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
最近出張が多い.
搭乗待ちをしていたら,動くものが.
RIMG0847%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
良く見るとチャタテムシ.
会社から持ってきたか,電車で移ったか.
いずれにしろ1匹なので,つぶして完了.
チャタテムシでよかったが,トコジラミの現在の広がりを考えると,どこにいても不思議ではない.
皆さん気をつけましょう.

詳細はこちら

archive-blog