ゴキブログ

ゴキブログ一覧

2012 .6.18

炭カルの代用品

カテゴリー:ゴキブリの飼育方法

The substitute of calcium carbonate.
問い合わせが多い炭カル購入方法.
いろいろ調べたが普通では難しい事が良く分かった.
代用品としては「タルク」が一般的だが,試薬のタルクはどうにも使えなかったのでネットで購入できる物で試した.
tasdkfsdfd.jpg
商品がこれ.
1㎏483円.
FRPの材料として販売していた物だが,早速実験.
tasdkfsdfd-1.jpg
エタノールに溶いた状態.
tasdkfsdfd-2.jpg
塗った状態.
むらができ易いが,まあそれっぽく見える.
tasdkfsdfd-3.jpg
後はチャバネゴキブリを入れ様子を見る事に.
次週結果報告予定.

詳細はこちら

2012 .6.15

事務所の珍客

カテゴリー:

Unexpected guest of the office.
前の事務所はハエトリグモやクロゴキも訪れた.
この事務所になって始めての来客.
%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%83%86%E3%83%B3%E5%9B%9B%E7%B4%8B%E5%9E%8B-1.jpg
ナミテントウ.
忙しい仕事の合間で「ホッ」とした瞬間.
%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%83%86%E3%83%B3%E5%9B%9B%E7%B4%8B%E5%9E%8B-2.jpg
ネットで調べると,4紋型というタイプのようだ.
どこから入ってきたのか.
室内にはアブラムシもいないので,窓から退去してもらった.

詳細はこちら

2012 .6.14

Elliptorhina chopardi 床換え

カテゴリー:ドワーフヒッシングコックローチ

The care of the Elliptorhina chopardi
dogdfsgfio.jpg
マダゴキ系には最近はこの様な木のチップを使っている.
確か,ショウジョウバエ培地に混入させる用の資材だった気がする.
結構いろんな種に使える.
dogdfsgfio-1.jpg
新セット.
dogdfsgfio-2.jpg
マダゴキ系全般に言える事だが,水のみ場のガーゼが変な劣化をする.
これがまた変な臭いがする.
dogdfsgfio-3.jpg
仔もとれているが,この量の卵鞘産み捨てが気になる.

詳細はこちら

2012 .6.13

ヤマトヤブカ

カテゴリー:

Aedes japonicus.
%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%88%E3%83%A4%E3%83%96%E3%82%ABAedesjaponicus-2.jpg
O木氏より.
なかなか綺麗に撮りますね.
私には出来ません.
林に普通に見られ,発生源(ボウフラ)は岩の窪みの水溜りや樹洞,廃棄された機器の水溜り,墓石の水溜りなど.

詳細はこちら

2012 .6.12

トビイロさらにその後

カテゴリー:トビイロゴキブリ

Of the Periplaneta brunnea next; afterwards.
さらに8匹死亡.
RIMG0201.jpg
恐ろしすぎます.
kjlo.jpg
残り2匹.
中齢幼虫でシェルターに潜っているので雌雄の確認はしていない.
ペアでなければOUT.

詳細はこちら

2012 .6.11

ヨロイモグラゴキブリ孵化

カテゴリー:ヨロイモグラゴキブリ

Incubation of the Macropanesthia rhinoceros
モグラのように潜ってばかりのヨロイモグラゴキブリ.
mogfdfgdf.jpg
久しぶりに掘って見ると幼虫が出てきた.
mogfdfgdf-1.jpg
mogfdfgdf-2.jpg
嬉しいですね.
こう考えると,本種は意外と世話いらず.
もう少し楽しめる飼育環境を考えたい.

詳細はこちら

2012 .6.8

トビイロその後の経過

カテゴリー:トビイロゴキブリ

Of the Periplaneta burunnea afterwards.
fdgfd.jpg
昨日,13匹残っていたが,今日は8匹死んで残り5匹.
幼虫で死んでいくのを見るのはつらいですね.
まして,残り5匹となると絶望的です.
fdgfd-1.jpg
唯一雌成虫が卵鞘を生んでくれることを期待したい.
ついでにケースも中から小に.
負けるなPeriplaneta burunnea

詳細はこちら

2012 .6.7

クマネズミの能力「噛む」

カテゴリー:ネズミ

Capability which a black rat bites.
kdfrnerkgfd.jpg
これはアルミの針金であるが,やわらかく曲げやすいので,ネズミのケージのちょっとした開口部の留めに使っていた.
kdfrnerkgfd-1.jpg
ところが,こんな状態に.
クマネズミはアルミであれば穴を開けることは知られている.
しかし,木やプラスチックのように日常的に見られる事は無い.
kdfrnerkgfd-2.jpg
と思っていたが,この通り.
お見事.

詳細はこちら

2012 .6.6

鴨川ゴキブリのその後

カテゴリー:モリチャバネゴキブリ

After that [ of the cockroach collected in Kamogawa ].
gfdklgjldf.jpg
意外とあっけなく死んでしまった.
これ系のゴキブリの死亡率はかなり低いのだが.
脱皮不全が原因だろう.
gfdklgjldf-1.jpg
ちなみに種は何か確認したが,モリチャバネが群れていた生息環境と,腹面腹端の形態からモリチャバネゴキブリ幼虫としておく.

詳細はこちら

2012 .6.5

トビイロゴキブリ危機

カテゴリー:ゴキブリの病気

The crisis of Periplaneta brunnea
kasjiame3.jpg
今度は逆に壊滅の危機.
数週間前は普通に数百匹群れていたのだが.
kasjiame3-1.jpg
悪臭と共に死亡して黒化した死骸の山.
幼虫から成虫まで殆んど死亡している.
ゴキブリ属がこんなに短期間で死滅に瀕したのは今回初めてである.
ウイルスのような物だと思うが,他に感染しては大事となる.
kasjiame3-3.jpg
まだ息のある個体も若干いるがこうなった物はダメであろう.
kasjiame3-2.jpg
結局この時点で元気な個体はこれだけ.
何と13匹.
復活なるか?

詳細はこちら

2012 .6.4

ワモンゴキブリのおかしな卵鞘

カテゴリー:ワモンゴキブリ

Ootheca of the strange form of Periplaneta Americana.
hgd.jpg
卵数の少ない(短い)卵鞘.
hgd-1.jpg

詳細はこちら

2012 .6.1

トウヨウゴキブリ完全復活

カテゴリー:トウヨウゴキブリ

Full revival of the Blatta orientalis
lotertgreg.jpg
もはやこの状態.
lotertgreg-1.jpg
床換え中.
lotertgreg-2.jpg
右は死骸等のゴミ.
意外と根性ある.

詳細はこちら

2012 .5.31

鴨川からの謎幼虫

カテゴリー:ゴキブリ

The larva of the cockroach which the kind collected in Kamogawa does not understand.
dsffsd.jpg
いつものK田君が鴨川採集で持ち帰った幼虫.
地表のモリチャバネが多い場所で捕れたとのこと.
モリチャバネ ポイが,とりあえず飼育開始.

詳細はこちら

2012 .5.30

ワモンゴキブリ前胸背のバリエーション

カテゴリー:ワモンゴキブリ

The variation of the pattern of Pronotum of Periplaneta americana
waedsdkor-ef.jpg
全てワモンゴキブリである.
朝比奈(1997)にも,「前胸背の黄色輪状紋は変化著しく」とあり,この写真でもその違いがお分かり頂けると思う.
上段は輪状紋はオレンジ系,下段は白に近い色で,さらに大きな個体が出る系統と,小さな個体が多い系統も出来ている.
この違いは,採集場所ごとで現れており,いずれの飼育個体群も少数からの累代飼育であるため,場所での違いか,各個体群の親による違いか分からないが,何れにせよ面白い違いである.
ついでなんで車のような集合写真を.
waedsdkor-ef-2.jpg
waedsdkor-ef-1.jpg
なんか凄い.

詳細はこちら

2012 .5.29

オオモリゴキブリ経過

カテゴリー:オオモリゴキブリ

Progress of growth of Symploce gigas gigas.
ofkofsd.jpg
昨年末から孵化し始めた幼虫群だが,成長は遅いですね.
未だに10mmを越える個体が出ない.
この親たちの成長スピードをから見ると,成虫になるのは11月頃となる為,まだこの大きさは想定内だが,他のペットローチ類からすると遅く感じる.

詳細はこちら

2012 .5.28

Blaberidae sp. Kenya飼育

カテゴリー:Blaberidae sp.

Breeding environment of Blaberidae sp. from Kenya.
kjdfg.jpg
小型のタッパー内でめちゃくちゃ増えている.
kjdfg-1.jpg
左1が♂.
右2が♀.
まわりの薄茶色が幼虫.

詳細はこちら

2012 .5.25

上野で発見したワモンゴキブリ

カテゴリー:ワモンゴキブリ

Periplaneta americana discovered in Ueno.
etrwetger.jpg
上野のネズミの現場に入った際,外に置かれている冷蔵庫の裏にて発見.
もう既に,半屋外に近い場所に出てきている.
etrwetger-1.jpg
多分♀の終齢幼虫.

詳細はこちら

2012 .5.24

炭カルの上塗り

カテゴリー:ゴキブリの飼育方法

Glazing of CaCo3.
%E3%81%88%EF%BD%92%EF%BD%94%EF%BD%86%EF%BD%87%EF%BD%86.jpg
垂直面を上るゴキブリは,炭カルにて脱走防止をはかっているが,飼育密度が高かったりすると,すぐにこんな状態になる.
%E3%81%88%EF%BD%92%EF%BD%94%EF%BD%86%EF%BD%87%EF%BD%86-1.jpg
こうなると床換えのタイミングなのだが,忙しい時は上塗りし,急場をしのぐ.
%E3%81%88%EF%BD%92%EF%BD%94%EF%BD%86%EF%BD%87%EF%BD%86-2.jpg
見た目は綺麗ではないが,効果は変わらない.
エタノールで溶くと,プラケに対して付着が良く,壁に付いた糞等の殺菌が出来る.
と思っている.

詳細はこちら

2012 .5.23

アフリカンビュレットローチ 2

カテゴリー:アフリカンビュレットローチ

African Bullet Roach 2.
略してABR.
ちょうど一年前に滅び目前とお伝えしたが,この系統は予想通りダメであった.
sdfkasf.jpg
最近,別の系統を入れたが,どーも変.
幼虫で落ちる個体が多い.
今は落ちが止まっているのと,卵鞘があるのであの時ほど危機感は無いが,困った状態ではある.
綺麗な種なのだが.

詳細はこちら

2012 .5.22

ニホンマムシとアオダイショウの幼蛇

カテゴリー:爬虫類

The child of Gloydius blomhoffii and Elaphe climacophora
鳥のI井部長よりニホンマムシ幼蛇(写真)をもらいました.
まだ小さく,ツチノコみたいで可愛いですね.
アオダイショウとマムシ.
この2種の幼蛇は似ていると言われます.
fgggggggggd-1.jpg
マムシ.
fgggggggggd.jpg
この目が格好いいですね.
%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E5%B9%BC%E8%9B%87-5.jpg
アオダイショウ.
体の模様は,並べると違いがわかりますが,野外で見ると意外とどちらか分かりません.
マムシは,体長が太短く,おとなしい個体が多いです.
しかし,疑わしい時は近寄らない.
気をつけましょう.

詳細はこちら

2012 .5.21

宇品のクロゴキブリ

カテゴリー:クロゴキブリ

Periplaneta fulignosa collected by Uzinajima.
昨年12月に広島に行った際,宇品島で採集したPeriplaneta属1齢幼虫.
uzidasdkto-1.jpg
ウルシゴキブリの期待をしていたが,クロゴキとなってしまった.
♀.
広島県ではまだウルシゴキブリの記録は無く,対岸の愛媛県では記録されているので,どこかにいると思うのだが.
まあ,楽しめたので良しとしましょう.

詳細はこちら

2012 .5.18

硫黄島の生物 2010年4月

カテゴリー:

The living thing of Iwo-To. April, 2010.
昨日のブログの2枚目の写真にもう一種類写っていました.
分かりますか?
薄茶のゴキブリ.
ミナミヒラタが右手に写っています.
今日はその他の生物.
igjfiodg4gasd.jpg
シジミチョウ.
種名はわかりません.
唯一分かったのはメスアカムラサキでしょうか.
昔はチョウをやってたのですが,最近は害虫ばかりで名前忘れてしまいました.
igjfiodg4gasd-4.jpg
ムラヤマムネコブサビカミキリ Prosoplus bankii.
街灯などに飛んできます.
igjfiodg4gasd-7.jpg
オカヤドカリ.
全身,眼柄も赤色からすると,サキシマオカヤドカリ かもしれません.
このときはこの種が沢山いました.
次回は6月頃.

詳細はこちら

2012 .5.17

硫黄島のゴキブリ 2010年4月

カテゴリー:ワモンゴキブリ

The cockroaches which inhabit Iwo-To April, 2010.
また事務所を移動しまして,広くなったのですがゴキ世話が遅れがちになっております.
そこで,2年前訪島した硫黄島での4月に観察したゴキブリ.
igjfiodg4gasd-2.jpg
igjfiodg4gasd-3.jpg
igjfiodg4gasd-8.jpg
いずれもオガサワラゴキブリ♂成虫.
昼間は土中に潜んでいるが,夜になるといたるところで地表に出ているのを見かける.
しかし,♀は見かけない.
igjfiodg4gasd-5.jpg
ワモンゴキブリ.
硫黄島にはオオヒキガエルが生息していない.
そのせいか,夜間路上で見かけるワモンゴキブリも父島より明らかに多い.
igjfiodg4gasd-6.jpg
花に来ていたヒメチャバネゴキブリ.
ゴキブリを観察するのは夜に限ります.

詳細はこちら

2012 .5.16

博多&トイザラスおもちゃ

カテゴリー:

Hakata & the toy currently sold at Toys ” R ” .
今日は博多に日帰り出張してきました.
風邪で声が出ない,なのにTV取材.
九州朝日放送の西田さん,内村さん,スタッフの皆さん,関係者の皆さん,有難うございました.
内容は放映されてからお知らせします.
さて,先週末久しぶりにトイザラスに行ってきました.
gfghdh-1.jpg
その成果.
gfghdh-2.jpg
ついでにハエも.
ゴキブリ(大)とハエは「のびーるインセクト」3歳以上.
の商品.
3歳以上でよかったです.
歳を取るのもたまには良いですね.
ゴキブリ(小)はゼンマイ駆動で動く仕組み.
gfghdh-4.jpg
お気に入りは,ゴキブリ(大).
南米のMegaloblatta blaberoides を思わせる大きさと出来.
価格もこの時は200円ほど.
欲しい人は売り切れないうちにどうぞ.

詳細はこちら

2012 .5.15

ケナガコナダニ

カテゴリー:ダニ類

Tyrophagus putrescentiae
卓上Zoo のヒメヒョウホンムシタッパーが粉吹いていた.
dfhdtu.jpg
こうなると,肉眼で見える.
dfhdtu-1.jpg
蓋の内側.
dfhdtu-2.jpg
中の飼料.
幸い,虫体はピンピンしていたので別容器にセットしなおす.
産卵しているかもしれないが,これは廃棄とする.

詳細はこちら

2012 .5.14

ゼブラゴキブリの交尾

カテゴリー:ゼブラゴキブリ

Mating Eurycotis decipiens.
zefegj.jpg
縞々だとゴキブリに見えにくいと思いませんか.
zefegj-1.jpg
こちらの方がゴキブリらしい.

詳細はこちら

2012 .5.11

イエダニの大きさ

カテゴリー:ネズミ

Size of Ornithonyssus bacoti.
クマネズミの外部寄生虫をしらべていたら,巨大なイエダニ発見.
血を吸って丸々としている.
ieyrh-1.jpg
矢印二つがイエダニ大と小.
ieyrh-2.jpg
1mm超えている.
以前の飼育室はこのイエダニが大発生していて,こんなのがごろごろ.
作業すると,手に登ってくる虫体が目視で確認でき,パンツゴム下,など下半身をよく刺されました.
現在は根絶し,快適な飼育室になってます.

詳細はこちら

2012 .5.10

キノコ

カテゴリー:植物

A mushroom.
ネバダオオシロアリの餌木にキノコが出た.
jkurj-1.jpg
オオゴキブリなどの餌木にはいつも粘菌が出る.
キノコは久しぶり.
jkurj.jpg
小さく可憐なキノコである.
この時期は,室温が安定しない.
暖房が入ったり冷房が入ったりしており,その影響だろうか.
本ブログでは,キノコは2度目の出演.

詳細はこちら

2012 .5.9

チビクロバネキノコバエ発生

カテゴリー:

Bradisia agrestis occurred.
ノミバエの発生以降,双翅目の発生はなかったが,最近またキノコバエが発生した.
本種は,湿った植物質が発生源となりやすく,クワガタなどをやっている方は,ショウジョウバエ同様悩まされていると聞きます.
最初の発見は,目の前を飛んでいたから.
小さい割には目に付く虫である.
hytjgt-4.jpg
こんな感じ.
hytjgt.jpg
で,捕虫器を見てみると結構捕まっていました.
hytjgt-1.jpg
拡大.
hytjgt-3.jpg
こんな虫です.
発生源(侵入原因)を調べたら最近購入した昆虫マットでした.
その後,密閉袋に収納し,その後発生は見ていませんが,マットに潜り込んでいたらしばらくしてどこかのケージから大発生があると思われます.
しばらくは様子見となります.
昆虫マット購入は気を付けましょう.

詳細はこちら

2012 .5.8

手に残るシミの正体

カテゴリー:Deropeltis erythrocephala

The cause of the spot attached to the palm.
tergfskg-4.jpg
ゴキブリの世話をしていて,たまに気が付くと付いているこのシミ.
大型のヤスデを触ると,付くシミと良く似ている.
しかし,今はヤスデは殆んどいないし,触ってもいない日でも付く.
最初はEurycotis 属を触った際,あの臭い液が変色させていると思っていたが,その後,数種のEurycotiで試したが,臭いだけで色まで付かない.
その後,心当たりをいくつか当たり,やっと正体がわかった.
tergfskg-3.jpg
答えはDeropeltis属の一種.
エチオピアに生息する種のようだが,他のDeropeltis属でも試してみたら似たような液を出して色付きますね.
分泌される箇所は,腹部の気門辺りが怪しいがいまひとつ分からなかった.
tergfskg-1.jpg
この辺.
さらに,エチオピア産は,ヤスデのように目にも沁みる強烈な刺激臭を出す事に気がついた.
皆様ご注意あれ.

詳細はこちら

archive-blog