ゴキブログ

2011 .12.27

触角無ワモンゴキブリ羽化結果

カテゴリー:ワモンゴキブリ

Periplaneta americana without the antenna shed off the skin; the result?
9月に触角がない終齢幼虫をお見せしたが,やっと脱皮(羽化)した.
はたして触角は再生するか.
sudahos-2.jpg
9月の状態.
基部から欠損している.
ertr.jpg
結果.
??
無さそうな感じ.
ertr-1.jpg
冷蔵庫で大人しくしてもらい,拡大.
これは失敗ですね.
2mm程度の毛のような触角が再生されたのみ.
さすがのゴキブリも触角のような節が沢山あるパーツは難しいのかもしれない.

きまぐれキリギリス へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
  

  
      
  1. きまぐれキリギリス より:

    残念です・・・触角は昆虫にとって大事な器官ですね。えさや水を探したり、異性を認識したり。でもゴキブリなら再生できそうなもんですが不思議なものです。。
    毎日寒いですね。今朝この冬一番の冷え込みで氷点下まで下がりました。が、ウマオイのメスは未だに卵を産んでます。どのぐらい生きるのか興味深いです。。

  2. 小松 より:

    クモやムカデ,ゲジなどは皆さん普通に再生するといってます.あちらの脚の沢山あるグループの方が再生は得意なのかもしれません.
    寒いですね.
    是非来年春まで生かしてください.

  3.