ゴキブログ

2009 .12.16

Princisia vanwerebecki “big “卵鞘

カテゴリー:マダガスカルゴキブリPrincisia vanwerebecki の'black and white'

私の所では,本種はマダゴキの中でも殖え難い種に入る.
マダゴキの多くは,1ペア飼育しているとなかなか産まない.
しかし,多頭飼育すると当然普通に増えだす.
しかし,本種は殖えない.
産んでも10匹程度?
rannn-2.jpg
やっと卵のうを出している姿を見ることか出来た.
♀は♂に比べ小柄な個体ばかりなので,まだ幼虫だと認識していた個体達は実は成虫であったようだ.
%E7%B4%8445.jpg
体外に出ていて確認できる卵の数は約45卵.
自然界ではその位生まれてくるのであろう.
果たしてこの卵は生まれるであろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
  

  
      
  1. HK より:

    いつも参考にさせていただいております。
    その後、Princisia vanwerebeckiは出産しましたでしょうか。私も飼育しておりますが、なかなか増えたという話を聞きません。朗報を楽しみにしております。

  2. 小松 より:

    HKさん.
    いつも有難うございます.
    白黒の方は産まないですね.
    big は幼虫が出ているので,産んでいるようです.
    マダゴキのような無翅の大型ゴキブリは,成虫の判断がつきにくいため,少数飼育の場合交尾のタイミングが合っていない事もあるのではないでしょうか.
    複数いると,相性のいい個体同士が交尾をし,繁殖に結びつくのかもしれません.
    もう少し頑張って飼育してみましょう.

  3. HK より:

    無事出産したのですね。
    うちの個体もいわゆる”big”だと思います。
    希望を持って、まだまだ頑張ろうと思います。
    ありがとうございました。

  4.