ゴキブログ

2011 .3.23

Archiblatta hoevenii インブリ

カテゴリー:ジャイアントローチ Archiblatta hoevenii

F2にて滅びるのか.
全くまともの卵を産まなくなった.
damama-2.jpg
形が短かったり,潰れていたり.
色が薄かったり(白色系).
インブリはダメなのでしょうか.
カマキリ,タランチュラ類はダメと聞いていますが.
ゴキブリではたして起こるのか.
分かりません.
どなたか他系統飼育の方,トレードしませんか.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
  

  
      
  1. 通りすがり より:

    飼育したことはないのですが、餌を変えてみてはいかがでしょうか。
    餌によっては特定の養分が不足したり
    餌がカビている場合、餌のカビ毒が影響する可能性もあります。

  2. 小松 より:

    そお思い,煮干・昆虫死骸.猿餌・ネコ餌・犬餌・各種キノコ・各種昆虫ゼリー・各種野菜等与えてみました.
    F1がほとんどネズミ飼料だけでこれだけの仔を産みました.
    これほど,苦労するとは思いませんでした.
    カビはW・F1とも現状況と変わりません.
    不思議です.

  3. ムカデFreak より:

    いつも有用な情報ありがとうございます。
    BiddersオークションにArchiblatta hoeveni出てましたよ。
    http://www.bidders.co.jp/item/155720188

  4. 小松 より:

    ムカデFreak さん、
    情報有り難うございます.
    これは知っています.
    断言できませんがWF1でしょう.
    雌成虫では血の入れ替えをするとすれば,現在のダメF2から仔が採れ,それにこのF2をかけることとなり,私的には手持ちのF2から仔が取れればF3は行くと考えています.
    それにやはり高いですね.

  5.