ゴキブログ

2013 .10.30

カテゴリー:その他

The cockroach which reaches a hand.
 
床換えをする際,人の手を平気で登って来る種がある.
RIMG1359.jpg
これは,Paratemnopteryx colloniana.
少しくらい登って来ても,動じないが,本種は団体で,躊躇なく登ってくるので,少し「ぞっ」とする.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
  

  
      
  1. JJ より:

    いつも楽しく拝見しております。
    愛ゴキ容器の新調をきっかけに炭酸カルシウムをかなり濃いめに塗りつけたのですが、どうも1令幼虫は難なく(むしろプラより)さくさく歩いてしまうようなのです。
    ある程度重さのある4~5令も慎重にしてれば登れてしまうほどです。
    試薬としての炭酸カルシウムではなく、は虫類用サプリのすこし灰色がかった荒いものを使っているのですが、登れる原因は厚みのせいでしょうか?それとも品質なのでしょうか?
    ご意見いただけましたら幸いです

  2. 小松 より:

    JJさんこんばんは.
    濃い目に塗ると,小型の初齢幼虫は登ってしまいます.
    炭カルの段差が出来るほどの厚塗りは,そこに脚をかけ登るようです.
    試薬しか使ったことないですが,粒子が粗いと厚塗りになってしまい,登り易くなってしまうのかもしれません.
    試薬の炭カルは,薬剤師のいる薬局に注文取り寄せで購入できる話も聞きました.個人商店と,大手とでも扱いが違うようなので,いくつかあたって持てはどうでしょう.
    ダメならタルクも薄塗りになりがちですが,登攀防止手しては使えることを確認しています.

  3.