ゴキブログ

2007 .8.21

ワモンゴキブリ 雌雄

カテゴリー:ワモンゴキブリ

ワモンゴキブリは雌雄がある(雌のみで繁殖をし雄が見つかっていない種もあるが).害虫として駆除される場合は,そんな事は全く関係ないかもしてないが,見分けは出来た方が気持ちよいのではないかと思い並べてみた.
%E3%83%AF%E3%83%A2%E3%83%B3%E8%A1%A8.jpg
左が♀,右が♂
背面から見た雌の特徴として,腹部が雄より太い,雄と比較すると前胸背板が広く,前翅が腹端を少し越える程度の長さである事がわかる.
もう少し,正確に見分けるには,腹部から見る事である.
%E3%83%AF%E3%83%A2%E3%83%B3%E8%A3%8F.jpg
左が♀,右が♂
殆どのゴキブリが腹部の見かけ上の腹節の数が雄と比較して,少ない方が雌となる.
こうしてみると,ワモンゴキブリもきれいに感じるが,生きている個体を捕まえようとすると,臭い分泌物を腹端部から出すのであまりハンドリングしたい種ではない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

single-blog