ゴキブログ

2009 .3.11

ボーセリンローチ 成虫

カテゴリー:ボーセリンローチ

ボーセリンローチ Gyna lurida
%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B3-9.jpg
近年流通量が増えた始めた種.
分布はケニア・アフリカなどの熱帯地域.
雌雄形態は同じだが,♀の方がふたまわりほど大きくなり,
成虫の色彩も白に近い灰色から黄色などの派手な色まで変化に富む.
%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B3-3.jpg
脱皮してまだ間もない個体.
%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B3-4.jpg
黄色い個体.
黄色い個体に関しては,海外で固定され,1つの系統として管理流通している.
%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B3-2.jpg
♀.
体長・幅共に雄に比べて明らかに大きく,一目で区別がつく.
成虫で20-30㎜ほどになり,
ペットローチとしては比較的見栄えが良いと思う.
1つ難点は,よく飛ぶ事である(もちろん成虫).
昼間はシェルターやマットに身を潜めているが,夜世話すると,
蝶の様に舞い上がり,大変な事になる.
飛び出すと光に誘引されるのか蛍光灯のある天井面に張り付く.
プリンカップやハエ落とし棒で全て捕まえたが,
くれぐれも夜はケージの外から観賞するだけにした方が良い.
%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B3-10.jpg
これは登攀防止に塗っている炭カルであるが,短期間でこのようにはげてしまう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

single-blog