ゴキブログ

2008 .9.1

ブラベルスコロセウスの卵鞘

カテゴリー:ブラベルスクラニファー

今年の5/29に卵鞘を排出させた個体がいたので,別容器で飼育していた.
%E5%8D%B5%E9%9E%98.jpg
卵鞘の外皮は非常に薄く,内部が透けて見える.
このまま出して,今度は横にして保育嚢に収納.
その状態で孵化するまでの期間,卵を保護する.
卵胎生で,繁殖が上手くいかない種は,
このときに全て卵鞘が脱落してしまうようだ.
原因は良く判らないが,飼育環境に大分影響されるのであろう.
試行錯誤の毎日である.
2008.8.4.jpg
67日後の8月4日に子供を産んでいた.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です