ゴキブログ

2014 .12.12

ダニ処理

カテゴリー:ダニ類

Extermination of the ticks by a physical method
hjlll-2.jpg
例の有害だか無害だか良く分からない,徘徊性のダニ.
現在,確認できている発生ケージはただ1つ.
不思議と自然消滅しているケージもあるが,原因不明.
駆除に当っては,基本床換えの際,虫体を適当に確保してからマットごと殲滅を計るのだが,このケージは幼虫が1mm程度でマットに潜っているのでそう簡単に出来ない.
hjlll.jpg
そこで,前から思っていた,息を吹きかけるとケーズ壁面を登ってくる反応を利用して,毎日,ガムテープを丸めた粘着棒で貼り付けて駆除できるか挑戦.
hjlll-1.jpg
乞うご期待.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
  

  
      
  1. 匿名 より:

    一度全部取り出して、アルコールか何かで浸漬させるというのはいかがでしょう?

  2. 小松 より:

    初齢幼虫が2mm前後と小さい為,拾い出すことが出来ません.現時点では,簡単効果的な方法は見つかりません.

  3.   
  
single-blog