ゴキブログ

2011 .1.12

ゴキブリと駆除

カテゴリー:参考書

書籍名  :ゴキブリと防除
著者   : 緒方一喜・田中生男・安富和男
出版社  :(財)日本環境衛生センター
衛生害虫として重要な種 13種を解説し,ゴキブリの歴史から生態・駆除・飼育までまとめてある.
hohoonn-8.jpg
表紙はコワモンゴキブリ(卵鞘生み始め).
hohoonn-9.jpg
裏.
価格は2000円.
すぐには絶版にはならないだろうが,買っておいて損は無いと思う.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
  

  
      
  1. きまぐれキリギリス より:

    こんにちは。
    ゴキブリの専門書ですか、興味深いですね。「飼育」ではなく「駆除」の本というのが当然とはいえ悲しい気がしますが・・・
    小さいときから昆虫関係の本はよく読みました。図鑑とか違う出版社のを何冊も買ったり・・読むたびに新しい発見があっていいですね。

  2. 小松 より:

    この本は生態から飼育まで幅広くカバーしており,下手な昆虫図鑑よりゴキブリの事が詳しく載っています.
    昆虫図鑑の中でゴキブリの解説は,大体が専門外の人が書いているので,大筋は同じ物が多いように思います.
    九大の目録もそんな感じです.

  3. きまぐれキリギリス より:

    飼育まで載っているとは・・!
    貴重な書籍ですねぇ。
    昆虫図鑑って詳しい生態とかより、
    たくさんの昆虫を紹介することに重点が置かれているように思えます。
    質より数重視ですかね。

  4. 小松 より:

    まあ,駆除をちゃんと行なうには生態をしっかり把握しておかないと,駆除できないといったところでしょう.
    そういった面では,図鑑よりは優れているし理にかなっています.

  5. mori より:

    こんばんわ。
    今回初めてブログを拝見させて頂いたのですが、こんなにもゴキブリを研究されていて、ブログにアップされている方がいらしゃったなんて感激しております。
    以前の日記で、某美大生の方にゴキブリを提供されたと書かれていましたが・・・私も現在学生で、作品作りの為、早急に国産のゴキブリが必要でして、この季節のせいか全く捕まらず困惑しております。
    提供して頂けたら大変ありがたいのでが・・・頂く事は可能でしょうか??
    大きさは2~3cm程の国産のゴキブリならば種類は問いませんが、主に家や倉庫等でよく見かけるものが好ましいです。
    作品作成のため生きている必要はありませんので、標本でお願いしたいのですが・・・無理なようでしたら生きているのでも構いませんのでどうか宜しくお願い致します。
    突然の要望と、長々とコメント失礼致しました。
    お返事お待ちしております。

  6. 小松 より:

    moriさん今晩は.
    本日,電話しましたが留守のようでした.
    メールいたします.

  7.   
  
single-blog