ゴキブログ

2008 .1.11

グリーンバナナローチ 色彩

カテゴリー:グリーンバナナローチ

本種の大きな特徴は体色が淡い緑色をしている事であろう.
ゴキブリ類の中ではあまり見かけない色である.
%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A%E5%89%8D%E8%83%B8%E8%83%8C%E9%9D%A2.jpg
このサイズになると,これを見てゴキブリと判る人はマニアだけであろう.
黄白色のラインは頭頂をかすめ,
前胸背板と胸部の接合部よりわずかに外側を通り,
前翅の中脈にそって色づいている.
白い脂肪に緑の体液が重なり合って黄白色の色を出しているように見える.
成虫は乾燥した場所に出てくるため,
植物の葉上を生活の拠点にしているのではないだろうか.
死亡して間もない個体を観察すると,
体液が溜まった箇所が濃い緑になっているのが判る.
反面体液の抜けた箇所は無色透明に近くなっている.
%E8%85%B9%E9%83%A8%E8%85%B9%E9%9D%A2.jpg
このため,乾燥標本にすると色が抜けた,ぼけた色彩となってしまう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です