ゴキブログ

2008 .10.30

キョウトゴキブリ

カテゴリー:キョウトゴキブリ

Family Blattellidae チャバネゴキブリ科
Subfamily Blattellinae チャバネゴキブリ亜科
Genus Asiablatta Asahina キョウトゴキブリ属
Asiablatta Kyotensis (Asahina) キョウトゴキブリ
体長 ♂ 14.5㎜~18.0㎜
 ♀ 16.0㎜~18.0㎜
日本産チャバネゴキブリ科の中では大型の種.
分布は朝比奈正二郎著「日本産ゴキブリ類」によると以下の通り.
京都市上京区烏丸下長者町1962,新潟県粟島1961,福岡,石川県小木1974,神奈川県川崎市味の素工場1974,京都市岡崎公園内市立動物園1972,滋賀県栗東町農業協同組合醤油工場1972,名古屋市1983.
近年,大阪や川崎の飲食店で希に発見されている.
本種は京都府レッドデータブックに登録されており,
ゴキブリの中では珍しい立場の種である.
%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%88%E2%99%82.jpg
♂.
最近写真の取り方を教わりました.
自分ではだいぶましになったと思っております.
%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%88%E2%99%80.jpg
♀.
%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%9A%E3%82%A2.jpg
ペア.
前胸背板を含めて体側が薄茶色に透けて見え,
全体の雰囲気として,熱帯産というより「和」の感じがする.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
  

  
      
  1. DAN より:

    キョウトゴキブリの生息環境はどんな感じなんでしょうか?
    害虫系なのか、はたまた野外傾向が強いのか?
    なぞなゴキです。
    川崎は近いので今度機会があれば、採集ポイント見つけてみたいものです。

  2. 小松 より:

    こんにちは.
    最近出版された書籍には,野外での採集は困難であると記されています.
    実際自然環境下で採集するのは難しいと思います.大阪の事例では,厨房内での発生.
    川崎で見たのは,マンホール内の発生でした.
    関東では川崎での報告が多いようですが,チャバネやクロゴキに比べると捕獲するのは非常に困難と思います.
    私も調査したいと思っております.

  3. 元害虫駆除会社の社員 より:

     これと同じような種類を、15年ぐらい前に広島で見たことがあったかもしれません。
     当時自衛隊の糧食の仕事をしてたときに、厨房でよく同じようなのがいました。
     

  4. 小松 より:

    元害虫駆除会社の社員さん,こんにちは.
    広島の厨房ですか.
    貴重な情報です.
    最近聞いた話でも,屋外での情報より,屋内での情報が多いです.
    標本や記録として残して置けばよかったですね.
    時間があれば捕りに行きたいところです.

  5. aranea より:

    初めまして
    最近興味が沸き、キョウトゴキブリを飼育したいと考えています。
    入手は採集以外には無いでしょうか?
    野外採集、屋内採集など行うならば季節などいつごろが良いでしょうか?

  6. 小松 より:

    araneaさん こんばんは.
    採集するのがいいと思います.
    盛口 満著
    「わっ、ゴキブリだ!」はすでに読まれたかと思いますが,確かその中にチョウトゴキブリ採集の項があったと思います.
    参考にされてはどうでしょう.
    私も野外での採集はしたことが無いので,狙っているところです.
    頑張りましょう.

  7.