ゴキブログ

2010 .6.10

オガサワラカミキリモドキほか

カテゴリー:

オガサワラカミキリモドキ Eodia ogasawarensis  
birou-1.jpg
ランプ虫とも言われ,刺激するとカンタリジンを含む体液を出し,それに触ると水泡を起こすと言われる.
とわいえ,小笠原の固有種である.
birou-2.jpg
その蛹.
birou-3.jpg
ビロウの枯葉についた卵鞘.
オガサワラウスヒラタゴキブリかミナミヒラタゴキブリのものだろう.
RIMG0070.jpg
イエシロアリの群飛.
規模はまだまだだが,今まで見た中では大きかった.
RIMG0082.jpg
しばらくすると,羽を落としペアになっている個体が沢山地面を徘徊している.
このうちの何%が巣を構築できるのだろうか.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

single-blog