ゴキブログ

2011 .11.24

オオモリゴキブリの変死

カテゴリー:オオモリゴキブリ

Unnatural death of Symploce gigas gigas
卵鞘が孵化して喜んでいたが,雄に異変が発生.
ndfsj-1.jpg
寿命かと思っていたが,2匹とも腹部に同じ様な外傷?がある.
ndfsj-2.jpg
似たような状況はヤエヤママダラゴキブリより出てきた寄生アブの幼虫が,ちょうどこんな感じで腹節より脱出してきたが,これは卵鞘より飼育の為,そんなものが入るはずも無い.
雌は大丈夫なので,本種の雄のしにざまなのかも知れないが.
残りも観察して状況を判断しようと思う.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
  

  
      
  1. きまぐれキリギリス より:

    病気か、寄生虫か・・・ううむ何かに食い荒らされたようにも見えますが・・生き物を飼っていて不審な死に方をすると心配になりますね。8月に飼っていたニシキリギリスから蛆虫が出てきたときはがっかりしたものです。
    寄生蜂の類は直翅を狩りまくるので苦手です・・・・・

  2. 小松 より:

    野外採集個体からは結構な確立で出てきますね.
    中には名もない種も結構あると聞きます.
    まだまだ日本の昆虫類も楽しみが沢山ありそうです.

  3.   
  
single-blog