ゴキブログ

2008 .9.19

オオゴキブリ科Panesthiidae(タイワンクチキゴキブリ)のマット交換②

カテゴリー:タイワンクチキゴキブリ

マットを掘っていくと同時に出てきたのは,幼虫の死骸.
%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%81%E3%82%AD%E3%82%B4%E3%82%AD%E3%83%96%E3%83%AA%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88.jpg
一匹は外傷はほとんど見当たらないような個体.
もう一つは上半身にダメージがある.
成虫が死ぬのは寿命なども考えられるが,幼虫は死んではいけない.
この現象は明らかに異常事態がケージの中で起きていた証拠である.
オオゴキブリ科の飼育をしていると,たまにこのような事態に遭遇する.
餌の不足と,親の縄張り形成の時の闘争などが原因ではないかと思う.
イエゴキブリもおかしな死亡が確認されたが,
ゴキブリといえども飼育は簡単ではない.
無事に取り出された幼虫たち.
もう少し気づかずに放置しておいたら,どうなっていた事か.
しかし,エサキクチキゴキブリは残念ながら1匹しか残っていなかった.
残念である.
%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%81%E3%82%AD.jpg
新しいケージに放したところ.
すぐに潜って見えなくなった.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

single-blog