ゴキブログ

2009 .3.26

ウスヒラタゴキブリ成虫

カテゴリー:ウスヒラタゴキブリ

ちょうど一年ほど前に標本で紹介したウスヒラタゴキブリ.
昨年の夏にやっと生体が手に入り,紹介できるレベルまで増えてきた.
しかし,増えるスピードはミナミヒラタゴキブリと比較して遅く,
ミナミヒラタのように完全な南方種と比べ,
四季を利用した発育調整などの機能を備えているのかもしれない.
ちなみにこの個体群の産地はは静岡県.
この写真の個体は雌雄確認できていません.
%E6%88%90%E8%99%AB%E3%81%86%E3%81%99-2.jpg
「ウスヒラタ」とは良くつけたもので,まさにその通りの形態である.
体長 9~12㎜.
分布は南西諸島から北は千葉県.
現在も私の確認しているところではその辺ではないかと思う.
特徴として,
%E6%88%90%E8%99%AB%E3%81%86%E3%81%99-1.jpg
写真のように前胸背に黒点が2個あること.
形態の似ているミナミヒラタゴキブリにはこの黒点は無い.
%E6%88%90%E8%99%AB%E3%81%86%E3%81%99.jpg
また腹面にはこのような黒紋がハッキリ出る事.
ミナミヒラタでも黒っぽく見える事があるが,
その正体は内臓が透けてそう見える事があるが,これほど明瞭には出ない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

single-blog