ゴキブログ

2012 .5.11

イエダニの大きさ

カテゴリー:ネズミ

Size of Ornithonyssus bacoti.
クマネズミの外部寄生虫をしらべていたら,巨大なイエダニ発見.
血を吸って丸々としている.
ieyrh-1.jpg
矢印二つがイエダニ大と小.
ieyrh-2.jpg
1mm超えている.
以前の飼育室はこのイエダニが大発生していて,こんなのがごろごろ.
作業すると,手に登ってくる虫体が目視で確認でき,パンツゴム下,など下半身をよく刺されました.
現在は根絶し,快適な飼育室になってます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
  

  
      
  1. クワガタ より:

    いきなり、記事とは関係ない内容を投稿し本当に申し訳ありません。今、非常事態に陥ってるものです。
    現在ヒラタクワガタを買っています。
    ここのブログ主さんは非常に頼りになるようで、是非ここで話を聞いてもらうことに致しました。
    経緯を話すと、
    フマキラーのダニブロッカーを使用後、クワガタの様子を見るために、クワガタを素手で触りました。その後、以上にクワガタが暴れ始め、非常に苦しそうな状態が続いています。
    どうやら、少し、手にダニブロッカーが付着していたようです・・
    今、吐きそうなほど、不安です。
    僕のせいで、クワガタが死んでしまうと思うと、もう、言葉にできません。どうか助けてください。僕のクワガタは蘇生するのでしょうか・・・?
    書いている間に少しクワガタが落ち着いて、木の下に隠れたようです。
    これはいい兆しと見ていいのでしょうか・・?どうか助けてください・・お願いします・・・

  2. 小松 より:

    クワガタさん.
    こんにちは.
    野外の昆虫類は,薬剤に非常に弱いです.
    今回クワガタが触れた薬剤はピレスロイド剤です.
    この薬の特徴は即効性の為,すぐに調子を落としたと思います.しかし,有機リン剤ほどの殺虫力は無いので,まだどうなるか分かりません.
    以前,オオクワガタにバルサン系を作用させた相談があり,そのときは以下のように説明し,復活したそうです.
    クワガタの体表に付着している殺虫成分を洗い流す事。特に気門等のある腹面を良く洗い,安静にしてみてください。
    二次被害の防止として,殺虫剤がかかった恐れのある飼育資材は破棄した方が良いでしょう。私も殺虫剤を使用した日は,全身シャワーを浴び,衣類を着替えてゴキブリに触れるようにしています。
    快方に向かう事を祈っています.

  3.   
  
single-blog