ゴキブログ

2013 .10.4

イエゴキブリ卵鞘の孵化環境

カテゴリー:イエゴキブリ

Environment where ootheca of Neostylopyga rhombifolia hatches.
RIMG1247.jpg
カップドーム.
ウルシゴキブリの時も,卵鞘をミズゴケ上に置いて,全滅を免れたが,イエゴキの卵鞘も,同様に成績は良くなるようだ.
ただし,卵鞘が水に包まれると,おそらく窒息すると思うので,加減が必要.
カビにも注意したほうが良さそうである.
RIMG1249%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
孵化個体は,初齢のうちは,このようにミズゴケ内に留まっている時間が長い.
飼育環境では,ゴキブリが求める生息環境の選択範囲は狭くなるため,体力の落ちた種を維持維持するのは難しくなるのだろう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です