ゴキブログ

2013 .4.25

アルビノドブネズミ

カテゴリー:ネズミ

Albino of a brown rat.
仙台発.
retrytjl.jpg
ドブネズミのアルビノ雌である.
retrytjl-1.jpg
ドブネズミのアルビノは,クマネズミと違い比較的良く発見される.
もともと,実験動物のラットは,ドブネズミのアルビノを固定した物であり,ラットの観点から見ると,本個体が珍しいかと言うとそうでもない.
しかし,野生では多くなく,生きた個体を見たのは,錦糸町で発見された個体に次ぎ2度目.
PCO歴20数年で2度なので,やはり珍品といえるだろう.
実はこの個体の後,同所で捕獲されたアルビノ雄も届いた.
聞いたところでは,この採集場所では数個体白いネズミが確認されているらしい.
そういえば,アルビノクマネズミを捕獲した場所も,複数の白いネズミが確認されている.
続く.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
  

  
      
  1. mk より:

    こんばんは。いつも楽しく拝見しています。
     アルビノについて質問です。
    奈良県に、白蛇をご神体とする神社(大神神社)があります。地元の人曰く、「目も白い、白蛇がいた。(赤くなくて)」とのことです。眼球まで白くなるアルビノって存在するのでしょうか?

  2. 小松 より:

    こんばんは.
    アルビノは色素が抜けて血液が透けて見えるため,赤く見える場所があるのです.
    目が白い場合は,死んで血液がなくなれば,白く見えるかもしれませんが,生きているうちは赤く見えると思います.

  3.   
  
single-blog