ゴキブログ

チャバネゴキブリ

2017 .7.5

Blattella germanicaの産卵

カテゴリー:チャバネゴキブリ

Egg‐laying of a Blattella germanica
昨日に続き産卵.
P7010061.jpg
これは,チャバネゴキブリ.
ご存知の方も多と思うが,チャバネゴキブリは卵鞘を腹端に付けて活動する.
卵鞘の位置は横.
このままの状態で,孵化が始まり,終わると殻になった卵鞘をはずし,次の卵鞘を産み始める.
P7010047.jpg
P7010051.jpg
産み出している時はこのように縦に産む.
一説では,昨日の卵胎生のゴキブリへの進化の途中といわれている.
このサイズで卵胎生のゴキブリは,日本ではオガサワラゴキブリ,国外で有名なのはPanchlora nivea などがある.

詳細はこちら

2017 .6.30

チャバネゴキブリの床換え

カテゴリー:チャバネゴキブリ

Cleaning of the breeding container of Blattella germanica
ワモンゴキブリに比べ,チャバネはサイクルが短い.
P6260028.jpg
何とかもう少し間隔を空けれないかいろいろやったが,先日ワモンゴキブリの床換えを久しぶりに行って気が付いた.
チャバネは無理だ.
数が圧倒的に違う.
P6260029.jpg
というわけで,これはこうゆうものとして,1ヶ月サイクルで実施すると決めたほうがすっきりする.

詳細はこちら

2017 .4.28

いつもの居酒屋での出来事

カテゴリー:チャバネゴキブリ

Events at usual Japanese Pub
前回はチョウバエでした.
P4210043.jpg
取り皿に黒い物.
P4210041.jpg
今回は,こちら.
チャバネ 1齢幼虫.
瀕死だが動いている.
写真撮って喜んでいる,変態グループです.
皿は端に寄せておきました.

詳細はこちら

2015 .3.31

チャバネゴキブリ前胸背板変異

カテゴリー:チャバネゴキブリ

Variation of the pronotum of the German cockroach.
ゴキブリの楽しみ方として,以前ワモンゴキブリの前胸背板の変化をある学会でお見せしたことがあるが,チャバネゴキブリも良く見ると様々なタイプが存在する.
RIMG0318-314x232.jpg
これは,黒状紋が中央で切れて前方の色が薄くなったタイプ.
RIMG0321.jpg
普通はこちらなので,ずいぶん違うことが分かる.
モリチャバネにもこうした傾向があり,前胸背板は分類上一つの目安にはなるが,目安でしかない.

詳細はこちら

2015 .3.30

チャバネゴキブリの連結した卵鞘

カテゴリー:チャバネゴキブリ

The Ootheca which the Blattalla germanica connected
dfdheeuir-1.jpg
古い卵鞘に新しい卵鞘が付着しています.
生きた状態で撮影したかったのですが,冷蔵庫に入れておいたら死んでしまいました.
dfdheeuir-2.jpg
接合部を見ると,普通は脱落する古い卵鞘が,何らかの原因で付着したままになり,そこに新しい卵鞘を産み始めたので付着したように見えます.
普段見慣れたチャバネゴキブリですが,よく観察すると,面白いネタが見つかりますね.

詳細はこちら

2014 .12.1

チャバネゴキブリ餌やり忘れてから20日後

カテゴリー:チャバネゴキブリ

It is forgotten for 20 days to put food into German cockroach
飼育ケースの掃除をするのはいいのだが,たまに餌を入れ忘れることがある.
このチャバネのコロニーも,約20日間入れ忘れに気が付かず,今日気かついた.
RIMG0402.jpg
wdef.jpg
餌を入れたら群がる群がる.
あと,20日忘れたらまた大変な状態になっていただろう.

詳細はこちら

2014 .7.2

チャバネゴキブリ交尾2

カテゴリー:チャバネゴキブリ

Copulation 2 of a German cockroach.
tyabnabd-bdf.jpg
身近な昆虫.
チャバネゴキブリ.
しかし,飲食店・食料品関係ではない人にしてみると,意外と見る機会が無いのではないかと思う.
それはそれで,全然OKという人が大多数だと思うが.
tyabnabd-bdf-1.jpg
左が雌.
右が雄.

詳細はこちら

2013 .10.8

チャバネゴキブリ交尾

カテゴリー:チャバネゴキブリ

Copulation of a German cockroach.
RIMG1457.jpg
今更解説するほどもない種ですが,交尾は最近見ていなかった.
右が雌.
左雄.
雄がいかに細いかわかる.
RIMG1465.jpg
左が雄.
騒々しくケースの向きを変えたりしたが,しっかり接合し,離れることはなかった.

詳細はこちら

2013 .6.20

チャバネゴキブリの群れ

カテゴリー:チャバネゴキブリ

The group of a German cockroach.
RIMG0734.jpg
餌が切れて,しばらく放置してしまった後の餌食い.
申し訳ない.

詳細はこちら

2012 .11.21

現場で捕獲された無紋血統のチャバネゴキブリ

カテゴリー:チャバネゴキブリ

The patternless blood German cockroach captured on the spot.
%E3%81%86%EF%BD%93%E3%81%B5%E3%81%83%EF%BD%84.jpg
朝比奈(1991)にも書かれている無紋チャバネゴキブリ.
私のところでは,累代個体群より選別し,固定できているが,野外個体では始めてみた.
おそらく,この色の薄い個体を集めて累代すれば,1年ほどで無紋チャバネが出来上がると思われる.
%E3%81%86%EF%BD%93%E3%81%B5%E3%81%83%EF%BD%84-1%29%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
幼虫も黒が薄いのが分かるだろうか.
写真上部にいるノーマル幼虫と比較してみてください.

詳細はこちら

2012 .10.12

またまた 机に招かざる客 

カテゴリー:チャバネゴキブリ

Often He is an uninvited visitor to my desk.
カネタタキといい,不明のゴキブリ(正体判明)といい,いろんな虫が出没する.
本日は,超メジャーなチャバネゴキブリでした.
R0011827.jpg
R0011828.jpg
動きは比較的とろいので写真は撮りやすい.
R0011831.jpg
R0011832.jpg
いい気になって撮っていたら,結構あちこち歩かれた.
R0011833.jpg
産卵中の♀.
捕獲しておいて良かった.
侵入経路も判明.
現場から回収してきたネズミ捕獲器の回路内に侵入していた個体であった.
R0011838.jpg
ちなみに前回の謎ゴキはPhoetalia pallida でした.
なぜこんな所にいたか,これまた人には言えない心当たりがあり.
原因判明で一安心.

詳細はこちら

2012 .9.6

チャバネゴキブリの幼虫群

カテゴリー:チャバネゴキブリ

The larva group of a German cockroach.
hjuyol%40-2.jpg
床換えするため,シェルターを移動させようとしたときのこと.
このチャバネケースは,飼育放置により,前回床換えの際,壊滅寸前まで減ったケース.
hjuyol%40-1.jpg
従って,齢数が揃ってしまったようだ.
私もこんな状態ははじめて見た気がします.
hjuyol%40-3.jpg
もう一枚.
普通は成虫やサイズの違う幼虫が混ざるのですが.
hjuyol%40.jpg
床換え終わり.

詳細はこちら

2012 .8.31

チャバネゴキブリ採集

カテゴリー:チャバネゴキブリ

Capture of a German cockroach.
生かしたままゴキブリを採集するには,ビンを使うのが虫体にとっては好ましいのだが,設置回収が大変だったり,一度に何箇所も集める時は,現場から回収してきたローチトラップから採集することも出来る.
gfokgdfgs.jpg
1ヵ月設置したトラップでも,結構な確立で雌成虫や大型の幼虫は生きている.
gfokgdfgs-1.jpg
それをピンセットで静かに剥がしていく.
gfokgdfgs-2.jpg
ふ節や脚が取れても,脱皮で再生するし,成虫なら卵を産むだけなので,動ける状態なら問題ない.
gfokgdfgs-4.jpg
それを,系統ずつプリンカップに入れて繁殖させる.
簡単な実験であれば2,3ヶ月で使用可能になる.

詳細はこちら

2011 .1.7

チャバネゴキブリ孵化

カテゴリー:チャバネゴキブリ

PCOの業務の中で,最も多く接する昆虫がチャバネゴキブリである.
チャバネゴキブリの生態も,その実態も普通の人よりは詳しく身に着けている.
孵化する瞬間も,様々な経験から特別な物という感じはしていなかった.
がしかし,実際目撃すると,見た事が無いことに気がついた.
というか,そんな暇が無いと言うのが正解かもしれないが.
4funn.jpg
卵鞘を中に浮かせたまま幼虫があふれ出している.
dada6funn.jpg
まだ持ちこたえている.
dadas-11funn%282.jpg
開始から11分後.
37funn.jpg
皆脱出が終り,自立して行動を始めている.
がまだ親は卵鞘をつけて立っている.
46fufuuf.jpg
と目を放した隙に,から卵鞘は外れて転がっていた.
この間約50分.
感動の出来事であった.

詳細はこちら

2010 .9.10

チャバネゴキブリ 無紋

カテゴリー:チャバネゴキブリ

正解はチャバネゴキブリでした.
RIMG0038.jpg
雌雄.
チャバネゴキブリの特徴として,前胸背板に黒紋が入るのだが,この系統は消失した個体群.

詳細はこちら

2010 .2.9

チャバネゴキブリ床換え 別系統

カテゴリー:チャバネゴキブリ

一言でチャバネゴキブリと言っても,色々あり,この系統は短期間で炭カルを削り落としてしまう.
tokoka.jpg
あと1日遅かったら天井の紙にびっしり付く状態になっただろう.
tokoka-1.jpg
最近,実験に使ったので密度は特別多くないケージなのだが.
tokoka-2.jpg
いつもこの様に綺麗にしたケージに入れるのだが,10日で炭カルが擦れ落ちてしまう.
tokoka-3.jpg
作業中.
大体いつもこんな感じ.
昆虫の中で,これほど高密度で飼育できる種類はそう多くはないだろう.
tokoka-4.jpg
終了.
tokoka-5.jpg
ちなみに,ケージには紙を張り,いつメンテをしたか記録しておくと,後々色々役に立つ.

詳細はこちら

2009 .10.20

インドの生物 ゴキブリ

カテゴリー:チャバネゴキブリ

以前,当社社員がFAOPMA(アジア・オセアニア・ペストマネジメント連盟)でインドに行った際,「ワモンは沢山いた」といっていた事もあり,ゴキブリには困らないだろうと期待していた.
しかし,ハードなスケジュールの合間(連日ホテルに戻るのは11時過ぎ)と,
香辛料に当りふらふらの状態で夜間散策は出来なかった.
india-182.jpg
これはそんな中,フマーユーン廟近くでモリチャバネ?のいる葉っぱを土ごと採集し,
ホテルで分別している所.
RIMG0265.jpg
幼虫数匹と♀成虫が入っていた.
モリチャバネよりヒメチャバネに近い感じがする.
成虫は♀なので,まだ同定はしていないが,♂成虫が出るには当分かかるであろう.
RIMG0272.jpg
これはデリー市内で在インド企業の人と食事した後,夜道を歩いていると服に飛来したゴキブリ.
なんとラッキーな事でしょう.
前胸背の黒条が太く,モリチャバネとは明らかに違う.
RIMG0273.jpg
住宅内にいたチャバネゴキブリ.
残念ながらインドではこの3種しか見ることが出来なかった.
その理由として,この時期デリーは乾季で地表がとても乾燥している.
観光施設内は大変綺麗に整備されており,朽木などは全くない.
施設外は人があふれ帰りとても探せる状況ではない.
やはり,仕事の合間にゴキブリ採集するのはキツイ.

詳細はこちら

2008 .12.8

チャバネゴキブリ 床換え その2

カテゴリー:チャバネゴキブリ

古い容器と新しい容器をぴたりと隙間無く並べます.
%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%8D%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88-3.jpg
新しい容器には事前に餌と水を入れ準備.
これらは後から入れても良いですが,
ゴキブリがすでに入っているケージ内に底面積の多きい物を入れると,
間違いなく何匹か下敷きになり潰れます.
それが嫌なので,私は先に入れておきます.
容器をぴたりとつける訳は,お分かりと思いますが,
これより虫体を,空中を移動させる為,
隙間があると万が一落下した個体が隙間より逃走し,
困った事になってしまうからです.
シェルターの移動.
%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%8D%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88-5.jpg
シェルターの底面には糞が詰まっています.
古くなると,糊がはがれてばらばらになりますが,今回は再利用するため,
ピンセットを差込み糞をかき出します.
糞は乾燥しており,簡単に中から出てきます.
しかし,ゴキブリも沢山出てきますので,逃がさないように注意しましょう.
%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%8D%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88-6.jpg
すると,このようにまたゴキブリが隠れる事の出来る状態となります.

詳細はこちら

2008 .7.29

チャバネゴキブリの駆除

カテゴリー:チャバネゴキブリ

飼育ケージ内に管理されている個体は,駆除する必要はないだろう.
問題なのは,気が付かない間に侵入(脱走)し,人と同じ生活空間の中で,
肩を並べて生活をはじめる個体群がいると,やはり駆除対象となる.
野に放たれたチャバネはそこが温かく,潜み場所があり,
餌がそこそこ揃っていれば,繁殖を開始する.
当然ゴキブリを飼育する技があれば,駆除する技も無ければ片手落ちである.
ではどの様に駆除するか,最も効果的に行うのであれば,
当然,ゴキブリの住みにくい環境を造ることから始める.
整理,整頓,清掃.
これは餌を無くし,潜む場所を無くす最高の方法である.
そして,ローチトラップを室内均一に設置する.
2~3日後トラップを調べると,潜伏している場所近くのトラップは捕獲があるので,
その場所を詳しく調べる.
すると,クラックの中や,
%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%8D%E6%BD%9C%E3%81%BF.jpg
見落としていたゴミなどが見つかる.
再度ゴミ等を処理し,そこに毒餌(ベイト剤)や,殺虫剤を,
用法用量に従い使用する.
ちゃんと行えば,減ると思うので,それを何度か繰り返す.
この様な処置を記録として残し,後の駆除の参考データとする.
チャバネゴキブリは,どこにでも生息しているゴキブリではあるが,
飼育していた個体が逃げた等,侵入した原因が必ずあるはずである.
「いつの間にかいた」と言う状況であれば,
知らぬうちに定期的な侵入経路を確保してしまっている可能性がある.
%E4%BE%B5%E5%85%A5%E7%B5%8C%E8%B7%AF.jpg
これを見つけないと,駆除,また侵入,駆除,またまた侵入,
と,いつまでたっても,完全駆除は難しい.
従って,逃がしてもいないのにチャバネが住み着いている場所(飲食関係)
の駆除は,非常に高いレベルの技術が必要とされる理由である.

詳細はこちら

2008 .7.25

チャバネゴキブリ科の特徴その5

カテゴリー:チャバネゴキブリ

11.♂♀の肛上板は三角形で完全,突出するかまたは先端に凹みを生ずる.
尾肢(cercus)はこの肛上板の側方より生じる.
%E2%99%82%E8%82%9B%E4%B8%8A%E6%9D%BF.jpg
チャバネゴキブリ♂肛上板.
%E2%99%80%E8%82%9B%E4%B8%8A%E6%9D%BF.jpg
同じく♀肛上板.
12.♀の腹端の腹板(肛下板)は大きく,Anaplectinaeのものを除き先端の割れる事はない.
腹板はうまく撮れなかったので次回.
残念ながらAnaplectinae(チビゴキブリ亜科)の標本は無い為比較なし.

詳細はこちら

2008 .7.24

チャバネゴキブリ科の特徴その4

カテゴリー:チャバネゴキブリ

9. の腿節の下面には棘列があり,後腿節には強棘を列生する.
下はチャバネゴキブリの後腿節.
RIMG0035%E6%8B%A1%E5%A4%A7.jpg
下面に棘が確認できる.
10.跗節には棘と明瞭な褥弁を有する.
RIMG0040%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
この褥弁が発達していると,垂直面も登れるようになる.
飼育するにはケージ内の登攀防止処理が必要になってくる.
壁を登れないゴキブリとはこの部分が発達していない種をさす.

詳細はこちら

2008 .7.23

チャバネゴキブリ科の特徴その3

カテゴリー:チャバネゴキブリ

4. 後翅の外縁の中程には,三角形の翅脈を欠く部分が生ずる.(間挿三角部,intercalated triangle)場合がある.
5. 後翅のR脈は通常前方縁に平行した分岐を出す.
6. Cu脈は通常分岐する.
%E5%89%8D%E7%BF%85%E8%AC%9B%E5%B8%AB-%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
チャバネゴキブリの後翅である.
同定に使える説と,使えないとする説があるようである.
同一種で複数の個体を比較しないと何とも言えない.

詳細はこちら

2008 .7.22

チャバネゴキブリ科の特徴その2

カテゴリー:チャバネゴキブリ

4. 日本に分布する種はすべて♂♀有翅.
フタテンコバネゴキブリは一見すると無翅のようであるが,
ちゃんと短翅として存在する.
%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%86%E3%83%B3-%E7%BE%BD.jpg
薄いひらひらとした翅ではなく,硬い皮状の翅である.
5. 翅は平滑,Sc脈は通常分岐しない.
%E5%89%8D%E7%BF%85%E8%AC%9B%E5%B8%AB%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
写真はチャバネゴキブリの前翅.
矢印がSc脈.分岐していないのがわかる.
ゴキブリ類の翅は,進化の方向から考えると,退化に向かっているといわれる.
実際にチャバネゴキブリはこんな立派な翅があっても飛ぶ事は出来ない.

詳細はこちら

2008 .7.18

チャバネゴキブリ科の特徴その1

カテゴリー:チャバネゴキブリ

チャバネゴキブリ科 Family Blattellidae は,日本に生息するゴキブリの中で最大のFamilyである.
その数は2亜科10属30種に及び日本産ゴキブリ類全52種7亜種の約半数を占める.
チャバネゴキブリ科の特徴として以下のことが挙げられる.
(日本産ゴキブリ類  朝比奈正二郎 著  中山書店 1991年)参照
1.小型の淡褐色のゴキブリである.
日本産チャバネゴキブリ科の中で最も小型の種は,
クロモンチビゴキブリ Anaplecta japonica Asahina ♂体長6~7㎜
最大種はオオモリゴキブリ Symploce gigas gigas Asahina ♂20~21㎜
体色に関して,ほとんどの種は,ベースとなっている体色は淡褐色である.
しかし,キョウトゴキブリやフタテンコバネゴキブリなどは黒色が強い.
%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%86%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%88.jpg
2.頭部はよく動き,上から見て前胸背板によって全く隠されることは無い.
%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%8D.jpg
3. 胸背は平滑,褐色紋を有する種もある.
褐色紋を有する種として代表的なのは,チャバネゴキブリであるが,
リュウキュウモリゴキブリのように紋とも斑ともとれるものも有る.
表面が平滑でない種といえば,オオゴキブリや,マダゴキなどが思いあたる.
%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%8D%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%83%A2%E3%83%AA.jpg
左 リュウキュウモリゴキブリ 右 チャバネゴキブリ.

詳細はこちら

2008 .7.17

チャバネゴキブリ

カテゴリー:チャバネゴキブリ

チャバネゴキブリ科  Family Blattellidae 
チャバネゴキブリ亜科 Subfamily Blattellinae
チャバネゴキブリ属  Genus Blattella Caudell
チャバネゴキブリ   Blattella germanica(Linne)
%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%8D%E3%82%B4%E3%82%AD%E3%83%96%E3%83%AA%E3%80%80Blattella-germanica%E3%80%80-1%29%E6%8B%A1%E5%A4%A7.jpg
ご存じの通り,チャバネゴキブリは世界的な害虫種である.
PICT0999.jpg
コンクリート建築物内に生息している昆虫の中で最も個体数が多い?
これに関してはまだ可能性のある種がいくつか存在する.
チカイエカ Culex pipiens pallens COQUILLETT
チョウバエ類.
しかし,いずれにせよ多いことには違いない.

詳細はこちら

2007 .8.14

チャバネゴキブリ脱皮

カテゴリー:チャバネゴキブリ

Periplaneta属は大型の由縁か脱皮に結構な時間が要していたが,一番身近なチャバネゴキブリはどうであろうか?小型ゆえに結構早いと思われる.
そこで,脱皮直前の終齢幼虫を別様器にとりわけ,観察した.
%E8%84%B1%E7%9A%AE%E9%80%A3%E7%B6%9A%E7%B8%AE%E5%B0%8F.jpg
完全に脱ぎ捨てるまでに要した時間は約18分.(写真左上から左下まで)
次に向きを変え翅が完全に伸びきるまで約13分(写真下左から2番目まで)
右下の様に翅がきれいにたたまれ,色づくまで約2時間(右下写真まで)
全てに要した時間は約3時間,コワモンゴキブリの半分以下となった.
小型の為予想していた通り早い脱皮となった.
脱皮が始まり完全に古い骨格を脱ぎ捨てるまでの間がやはり無防備であろう.
この時間だけ比較すると,
コワモン30分.
チャバネ18分.
トータルの時間から比較すると,コワモンもかなり頑張っているようである.

詳細はこちら
taxonomy-blogcate