ゴキブログ

2010 .11.19

Archiblatta hoevenii 成長差他

カテゴリー:ジャイアントローチ Archiblatta hoevenii

羽化する個体の横で,初齢に近いような個体が同居している.
RIMG0444.jpg
これは,同じ卵鞘より孵化した個体.
この違いはなぜ起きるのか.
発育不全の可能性もあるが,異常個体であれば長くは生きていないだろう..
同世代との成長をずらす事により近親を避けるためか.
このペースでは成虫まで,まだ半年は必要だろう.
はたして,成虫となるか.楽しみである.
そうこうしていると,別の卵鞘個体群の中の1雌が脱皮しそうな気配.
zikuko-1.jpg
今度は前回失敗の連続だった垂直面での脱皮.
深夜だったので,そのまま就寝.
今年は,脱皮失敗が無いのでそれほど心配はない.
zikuko.jpg
翌朝.
期待通り無事完了していた.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
  

  
      
  1. より:

    気持ち悪い><

  2.