ゴキブログ

2010 .12.10

飼育ケージ

カテゴリー:ゴキブリの飼育方法

ゴキブリの飼育ケースは,主にプラケ中を使っている.
しかし,プラケといっても様々な種があり,どれを使うかは個人の自由.
私の場合,いろいろなメーカーを使った結果,今の2種に落ち着いている.
ke-zzi.jpg
メーカー名は写真から推測してもらうとして,この2種何が良いかというと,四角い.
重ねるのに便利だし,変に膨らんでいないので,収納にも場所を取らない.
熱湯を入れてもひびが入りにくい.
蓋の密閉度は左はきつめ,右は余裕がある.
キツイと言っても,ダニや小型幼虫が逃げ出しても嫌なので,紙タイプの防虫シートを入れている.
ke-zzi-1.jpg
防虫シートもそれぞれ違いがあり,左の蓋とケースの隙間が少ない場合は薄めのシート.
右のケースは隙間が少しあるので厚めのシート.
ちなみに炭カルを使っていても逃げる幼虫はミナミヒラタゴキブリなどの小型野外種.
余裕で登ってくるので,そういった種を飼育する場合は,左のキツメで飼育する.
同種産地違いが結構あるので,絶対に逃げない,逃げても入らない.
の2重のコンタミ対策である.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
  

  
      
  1. シーアイシー某地方営業所員の妻 より:

     ご無沙汰しております。ゴキを飼うには大変なご苦労があるんですね。
     質問があります。生協の広告にゴキブリコックロンという薬剤未使用の敷くだけでゴキが嫌がるというアルミシートがあります。材質はテトロンフィルム(高純度アルミ蒸着)、ナイロン糸、ナイロンです。これ、効くんでしょうか?効くとしたら何故なんでしょう?ゴキは光物がいやなんでしょうか?評判等聞いていましたら教えてください。

  2. ななし より:

    地方営業所員の妻さんへ
    特定の商品が聞かないとか書いたら
    営業妨害になると思いますよ。
    http://www.cowgel.co.jp/shouhin/gokiburi/g-setumei.html
    メーカHPです。

  3. 小松 より:

    まあまあ.
    仲良くしてください.
    忌避のジャンルは評価が非常に難しいのです.
    ネズミとかゴキブリなどの駆除は環境改善が重要とされています.
    そういった中の一つの商材として,利用できると思います.
    ななしさんの貼ってくれた日環センターのデータは信頼できる物だと思いますし,間違った商品ではないと思います.
    しかし,それだけでいなくなるかはまた別の問題です.
    忌避剤は,使い方によっては効果が出ることもあります.
    しかし,発生が多い場合など,最終的にはそこにいる個体を排除する必要が出てきます.
    要は,殺虫剤だけに頼っていた害虫駆除を,殺虫剤を使わずに駆除する一つのアイテムとして考えてもらった方がいいと思います.
    稚拙な説明で申し訳ありませんが,これからの理想的な害虫駆除の方向性として,レスケミカルは一つの目標です.
    そんな中の一つのアイテムとして考えてもらいたいと思います.

  4.   
  
single-blog