ゴキブログ

2014 .1.14

緑ミナミヒラタゴキブリの乾燥後

カテゴリー:ミナミヒラタゴキブリ

After dryness of the green individual Onychostylus vilis.
%EF%BD%8D%E3%81%A2%EF%BD%86%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%84%EF%BD%93%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%8A-1.jpg
約一週間後.
前胸背板の色は消えて,茶褐色となっている.
背面から見て,緑色が分かるのは脚ぐらいだろうか.
%EF%BD%8D%E3%81%A2%EF%BD%86%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%84%EF%BD%93%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%8A-2.jpg
脚.
%EF%BD%8D%E3%81%A2%EF%BD%86%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%84%EF%BD%93%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%8A-3.jpg
腹面.
顔面も緑色していたが,いわれて分かる程度まで消えている.
脚の緑色は比較的多く残っている.
結果的に,乾燥標本にすると,腹面から観察される部位には緑色が残るが,それ以外は退色が激しく,1年以上保存すると,もっと解りづらくなりそうだ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

single-blog