ゴキブログ

2018 .10.26

父島の山と海の生物

カテゴリー:小笠原諸島

Mountains of Chichijima and creatures of the sea
PA260470.jpg
中央山から町へ下る途中にいたノヤギのグループ.
PA260471.jpg
一頭の大きなオスが高い場所から写真を撮る我々を監視するかのように見下ろしていた.
一時期は見なくなったが,最近よく見かけるように思う.
PA270473.jpg
青灯台で釣れていた魚.
ロセンスズメダイらしい.
これは15cmほど.
PA270476.jpg
結構大きな魚が釣れている.
名前は不明.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
  

  
      
  1. 青鸞 より:

    4枚目中央の魚種はハナアイゴSiganus argenteus (Quoy & Gaimard, 1825)で、その左右の魚種はおそらくテンジクイサキKyphosus cinerascens (Forsskål, 1775)。右側の赤い魚種はブダイ科の1種のように見えますが判別不能。
    それから、「クロセンスズメダイ」ではなくロクセンスズメダイAbudefduf sexfasciatus (Lacepède, 1801)が正しいと思います。

  2. 小松 より:

    青鸞さん
    連絡ありがとうございます.
    こんなブログを魚に詳しい人に見てもらえて光栄です.
    早々修正しました.
    そういえば,アイゴには毒があるから気をつけろと言われていましたが,全く気がつきませんでした.ハナが付くだけで別種ですね.

  3.   
  
single-blog