ゴキブログ

2014 .4.10

成長の遅いワモンゴキブリの幼虫

カテゴリー:ワモンゴキブリ

A larva with slow growth of Periplaneta americana
sdgdfhfgji-1.jpg
2012年7月に産卵され,同年8月に孵化した幼虫.
飼育温度は26~29℃.
同期はすべて翌年2013年夏までには成虫になったが,この一匹だけは未だに幼虫のまま.
すでに,20ヶ月経過した.
体長は約25㎜.
一般的には9ヶ月程度で成虫になるはずだが,たまに遅い個体がいる.
海外の記録は1,031日(34ヶ月)があるようなので,この個体はまだまだヒヨッコではあるが.
はたして,1,000日越えるだろうか.
お楽しみに.
sdgdfhfgji.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

single-blog