ゴキブログ

2009 .1.23

ヤマトゴキブリ 床換え

カテゴリー:ゴキブリの飼育方法

ヤマトゴキブリ床換えを久しぶりに行った.
なぜ久しぶりかと言えば,本種は通常屋外で越冬しながら,
成長する種であるため,室内で飼育しても冬期に成長がストップし,
脱皮や産卵が少なくなる.
その為,成長に伴う脱皮殻や死骸が,他の熱帯性のゴキブリに比べ少ない.
クロゴキブリもその傾向にあり,死骸が出るのは主に秋~冬に集中する.
そんな訳で,チャバネゴキブリなどの寿命の短いたえず繁殖する種は,
1ヶ月に1度ぐらいしないと糞と死骸の山になってしまうが,
本種は年に1度か2度程度でもそれほど汚れない.
(飼育密度が多くなればそれに比例して汚れやすくはなるのだが)
%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%88%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88.jpg
汚れた状態.
%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%88%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88-1.jpg
となりに新しいケージを置き,シェルター内のゴミを落とした後,
ゴキブリが入った状態のままシェルターを移す.
このシェルターはもう1年以上使用している.
%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%88%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88-4.jpg
次に古いケージに残った個体を移す.
この個体群は野外から採集してきてすでに数年経過している為,
この時期でも成虫がいるが,齢の構成は季節により偏る.
%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%88%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88-5.jpg
これで完了.
綺麗になった.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

single-blog