ゴキブログ

2008 .3.10

ドワーフヒッシングコックローチ

カテゴリー:ドワーフヒッシングコックローチ

ドワーフヒッシングコックローチ 
学名 Elliptorhina chopardi (Lefeuvre)
英名 Dwarf Mdagascar hissing roach
直訳すると「シューと音を出す小型のマダゴキ」となるだろうか,
色も一般的なマダゴキより明るく,なにより小さい.
%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%95%E2%99%82.jpg
♂である,前胸背にマダゴキの特徴である2隆起が現れる.
体長は40㎜程度.
脂ぎっておらず,大きさ,色見ていてかわいいと思う.
%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%81%E3%81%99.jpg
♀である.すでに腹部に仔を身ごもっている.
こうなると少し長くなり,50㎜ほど.
一般的に言われるマダゴキとは属が違うが,マダガスカルに分布しているらしい.
それにしても皆「シュー」音を出すのは面白い.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
  

  
      
  1. けい より:

    本種は今でこそデュビアやトルキスタンと並ぶ餌ゴキブリの代表となっていますが,つい数年前までは数千円くらいで売っていた記憶があります…

  2. 小松 より:

    ゴキブリの中で,本当に繁殖の難しいのは少ないでしょう.かつてはオオクワガタやニジイロクワガタのように高額だったものが,今日では繁殖があまりのも簡単に出来る為,誰でも気軽に購入できるようになりました.本種もそんな中の一つなのでしょう.私も過去に1ペア数千円で購入したゴキも,今では増えすぎてムカデやクモの餌にしています.

  3.