ゴキブログ

2012 .7.9

トビイロゴキブリ感染実験

カテゴリー:ゴキブリの病気

The infection experiment of Periplaneta brunnea.
togfds-1.jpg
例の全滅トビイロゴキブリ生き残り,最後の1匹が死亡した.
体色が見るからにおかしい.
togfds-2.jpg
それを,トビイロゴキブリ淘汰集団に入れ,様子を観察.
果たして,このグループも全滅するのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
  

  
      
  1. コーヒー より:

    はじめまして。
    確かに体色がおかしいですね。
    感染実験、気になります。早く続きが見たいです。

  2. 小松 より:

    コーヒーさん.
    こんにちは.
    この後の結果ですが,この個体群は全く異常ありませんでした.
    こういった症状は,他種でも見られ,そのおかしな個体を健全個体群に入れたりしましたが,やはり異常は出ませんでした.
    原因が何か興味があるところですが,なかなか突っ込んだ研究も出来ず,放置しています.
    いつかは,調べて報告したいと思います.

  3. コーヒー より:

    小松さん、こんばんは。
    何も異常が起こらないんですね。
    私としては、他のゴキブリも死んでしまうと思っていたので、結構意外でした。
    報告よろしくお願いします。
    楽しみにしています。

  4. 小松 より:

    こんばんは.
    もしかしたら,発病するまで一定の期間が必要なのかもしれません.
    いわゆる潜伏期間ですね.
    そこまで長期に観察はしなかったので,半年ほど飼育していたら,一斉に死亡したかもしれないです.
    次報をご期待下さい.

  5.   
  
single-blog