ゴキブログ

2011 .4.26

コワモンゴキブリ短卵鞘

カテゴリー:コワモンゴキブリ

昨晩から今朝まで某ビルでゴキブリの実態調査をしていた.
帰って仮眠を取る予定であったが,ゴキブリっ子は頑張って仕事をそのまま続行.
結構疲れました.
卵鞘から種の特定をする事はよくあるのだが,この卵鞘だと細かく観察しなければ当然ワモンと云う事になる.(ビル地下で採集の場合)
wamonjnni.jpg
しかし,実はコワモン.
Periplaneta属は,以前も書いたかもしれないが,卵鞘内の卵数は決まっているとされ,
ワモン 14~17個.
コワモン 24~26個.
トビイロ 24~28個.
クロゴキ 20~24個.
全体的なイメージでは,
トビイロが特別長く.
クロとコワモン.
ワモンとヤマトが同じように見える.
ただし,細かく見ると竜骨部の形や卵鞘の仕切線の状態である程度同定できる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
  

  
      
  1. きまぐれキリギリス より:

    ほほう・・卵数はもっと幅があると思ってましたが意外と数は決まってるのですね。卵で種類を見分けるのはいかにも専門家のお仕事みたいな感じです・・もっとも私のところはクロとチャバネしかいないのですが(さすがにこの2種は私でも区別がつきます)。

  2. 小松 より:

    こんにちは.
    卵鞘しか見つからない事はまず有りえないので,普通は幼虫を見ての判断が多いでしょう.
    ただ,ワモンとトビイロは混生している事も考えられるので,卵鞘を探して,トビイロがいないか判断する事はあります.
    まだ,ワモンとトビイロの混生は見た事無いですが.

  3.   
  
single-blog