ゴキブログ

2008 .9.22

オオゴキブリ科Panesthiidae(ヤエヤマオオゴキブリ)のマット交換

カテゴリー:オオゴキブリ科Panesthiidae

ヤエヤマオオゴキブリはタイワンクチキゴキブリよりもひどい事になっていた.
マットを掘っていくと次から次と死骸が出てくる.
%E3%83%A4%E3%82%A8%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%B4%E3%82%AD%E6%83%A8%E6%AE%BA.jpg
ざっと集めてこんな状態.
中にはまだ生きているのでは?というような死骸もあった.
%E5%B7%A6%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%81%E3%82%AD%E5%8F%B3%E3%83%A4%E3%82%A8%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%B4%E3%82%AD-1.jpg
左がタイワンクチキゴキブリ,右がヤエヤマオオゴキブリ.
ヤエヤマオオゴキブリ幼虫の大きな特徴は中胸背に赤い斑が入るところ.
海外のオオゴキブリの中には,この赤色斑が4つあったり,大きいい斑が1つであったり,様々な色彩があるようだ.
しかし,成虫になると皆漆黒色になって見た目の変化はあまり無いようだ.
こうしてみると,非常に興味深い昆虫ではあるが,ただ飼育するだけであれば,
あまり張り合いのない種である.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
  

  
      
  1. ドロサブロー より:

    なんかすごいことになってますね;
    なんでこんなに死んでるんですか?
    飢え?水分取りすぎ?それとも逆?

  2. 小松 より:

    こんにちは.
    原因は追究していませんが,この現象は狭い容器内で個体数が増えると起こるような気がします.
    こうなってからマット交換をすると落ち着きます.
    過密飼育が一番の原因の気がしますが,確認取れてません.

  3.   
  
single-blog