ゴキブログ

2008 .2.7

エジプト砂漠ローチ 交尾・卵鞘

カテゴリー:エジプト砂漠ローチ

これで初めて同じ種であると思える.
%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E4%BA%A4%E5%B0%BE.jpg
体色も雄の翅は漆黒色であるのに,雌は赤茶色をしている.
体重は♂0.3g,♀1.7g.
♀は♂の5.6倍の重量がある.
これだけ違う雌雄もあまり知らない.
その結果産まれるのが卵鞘.
%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E5%8D%B5%E9%9E%98.jpg
卵鞘の継ぎ目(龍骨部)に鉤上の突起が14~16個並ぶ.
おそらくこの鉤上突起と中の卵の数は何か関係していると思われる.
未だこの種の卵鞘が孵化した実績が無く,いずれは孵ると思うのだが,
待ち遠しい.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
  

  
      
  1. ゆき より:

    エジプト砂漠、凄く面白いですねw
    その管はタイコウチなどの卵と同じく
    呼吸のための管なんでしょうか?
    地中に埋めたりするなら必要そうですよね

  2. 小松 より:

    ゴキブリ類は繁殖,生態様々な面で興味深い生き物です.

  3.