ゴキブログ

ゴキブログ一覧

2011 .5.31

クロゴキブリ 産卵場所

カテゴリー:クロゴキブリ

先週末より事務所の移転が始まり,昨日はネット環境が不具合で更新できませんでした.
さて,引越しの為,温室のエアコンを移設するため外したのですが,その裏から卵鞘が沢山出てきました.
sannjdfs.jpg
まさか,こんな裏にも産んでいるとは気が付きませんでした.
sannjdfs-1.jpg
下の面.
ゴミなどが入らないように隙間テープが貼ってあんなのですが,突破されていたようです.
sannjdfs-2.jpg
縦面.
数年分ではあると思いますが,卵鞘一個24前後の幼虫が孵化しています.
家の中でこんなに出たら嫌われ者になるのは致し方ないかと.
皆さんでも,クロゴキが訳も無くちょろちょろしていたら,こういった場所も疑った方が良いかもしれません.

詳細はこちら

2011 .5.30

ウルシゴキブリ脱皮

カテゴリー:ウルシゴキブリ

urururusi.jpg
脱皮直後に落下し,仰向けの個体が眼に留まった.
urururusi-1.jpg
ワモンやクロゴキなら放置しても大丈夫と思うが,最近ウルシも愛情をかけていなかったので,救出し本当に翅が綺麗に伸びるか隔離した.
翌日.
urururusi-2.jpg
まだ,翅の色はウルシ色になっていないが,綺麗に翅は伸びている.
urururusi-3.jpg
と,ここで気がついたが,脚先(ふ節)などの末端が薄茶になっている.
クロゴキはこんなではなかったはず.
次回,気がついたら違いを比べます.

詳細はこちら

2011 .5.27

Hemithyrsocera histrio新成虫,終齢幼虫

カテゴリー:Hemithyrsocera histrio

kisuziwmwigf.jpg
成虫のキ,クロ.
幼虫のシロ,クロ,アカ.

詳細はこちら

2011 .5.26

2011年 クロゴキブリ

カテゴリー:クロゴキブリ

sirotemnkok.jpg
シロテンクロゴキブリ.
なんていません.
クロゴキブリです.
温室内は,冬でもたまに成虫を見かけるが,一応今シーズンとしては初めての成虫.
sirotemnkok-1.jpg
これも前胸に光が流れてしまってます.
何故か一枚も鮮明に写っていませんでした.
sirotemnkok-2.jpg
テラスにも出没し始めましたが,こちらは終齢幼虫と思われます.
それにしても写りが今一.
これからゴキブリシーズンです.
嫌いな方,好きな方,自分にあった付き合い方をして下さい.

詳細はこちら

2011 .5.25

ドバイのモリチャバネ

カテゴリー:不明種

dobamori.jpg
外見ホソモリゴキブリの一種に見える.
素直に幼虫もホソモリらしい形態なら良いのだが,さにあらず.
dobamori-1.jpg
モリチャバネの幼虫に良く似ている.
dobamori-2.jpg
初齢もチャバネ属.
dobamori-3.jpg
こちらはアマミモリゴキブリ成虫.
dobamori-4.jpg
その幼虫.
こんな不明なことばかりやっているとストレスが溜まるでしょう.
最近になって少しずつ分類の文献を集めだしたので,一歩ずついろいろやっていきたいと思うこのごろ.

詳細はこちら

2011 .5.24

モリチャバネの水のみ

カテゴリー:モリチャバネゴキブリ

最近忙しく,世話がおろそかになっている種が出始めている.
野外種は乾燥に弱い種が多く,気が付くと皆乾燥して成虫が数匹となっていたことも.
今回は,そこまでは行かなかったが,大分我慢していたと思う.
kyuusui-1.jpg
水を入れると我先に集まってきてしまった.
kyuusui-2.jpg
喧嘩せずに整列して飲む姿はゴキブリとは思えない??

詳細はこちら

2011 .5.23

飼育用天然素材

カテゴリー:ゴキブリの飼育方法

害虫種のゴキブリ飼育には使う事は少ないが,野外種の飼育には使う事が多い.
tennrnnn.jpg
この手の材料は一度使用すると不衛生になりがちで,使い捨てが理想と思うが,定期的に,必要なサイズが,必要数入手できるほど,予算と出物が少ない為洗って再利用している.
殺菌は始めのうちは,レンジでチンをしていたが,殺菌しすぎると,使いはじめに必ずカビが大量に発生する.
新品の素材のほうが最初のカビカビが多い気がする.
カビカビはあきらめていたが,レンジが面倒になり,乾燥だけで再利用すると,意外と使い始めのカビカビが少ない.
変に全ての微生物を処理すると,環境中に含まれる発育の早いカビなどが真っ先に出るだろうか.
といったわけで,最近は天然素材が必要な大事な種には新品を使わず,古いものを優先的に使うようにしている.
なんとなく汚い話になったので,私はこうしているという事で.
生き物を扱った後は,ちゃんと手を洗いましょう。

詳細はこちら

2011 .5.20

西表のマダラゴキブリ2種

カテゴリー:コマダラゴキブリ

komamoda.jpg
左の腹を見せている個体がコマダラゴキブリ♀.
良いお腹である.
その隣は♂の個体.
そして左がヤエヤママダラゴキブリ♀.
この2種が同じ環境に生息しているとは素晴らしい環境ですね.
行って見たいです.
西表島のマダラゴキブリ類4匹で入手し,今のところ2コマダラ,1ヤエヤママダラ,残る1はコマダラと思しき幼虫.
昨日のコマダラゴキブリは石垣島産のため,混ぜる事もできず.これはこれで飼育する事になる.
が,マダラもF2辺りから調子を崩しやすいので,いくつかいた方が安心では有る.
炭カルに関して薬局に問い合わせましたが,錠剤は取り寄せ出来るが,粉は出来ないとの回答を得た.
もう少し当たってみます.

詳細はこちら

2011 .5.19

コマダラゴキブリ床換え

カテゴリー:コマダラゴキブリ

komsas-1.jpg
床換え前.
綺麗に見えるのは,数日前に給水器を交換したから.
komsas-3.jpg
よく見ると,マットの中はダニ.
乾燥した場所はチャタテムシが大量発生.
それが原因か分からないが,幼虫で死亡する個体が出る.
komsas-6.jpg
脱皮中.
komsas-7.jpg
自然死.
これがマダラゴキブリ類の累代の難しい所.
特に国内に産する種は私の飼育方法ではこの傾向が強い.
komsas-5.jpg
交換中.
マットはグスグスになっている.
komsas-8.jpg
とその中に見慣れたものが.
分かりますか?
アカスジキンカメムシの翅ですね.
正式には小楯板と呼ばれる部分だそうで,甲虫では翅の▼部分が巨大になった箇所.
なぜこんな物が入っていたかは分からないが,腐葉土に混ざっていた可能性はある.
捨ててしまう物ですが,なんとなく得した気分になりました.
komsas-9.jpg
交換終了.
見た目はあまり変化無いですが,ゴキブリたちは喜んでいると思い込む.
家屋内のゴキブリ達は,汚い=全てが餌.
となるが,屋外性のゴキブリは,たぶん不潔な場所は喜ばないと思う.

詳細はこちら

2011 .5.18

アフリカンビュレットローチ

カテゴリー:アフリカンビュレットローチ

Blatridae Sp.
African Bullet Roach .
多分記載はされていると思うのだが,他の動物ほど種名にこだわる人が少ないのか,コモンネームのまま流通できてしまっている種が多いゴキブリ業界.
本種も昔からペットローチとして飼育されている種のようである.
2cmほどの小型の種であるが,体色に赤系の色が出て綺麗な種.
この手のゴキブリっぽい種は,良く増え粗末な餌と管理でも生きていけるゴキブリらしいゴキブリだと思っていたのだが,最近数が少なくなっていることに気が付いた.
今まで中プラケの中で,沢山いたと思っていたが,死骸ばかりで生体が少ないことに先日気が付いた.
biyuutr-2.jpg
整理して見ると,小プラケでもスカスカのこの状態.
biyuutr-1.jpg
そして,調子が落ちている証拠に幼虫が落ちていく.
この落ち方は,マダラゴキブリ類や小型の野外種に多く見受けられるが,ペットローチではあまり経験が無い.
原因は今後の課題として,再起出来るか,乞うご期待.

詳細はこちら

2011 .5.17

逃亡防止素材

カテゴリー:ゴキブリの飼育方法

tahhanja.jpg
こちらが使用している炭酸カルシウム.
左はタルク.
タルクは昔から使われている素材らしいが,私はあまり使わない.
理由としては,縫った後の見栄え.
tahhanja-2.jpg
こちらが炭カル.
tahhanja-1.jpg
こちらがタルク.
粉っぽく,綺麗に塗れない.
多分タルクにもさまざまな製品があり,もっと綺麗に塗れる製品があると思うのだが.
性能はどちらも同じだと思うが,処理後の耐久性は炭カルに分がありそうだ.

詳細はこちら

2011 .5.16

意外な餌

カテゴリー:ゴキブリの飼育方法

先週のなぞの餌ですが,ご質問が少しあったので改めて取上げました.
himituiutr.jpg
こちらがそれ.
ペットネズミのおやつ的な商品.
多分,どのゴキブリに与えても食べると思うが,常食として与えるには高価なので,固形飼料を食べてくれる種には与えたことが無い.
固形飼料を好まない種には与えてみたのだが,食いつきの良い種もある.
これのどこが良いのか?
もしかしたら,ベビーでなく生のコーンの方が良く食べるかもしれない.
シーズンになったら与えてみようかと考えている.
本製品.
一つ気がかりが.
himituiutr-1.jpg
何を食べるか分からん種には,煮干やら犬の餌やら雑多をミックスして与えているが,この写真のように,みなカビが発生する中で,元気にカビる事無くあり続ける姿.
頼もしいと言うか,恐ろしいと言うか.
マルゴキに関してはまだ変な影響は出ていない事だけお伝えしておきます.

詳細はこちら

2011 .5.13

マルゴキブリ 繁栄

カテゴリー:マルゴキブリ

marufue-1.jpg
順調に幼虫が成長している.
飼育を開始して3年と少し.
時間がかかりました.
時間がかかる場合は,上手く行かない事が多いが,着実に増えているところを見ると,大きな間違いは無かったとしよう.
成虫は複数回産仔しているようで,明らかに腹の違う個体たちが混ざり始めた.
marufue.jpg
餌にも絶えず複数の幼虫が餌を食いに来ている.
さて,ここに入っている餌は何でしょう.
本種には嗜好が合うようで,いつ見ても幼虫が張り付いている.
また,確実に減っている.

詳細はこちら

2011 .5.12

オオモリゴキブリ 5齢くらい

カテゴリー:オオモリゴキブリ

zyuusannmiri.jpg
体長13mm程度.
2月の幼虫の外見とあまり変わらない.
孵化して約半年.
このままいくと梅雨明け頃に成虫となり,夏を満喫しながら産卵ラッシュになる予定.
しかし,変化のない幼虫である.

詳細はこちら

2011 .5.11

Archiblatta hoevenii 多頭飼育

カテゴリー:ジャイアントローチ Archiblatta hoevenii

全く卵が孵化しないので,全部同一ケージに投入.
RIMG0147.jpg
壮観であるが,増えなければしょうがない.
雄の翅もボロボロになり,だんだん心細くなるばかり.
さて,この続きはどうなる事やら.

詳細はこちら

2011 .5.10

Periplaneta属3種の前胸紋

カテゴリー:ワモンゴキブリ

ゴキブリの夜間行動観察の際,ナイトショット(赤外線撮影)をして気が付いた.
DSC01618.jpg
こちらコワモンゴキブリ,照明有り.
DSC01619.jpg
赤外線撮影のみ.
前胸背面の黒紋がはっきりと目玉のように見る事ができる.
一方ワモンはどうか.
DSC01616.jpg
こちら,ワモンゴキブリ.照明有り.
紋がある.
DSC01617.jpg
赤外線撮影のみ.
紋が映らないですね.
なぜこうなるかは,後日分かり次第報告します.
ちなみにトビイロもワモンと同じようなボヤっとした映り方をします.

詳細はこちら

2011 .5.9

ヒメフンバエ & ヒトテンツヤホソバエ

カテゴリー:

茨城のO木所長より.
4/8の撮影.
%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%95%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A8%E2%99%82%E2%99%80Scathophaga-stercoraria-2.jpg
ヒメフンバエ Scathophaga stercorariaこうして見ると,ハエにも綺麗な種がいますね.
%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%A4%E3%83%9B%E3%82%BD%E3%83%90%E3%82%A8Sepsis-monostigma-1.jpg
ヒトテンツヤホソバエ Sepsis monostigmaこれも艶が有り,いい感じです.
いずれも腐敗物に発生.

詳細はこちら

2011 .5.6

Panchlora sp.”Giant” 飼育

カテゴリー:ゴキブリの飼育方法

皆様,連休は如何でしたか?
あ,まだ休みの方もいらっしゃるかも知れませんね.
この陽気では,ゴキブリシーズン開幕です.
頑張って採集しましょう.
私はというと,全日会社で仕事をしていました.
おかげで,論文の検索や取り寄せが一気に片付きました.
さて,本題 Panchlora sp.”Giant”の飼育.
banasii.jpg
通常のPanchlora nivea と全く同じで問題は起きていない.
タッパーの中はヤシガラと腐葉土のハーフ&ハーフ.
全マットの時は,マット乾燥が致命的になったと記憶しているが,この飼育に変わってからは,タッパー内マットが結構乾燥していても,深さがあるせいか危うい状態になった事は無い.
しかし,乾燥させない事に越した事はない.
餌は固型飼料.
たまに昆虫ゼリーを与えると,瞬く間に食べきるので,無理して与える必要は無いと思う.ただし,水場を常設していての事である.

詳細はこちら

2011 .5.2

日本家屋害虫学会

カテゴリー:学会

日本家屋害虫学会をご存知だろうか.
RIMG0102.jpg
1979年に森八郎先生が家屋害虫を中心として設立して以来今日では,文化財や食品害虫など幅広い研究者が集まり情報交換をしている.
昨日,臨時総会があり学会誌の名称を「都市有害生物管理」(Urban Pest Management )と改めました.
それにより,さらに広い分野(鳥害,カビほか)の研究者と連携し,学会を盛り上げていく予定です.
是非,害虫類に興味のある方は入会下さい.
RIMG0103.jpg
学会誌もゴキブリなどの論文が多く,他の学会とは少し違った色があります.
RIMG0104.jpg
私も極まれに投稿したりしております.

詳細はこちら

archive-blog