ゴキブログ

スカンクローチ

2015 .2.3

Eurycotis floridana 耐寒性

カテゴリー:スカンクローチ

Cold resistance of the Eurycotis floridana
RIMG0020-314x236.jpg
RIMG0019-314x236.jpg
この種は増えすぎるので,棚の下段に置いてあるのだが,寒くても確実に増えている.卵鞘も孵化している.
RIMG0022-314x236.jpg
気温は17℃前後.
原産地のフロリダでも冬は10℃程度まで下がるようだから,17℃は余裕か.
RIMG0021-314x236.jpg
本種のイメージは,粘着みたいに「ネバネバする」といったところ.

詳細はこちら

2014 .9.25

Eurycotis floridana

カテゴリー:スカンクローチ


Eurycotis floridana

dgnb.jpg
丈夫でよく殖える.
よく考えると,死骸もあまり記憶がない.
増える速度が速いため,寿命を迎える前に淘汰しているのかも知れない.
dgnb-1.jpg
床換えしていると,人などお構いなしにガンガン登ってくる.
放って置くと,どこまでも登る.
本種がクロゴキのように野外を徘徊していたら,クロゴキ以上に人に這い上がってくるような想像ができる.
ちょっと怖いかもしれません.
dgnb-2.jpg

詳細はこちら

2012 .10.29

Eurycotis floridana またまた脱走

カテゴリー:スカンクローチ

Eurycotis floridana escaped again.
RIMG0354.jpg
こんな状態でした.
RIMG0357.jpg
炭カルも片面は全く付いておらず,
RIMG0355.jpg
防虫シートもこの通り.
RIMG0356.jpg
中を見ると,水は無い,餌は無いはで,これでは怒りますな.
チャバネゴキブリなどは,個体群によって,すぐこんな状況になる事もあるが,防虫シートに穴を開ける能力は無いので,脱走は無い.
本種も体が大きいので大事には至らないが,よくない管理です.
RIMG0359.jpg
ケージを変えておしまい.
水と餌に群がる状態.
この生命力を見るに,害虫として扱われてしまう訳が分かる気がします.

詳細はこちら

2011 .11.2

スカンクローチ交尾

カテゴリー:スカンクローチ

mating of the Eurycotis floridana
丈夫で良く増えるのであまり詳しく観察した事がなかったが,交尾はあまり記憶が無かった.
suasdjaidas.jpg
大きな種は迫力がある.
suasdjaidas-1.jpg
右が♂.
左が♀.
suasdjaidas-2.jpg
カメラを近づけてもお構い無しの様子.
英語表題に誤りがあればご指摘下さい.

詳細はこちら

2009 .1.28

スカンクローチ 1齢幼虫

カテゴリー:スカンクローチ

一つ目の卵鞘が孵化した.
7mm.jpg
成虫の大きさと卵鞘の大きさを知っているから1齢と判断できるが,
この幼虫だけ見たら,1齢とは思わない大きさである.
7mm-1.jpg
体長約7mm.
日本のゴキブリには無い,大陸的な力強さがある.

詳細はこちら

2009 .1.22

スカンクローチ 卵鞘

カテゴリー:スカンクローチ

スカンクローチ Eurycotis floridana
海外では昔から研究用やペットとして飼育されていた無翅の大型種.
産卵状況とその卵鞘.
suka-7.jpg
拡大.
suka-9.jpg
本種を飼育して驚いたのは,手に乗せたらいきなり指を齧り始めた事.
そのまま見ていようと思ったが,少し恐ろしくなりさすがにやめた.
suka.jpg
卵鞘は20㎜前後の大きさ.
上はクロゴキブリ卵鞘.
2回りほど大きい.
さぞかし大型の1齢幼虫が出てくる事だろう.

詳細はこちら
taxonomy-blogcate