ゴキブログ

ゴキブログ一覧

2008 .11.27

マダガスカルゴキブリの個体変異 その2

カテゴリー:マダガスカルゴキブリ

というわけで,3つのグループわけをしてみた.
まず,Gromphadorhina portentosa ‘normal’:
%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AB.jpg
この基準として,腹背は茶色で,中胸・後胸にも茶が強く出る個体群.
一時海外で話題となったマダゴキに宝石を貼り付けた「生きているブローチ」はこの茶を使っているように見える.
次は Gromphadorhina portentosa ‘black’:
%E3%83%9E%E3%83%80%E3%82%AF%E3%83%AD.jpg
本当に真っ黒の個体群,これはわかり易い.
そしてもう一つ,Gromphadorhina portentosa ‘black and white’:
%E3%83%9E%E3%83%80%E7%99%BD%E9%BB%92.jpg
このグループの特徴は腹節背面は白色で,黒のバンドが入り,
白黒明確に色分けされる.
さらに,中胸・後胸背の側縁部に赤茶色のスポットが明瞭に出る個体とした.
今後この3つのグループをさらに特徴の強い個体群として固定できるか.
楽しみである.
なお,本編の分類はよく判らない事が多く,個人的に整理したものであり,
正確な情報,正しい知識等ありましたら,是非お知らせください.

詳細はこちら

archive-blog